カメイ薬局における薬剤師の中途採用事情

『カメイ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、カメイ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、カメイ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、カメイ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

カメイ薬局の会社概要

1903年、宮城県塩釜において、石油、雑貨、砂糖、洋粉などの販売業者として創業した、カメイ株式会社。その後、ガソリンスタンドの運営から、食料品や酒類の販売、損害保険代理業、薬局運営など、様々な事業を手掛け、今では、宮城県を代表する地場企業となっています。

 

その事業部の1つである、調剤薬局は、2000年に一号店を開局してから、順調に店舗を増やし、今では直営45店舗、グループ58店舗を運営するまでになっています。

 

(宮城県を中心に、山形県、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県と東北から関西まで、他地域において、店舗を展開しています。)

 

その調剤部門ですが、店舗により、忙しさに差はありますが、社員からは全体的にバランスよく、働きやすいとの声が聞こえています。実際、離職率が低く、長期間に渡って、働き続けている社員が多いので、転職先として、オススメ出来る会社です。

 

このページでは、カメイ薬局における薬剤師求人の傾向、求人情報の入手方法、および、薬剤師の年収・就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

カメイ薬局における薬剤師の求人傾向

カメイ薬局では、正社員、パート職員、契約職員の3雇用形態において、薬剤師を募集しています。薬剤師の免許があれば、誰でも応募出来ますが、選考の過程では、経験や実績が考慮されるので、当然、経験者のほうが、採用される確率は高くなります。

 

また、給与額などの待遇面についても、優遇されることになるので、就労経験のある人のほうが、有利になると考えてください。

 

求人情報の入手方法

公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらにおいて、募集要項を確認することが出来ます。
https://www.kamei.co.jp/recruit/pharmacy/headline/

 

また、公式サイト内には、中途採用専用の問い合わせフォームが設置されており、そちらから、詳細について問い合わせが出来るようになっています。
https://www.kamei.co.jp/recruit/pharmacy/entry/

(上記のフォームからは、会社見学の申し込みや、エントリーすることも可能となっています。)

 

ちなみに、カメイ薬局は、中途採用に関しては、転職会社経由でも、薬剤師を募集しているので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、薬剤師向けの様々な求人情報を保有しているので、カメイ薬局以外の求人のことについても、知りたいということであれば、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、薬剤師の転職支援を専門とする、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の給与体制について

カメイ薬局の給与体系ですが、基本給に通勤手当(公共交通機関は全額支給、車は距離からガソリン代を算出して支給)、勤務地手当、住宅手当(エリア社員は対象外)がプラスされて支給される形となります。

 

また、管理薬剤師になると、毎月、1~3万円の手当が、別途支給されることになります。賞与は6月と12月の年2回(実績計4ヶ月分)で、昇給は年1回、10月にあります。

 

モデル年収は、24歳で400万円、30歳では550万円となり、管理薬剤師になると、600万円以上も見込めます。(パート社員や契約職員は、時給制となり、具体的な金額は、応相談となります。)

 

福利厚生については、各種保険が完備されているほか、財形貯蓄制度、確定拠出年金401k、社員持株制度、生計費補助(扶養手当)、慶弔見舞金制度、借り上げ社宅制度(転勤が発生した時に、6万まで会社負担)、独身寮などが用意されており、かなり充実しています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や、それまでの経験・実績によって、基本給が算出されますが、交渉次第でも変わってくるので、カメイ薬局から提示された金額に納得がいかない時には、希望額を伝えて、会社側と話し合うことをオススメします。

 

入社後は、そう簡単に、大幅に給与を上げることは出来ないですし、基本給はボーナスにも影響してくるので、ここで、中途半端に妥協してしまうと、後々まで、後悔することになり兼ねません。そのため、入社前にしっかり交渉することを、オススメします。

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉を代行してもらうことも出来ます。

 

彼らは、転職のプロなので、こういった交渉には慣れており、上手く話を進めてくれますし、その結果として、条件アップに成功するケースが少なくないので、自分でどうにかしようとせず、任せてしまったほうが賢明です。

 

どの転職会社でも、相談すれば、快く応じてくれるので、遠慮せずに話をしてみてください。

 

薬剤師の就労環境について

カメイ薬局の就労環境ですが、店舗により勤務時間が異なるので、ここは、自分が希望する店舗の詳細について、個々に確認するようにしてください。

 

ちなみに、正社員だと、休憩時間60分込みの週40時間のシフト制となり、パート社員、契約職員だと、勤務時間数も含めて、勤務スケジュールは応相談ということになります。

 

休日については、正社員の場合、店舗により異なります。土日休みの完全週休二日制という店舗もあれば、土日が出勤日となる店舗、また、基本的に、土日は休みだけど、休日出勤が定期的に発生するという店舗もあるなど、実情は様々です。

 

残業については、ここは全店舗共通で、月平均の残業時間が10時間以内となっているので、ほぼ定時に仕事が終わると考えおけば、間違いなしです。

 

なお、カメイ薬局は、職場の人間関係がアットホームで働きやすい会社なので、冒頭でも触れたように、長く勤務している人が多いです。人間関係を重視する人にとっては、カメイ薬局は、オススメの会社です。

 

成長環境・教育制度について

カメイ薬局では、薬剤師のスキルを向上させるための、様々な取り組みを行なっています。例えば、毎月1つのテーマを選んで、試験を行ない、その結果を自己採点することで、自分の強み・弱みを再認識するような研修や、役職者を対象としたマネジメント研修、店舗ごとに行われる薬局内研修、海外研修などです。

 

さらに、薬学知識の習得、他社の薬剤師との交流を通しての情報交換を目的として、カメイ薬局は学会への参加を積極的に奨励しており、実際に頻繁に参加して、スキルや知識を研鑽している人が多いです。

 

長く勤務しているベテラン薬剤師が多い会社なので、日々の業務においては、フォローを受けながら働くことが出来るので、その過程で、学べることも多いですし、こういった会社なので、ブランクがある人や未経験者でも、不安なく働くことが出来ます。

 

結論としては、成長意欲が高い人にとっても、十分に満足出来る会社と言えるでしょう。

 

女性の働きやすさ

カメイ薬局では、仕事の割り振りで、男女差が生じるようなことはなく、性別にかかわらず、フェアな立場で働けるので、女性だからといって、不利な状況に陥ることはありません。昇進の機会についても、男性と同等なので、キャリア志向が強い人にも、オススメです。

 

育児支援体制についても、しっかり整備されています。産前産後休暇・育児休暇は、誰でも自由に取得出来ますし、復帰後は、パートに切り替えて、勤務時間を調節することも出来るので、小さな子供を抱える女性にとっても、無理なく働き続けることが出来る環境です。

 

女性の社員比率が高いうえ、長く勤務している女性薬剤師も多く、家庭の事情に対する理解も得られるので、そこも働きやすさに、つながっているようです。(こういった状態なので、長く働きたいと希望する女性社員が多いです。)

 

ちなみに、カメイ薬局は、ブランク空けの薬剤師に対するフォローアップ体制(教育制度)を確立させているので、子育てが落ちついたので、現場に復帰したいという人が、働き始めるのにも、最適な会社です。

 

カメイ薬局の転職としての価値

カメイ薬局は、給与額だけ見ると、ごく平均的な水準となっていますが、福利厚生が、非常に充実しているので、そこも含めれば、年収換算で、100万円単位の価値があるので、そう考えると、待遇面は上々です。

 

加えて、残業、休日出勤が殆どないということで、就労環境も良好ですし、人間関係が良くて、アットホームな職場でもあるので、トータルで考えると、転職を考えるだけの価値が、十分にある会社と言えます。興味がある人は、ぜひ真剣に検討してみてください。

 

下記に、カメイ薬局の薬剤師求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、どの転職会社も、社内事情に精通しているので、より詳細について知りたいということが何かあれば、直接、問い合わせてみることを、オススメします。

 

また、転職会社は、様々な薬剤師求人を保有しているので、ほかの薬局や病院、ドラックストアなどの求人を紹介してもらって、カメイ薬局と比較してみるのも、オススメです。

 

比較検討することで、初めて見えてくるものがありますし、その過程で、カメイ薬局以上に、自分に合う会社が見つかるかもしれません。転職先を探す時に、候補が多いに越したことはないので、ぜひ、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>