ププレひまわりの薬剤師中途採用事情

 

『ププレひまわりって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、ププレひまわりの就労環境について、まとめています。

 

現在、ププレひまわりで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、ププレひまわりの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

ププレひまわりの会社概要

広島県、岡山県、兵庫県を中心に、ドラッグストアププレひまわり(2017年現在約120店舗)を展開する株式会社ププレひまわり。ドミナント戦略を取っており、特に広島県では高いシェアを占めています。さらに近年では、愛媛県、島根県にも新規出店を行うなど、対象エリアを拡大しています。

 

調剤薬局(ひまわり薬局)、生鮮食品を扱うドラッグストア、訪問看護リハビリステーションの開設など、従来のドラッグストア以外の分野にも、進出するなど、積極的に事業を拡大している企業です。

 

こういった背景から、ププレひまわりでは新しい人材を必要としており、新卒だけでなく、中途採用についても、常時、行っています。調剤薬局はこれから力を入れていく予定の事業なため、薬剤師に対する求人需要も、より高まっています。

 

このページでは、ププレひまわりの中途採用求人の傾向、及び、薬剤師の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ププレひまわりの薬剤師の中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、正社員とパートナー社員(時給制)の2つの勤務形態において、募集がかかっています。公式サイト内に、薬剤師専用の採用情報ページが準備されており、エントリーする際には、このサイト内に設置されているフォーム、もしくは電話で問い合わせる形となります。
http://pupule-r.jp/pharmacist/

 

採用試験は、履歴書、職務経歴書を提出後に、説明会へ参加すると同時に、ひまわり薬局の店舗を見学、その後、面接が行われるという流れとなっています。

 

公式サイトでは、現在、薬剤師を募集している店舗や、給与額などの条件等については、掲載されておらず、面接のなかで、会社側から知らされることになるため、応募前に確認することは出来ません。

 

ただし、ププレひまわりは、中途採用に関しては、転職エージェント経由でも、募集をかけています。エージェント経由の場合、店舗単位での募集となり、勤務形態や給与額など、具体的な要件についても、公開されています。

 

そのため、事前に詳細について確認したいという人は、転職エージェントに、募集中の求人について、問い合わせることをオススメします。このページの最後に、代表的なエージェントを数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の年収について

ププレひまわりの給与体系ですが、基本給に、資格手当・役職手当、時間外手当、日祭日出勤手当、通勤手当などが支給される形となります。県外など自宅から通勤出来ない店舗へ転勤した場合には、住宅費の一部について、補助を受けることが出来ます。

 

賞与は年2回、基本給をもとにした一律支給となりますが、前年を上回る業績を達成した年には、追加で決算賞与が支給されることもあります。

 

ププレひまわりに勤務する薬剤師の年収は、平均的なドラッグストアチェーンの給与水準と言える額です。新卒薬剤師は、月給32万円(薬剤師手当を含む)からスタート、中途採用者の場合は、今までの経験を考慮したうえで、算出される形となります。

 

経験者の場合、基本給は、面接時の交渉次第という要素が強いので、これまでの実績をアピールすることが重要です。こういった交渉が苦手な人は、先ほども触れた転職エージェントに、交渉を代行してもらってください。

 

彼らはプロなので、慣れていますし、ププレひまわりの社内事情も把握しているので、うまく話を進めてくれます。一個人が自分で交渉するよりも、うまくいく可能性が高いので、任せてしまうというのは、賢いやりかたです。

 

薬剤師の年収

 

ワークライフバランスについて

ププレひまわりの場合、ワークライフバランスについては、会社としてどうこうというより、店舗単位で見ていく必要があります。勤務する店舗によって、状況が大きく異なるからです。

 

新規出店が多いため、どうしても正社員の人材が不足しがちなのですが、人員が不足している店舗に配属された場合、慢性的に残業をすることになりますし、有給休暇についても、なかなか思うように取得出来ません。

 

また、店長によっては、残業代の申請を嫌がり(自分の評価につながるため)、スタッフにサービス残業を強いるケースがあります。

 

薬剤師をどんどん追加採用していることもあり、最近では、改善傾向にありますが、依然として厳しい状況にあるのは間違いないので、この点については、注意してください。

 

なお、ドラッグストア勤務と比較すれば、調剤薬局勤務のほうが、拘束時間は短く、有給の申請についても、スンナリ通る場合が多いです。(連休を取得出来る店舗も多いです。)

 

ワークライフバランス

 

研修制度・成長環境について

全国規模の大手ドラッグストアとの差別化を図るために、ププレひまわりでは商品知識や資格取得に対する社員教育に力を入れています。

 

薬剤師向けの研修についても、OTCについて学べる医薬品研修や、認定薬剤師の単位を社内研修で発行する仕組みが確立されており、成長意欲が高い人にとっては、魅力的な環境となっています。

 

しかし、徐々に改善されているとはいえ、研修は休日扱いとされたり、研修費用を自分で持たなければならないこともあるので、この点は差し引いて考えたほうがいいです。

 

(スキルアップに興味がない場合でも、会社側から強制的に研修を受けさせられることがあり、時間的にも、金銭的にも、無視が出来ない負担となります。)

 

研修制度・成長環境

 

女性の働きやすさについて

ドラッグストア・調剤薬局は女性が多い職場のため、女性が働きやすい制度が整っている企業が多いのですが、ププレひまわりについても、その点は同様です。

 

産休、育休、育児短時間勤務制度を利用して、子育てと仕事を両立させている女性社員が多いです。復帰後は、自宅近くの店舗に異動させてもらえるなど、子育て中の社員に優しい会社と言えます。また、社員ではなくパートに雇用形態を変えて、復帰することも可能です。

 

仕事内容や昇進に関しては、男女による区別は基本的にありません。女性店長も増えており、本人のやる気次第で、幾らでもキャリアアップを目指せる環境です。(ただし、店長に就くと、体力的に厳しくなるため、敢えて、昇進を希望しない女性社員も多いです。)

 

女性の働きやすさ

 

ププレひまわりに転職先としての価値

ここまで、ププレひまわりの就労環境について、色々な角度から見てきました。エリアを広げているとはいえ、現在では中国地方が中心なので、地元に根付いた企業で働きたいと考えている人にとっては、魅力的な会社と言えます。

 

調剤事業を、これから拡大していく方針を打ち立てている会社なので、新店舗の立ち上げに関与する機会も多く、こういった経験を積みたいという人にとっては、格好のチャンスとなります。

 

その反面、ドラッグストア勤務となると、調剤業務と並行して、OTC販売も担当することになります。人員の不足している店舗では多忙となるので、ワークライフバランスを重視する人にとっては、不満を覚えてしまうかもしれません。

 

ただし、繰り返しになりますが、就労環境は、店舗ごとに異なるので、自分が勤務を希望するエリアにある店舗の内情について、事前に確認するようにしてください。

 

こういった社内事情について、ププレひまわりに問い合わせても、耳障りが悪いことについては、あまり詳しいことは、教えてくれないかもしれませんが、転職エージェントであれば大丈夫です。ププレひまわりの中途採用求人を扱っているエージェントをリストアップしておきますので、ぜひ連絡を取ってみてください。

 

なお、彼らは、様々な薬局、ドラッグストアの求人を扱っているので、他社の求人について、教えてもらうのもアリです。複数の求人を見比べれば、より客観的に判断出来るので、ぜひ、こういった活用もしてみてください。

 

<ププレひまわりの中途採用求人を扱う転職エージェント>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>