あけぼの薬局(あおもり健康企画)の薬剤師中途採用事情

『あけぼの薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、あけぼの薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、あけぼの薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、あけぼの薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

『あけぼの薬局』という名称で、薬局を展開している企業は複数存在しますが、このページでは、あおもり健康企画が運営している、あけぼの薬局について、まとめています。

 

株式会社あけぼの関西、アイリスファーマ、株式会社あけぼの薬局が運営する店舗とは異なりますので、注意してください。なお、この3社についても、個別に情報ページを作成しています。

 

下記ページに、URLをまとめていますので、ご確認ください。

https://www.nasugbuchurch.com/yakkyoku/2126/

 

あけぼの薬局(あおもり健康企画)の会社概要

『あけぼの薬局』の店舗名で、青森県青森市に4店舗、八戸市に1店舗を運営する、一般社団法人あおもり健康企画。

 

1998年の創業以来、調剤薬局の運営事業を中心に、福祉用具の販売事業や居宅介護支援事業、高齢者専用共同住宅の運営事業など、医療介護業界において、複数の事業を展開、着実に成長してきた会社です。

 

調剤薬局事業の特徴としては、処方箋の応需だけでなく、在宅医療に精力的に取り組んでおり、ドクターや看護師とチームを組んで、褥瘡対応から緩和ケアまで、様々な役割を担っています。

 

また、ヘルパーさんや慢性疾患患者会、地域住民からの要望に応える形で、医薬品に関するセミナーや健康教室を開催したり、相談窓口を設置したりするなど、地域活動にも積極的に関与しています。

 

これらの業績が認められて、2017年1月には、青森市内では初めてとなる『健康サポート薬局』の認定を受けました。

 

こういった薬局なので、在宅医療に興味がある人にとっては、貴重な経験を出来る良い職場です。

 

元々、『あけぼの薬局』は、新人や後輩の育成に力を注いでいる会社でもあるので、自分を成長させられる機会を求めている人には、オススメです。

 

このページでは、あけぼの薬局における薬剤師求人の傾向、求人情報の入手方法、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

あけぼの薬局における薬剤師の求人傾向

あけぼの薬局では、正社員とパートに分かれる形で、薬剤師を募集しています。薬剤師免許があれば、経験は問われないので、未経験者でも応募することができます。

 

ただし、採用の過程においては、経験者のほうが、評価が高くなり、採用される可能性が高くなります。

 

給与についても、未経験者の場合、31万円前後からのスタートとなりますが、経験者の場合、実績に応じて数万円から10万円程度の上積みは期待出来るので、待遇面でも有利です。

 

求人情報の入手方法

あけぼの薬局の公式サイト内に開設されている、採用情報ページに、募集要項が記載されており、こちらから求人情報を入手することが出来ます。
http://akebono899.or.jp/entryform/index.html

 

注意点としては、配属先となる店舗については、基本的に、採用後に決まることになるので、応募時には不明です。

 

もし、勤務地がどこになるのか、気になるという人は、エントリーフォームから問い合わせるか、電話で連絡を取って、詳細について確認するようにしてください。

 

なお、あけぼの薬局は、中途採用に関しては、転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらに問い合わせる形でも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な薬局、ドラッグストア、病院の求人情報を保有しているので、あけぼの薬局以外の求人のことについても、知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので便利です。

 

このページの最後に、薬剤師の転職支援を専門とする転職会社を数社リストアップしておきますが、あけぼの薬局からの求人も押さえているので、参考にしてください。

 

薬剤師の給与体制について

あけぼの薬局の給与体系ですが、基本給に手当、賞与が支給されるといった、オーソドックスなものとなります。

 

手当の内訳ですが、全員共通で支給されるものとして、薬剤師手当6万円、住宅手当6000~12000円、民医連共済手当2300円があります。

 

これらの金額を合わせて、おおよそ、28.8万~33.2万円くらいというのが月給となり、ここに、人によっては、残業手当、家族手当、通勤手当(上限2.2万円)などが、プラスされることになります。

 

福利厚生に関しては、各種社会保険が完備されているほか、共済会制度、財形企業年金、確定給付年金、退職金制度(勤続3年以上)が用意されており、この規模の薬局としては、かなり充実した内容となっています。

 

賞与については、約4ヶ月分が、年3回に分けて、支給されています。(越冬手当が含まれたものとなります。)昇給は年に1回です。

 

年収にすると、未経験者で450万、実働年数が3~4年程度の経験者で、540万円程度となり、青森県における薬剤師の平均年収が、530万前後(30代)であることを考えると、まずまずの数字となります。

 

福利厚生が充実しているので、実質的な待遇面は、平均以上と言えますし、中途で入る場合、実績によっては、さらに基本給が増えることもあるので、おおむね納得出来る水準と言えるでしょう。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や、これまでの勤務実績、経歴を考慮したうえで、基本給が算出されますが、具体的な金額については、交渉次第で変わってきます。

 

そのため、あけぼの薬局から提示された金額に、納得がいかない場合には、希望条件を伝えて話し合うことをオススメします。

 

あけぼの薬局は、定期昇給がありますが、それほど大きな額ではないので、転職時に決まった給与額というのが、その後も付いて回ることになるので、とても重要です。

 

そして、転職時というのは、最も自分の要望を通しやすいタイミングでもあるので、将来のことを考えても、納得がいく形で決着出来るように、会社側と話し合うことをオススメします。

 

もし、こういった交渉が苦手というであれば、前述した転職会社に、代行してもらうことも出来ます。

 

彼らはプロなので、この手の交渉には慣れていますし、あけぼの薬局の社内事情にも配慮しながら、上手く話を進めてくれます。

 

その結果、予想以上の好条件で決定するケースも多々あるので、慣れない人が、自分で無理に交渉を行うより、最初からプロに任せたほうが賢明です。相談すれば、快く引き受けてくれるので、ぜひ、一度連絡を取ることをオススメします。

 

就労環境について

あけぼの薬局の就労環境ですが、全店舗共通で、日曜・祝日休みの4週6休制となります。

 

休暇制度については、有休に加えて、年末年始休暇(1月30日~1月3日)、メーデー( 5月1日)、盆休み(8月13日~14日)などがあり、それ以外に、病欠の時に使える特別休暇がありますが、あけぼの薬局の年間休日数は、95日と少なめです。

 

その反面、残業時間は月平均10時間以内と、それほど多くはないので、出勤日にも、自分の時間が取れるというメリットはあります。

 

なお、営業時間は、どの店舗も平日8時45分~16時55分、土曜は8時45分~12時30分までとなります。

 

仕事の内容については、全店舗、処方箋調剤と在宅訪問の2本柱となっていますが、OTCの販売に力を入れている店舗、介護用品の相談に注力している店舗もあるなど、店舗によって、微妙に仕事の配分が異なります。

 

(あけぼの薬局は、在宅に深く関わっているということもあり、店内では、胃ろうのチューブや、褥瘡用の保護剤、痰の吸引に使用するカテーテル、ガーゼ、オムツなど、在宅医療に必要な商品を取り揃えて、販売しています。)

 

なお、在宅訪問に関しては、冒頭でも少し触れましたが、褥瘡への対応やがん患者への医療用麻薬の処方、緩和ケアなど、仕事の内容が、かなり広範囲となり、深い知識と高い技術を要します。

 

また、在宅訪問は、担当医と看護師とのチーム医療となりますが、薬剤を扱うプロとして、担当医と対等の立場で、意見を交わすことになるので、コミュニケーションスキルも必須となるので、結果として、経験豊富なベテラン薬剤師が担当することになるケースが多いです。

 

あけぼの薬局の教育体制について

あけぼの薬局は、訪問調剤に力を入れており、実際、在宅訪問件数が非常に多くなっています。そのため、訪問調剤に対応出来る薬剤師を育てる意識が高く、社内教育に力を入れています。

 

学会活動にも積極的に参加して、毎年、研究発表を行うなど、精力的に取り組んでいます。

 

また、医師や看護師など、在宅訪問のチームスタッフと情報を共有するための、カンファランスが定期的に開催されており、担当者は、必ず参加することになりますが、ここも、在宅医療に関する知識を磨くうえでは、貴重な機会となっています。

 

こういった環境の薬局なので、在宅訪問の経験・スキルを積みたい人にとっては、このうえない最良の環境と言えます。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師という仕事は、男女が同じ立場で働ける職業ですが、それは、あけぼの薬局においても変わりありません。

 

男性の薬剤師が女性よりも優位な立場になるといったことは、一切ないですし、女性だからといって、雑務を押しつけられるといったこともありません。女性も重要度の高い仕事を担当して働くことになります。

 

昇進の機会についても、男女平等なので、キャリアアップを目指す女性にとっても、働きやすい環境と言えます。

 

一方、育児支援体制については、産休・育休制度が整備されており、申請すれば、誰でも取得することが出来ますが、時短勤務制度はないので、復帰後はフルタイムで働くことになります。

 

残業や休日出勤が少ない会社ですが、全体的に休みが少ないので、子供を育てるうえでは、そこが支障になってくるかもしれないので、注意してください。

 

ただし、収入が落ちても構わないということであれば、パート勤務に切り替えて働くといったことは可能です。

 

あけぼの薬局の転職としての価値

ここまで、あけぼの薬局における就労環境について、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

青森県の薬局としては、なかなかの給与額ですし、福利厚生も充実しているので、待遇面に関しては、かなり魅力度が高いです。

 

休日が少ないというデメリットがありますが、残業は少ないので、労働環境も、まずまずと言えます。

 

もちろん、訪問調剤に興味がある人であれば、これだけの経験を積める職場というのは、あまりないので、文句なしにオススメです。

 

あとは、他社との兼ね合いということになります。下記に、あけぼの薬局の求人案件を扱う転職会社をリストアップしておきますが、いずれも薬剤師の転職支援を専門とする会社であり、薬剤師を募集する様々な求人案件を保有しています。

 

青森県内の求人についても、多数の案件を扱っており、自分の希望条件を伝えれば、それらの条件を満たす案件を紹介してくれるので、ぜひ、他社の求人のことについても、色々と話を聞いてみてください。