かもめ薬局の薬剤師の中途採用事情

『かもめ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、かもめ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、かもめ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、かもめ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

かもめ薬局の会社概要

兵庫県を中心に13店舗を展開している、地域密着型の中堅薬局チェーン、かもめ薬局。1998年に第一号店を開設して以来、高齢化社会の到来を見据えて、介護事業に対する取り組みに注力している薬局です。

 

そのため、店舗における処方箋の受け付けだけでなく、在宅医療の経験を豊富に有しており、2009年からは、『無菌調剤室』を備えた薬局も開設しています。

 

こういった薬局チェーンなので、在宅医療、介護に関心がある薬剤師を募集しており、こういった分野に興味がある人には、オススメの職場です。

 

このページでは、かもめ薬局における薬剤師求人の傾向、求人情報の入手方法、および、薬剤師の年収・就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

薬剤師の募集状況

かもめ薬局では、正社員・パートの二つの雇用形態において、常時、薬剤師を募集しています。公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、募集要項を確認することが出来ます。
http://triad-w.co.jp/recruit/about_recruit/

 

採用情報ページには、問い合わせ先のメールアドレスが記載されており、何か質問があれば、そちらから、問い合わせることが出来るようにもなっています。

 

また、かもめ薬局は、中途採用に関しては、転職会社経由でも募集をかけており、そちらから、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な求人情報を扱っているので、かもめ薬局だけでなく、ほかの薬局、ドラッグストアのことについても知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

※補足
パートについては、転職会社に告知を任せているケースが多く、募集中の時でも、公式サイトには募集要項が掲載されていないことが多いです。

 

その場合、公式サイトを見て、『募集がない』と判断してしまいがちですが、転職会社に問い合わせれば、求人を紹介してもらえるので、そこは注意してください。

 

薬剤師の給与体制について

かもめ薬局における、薬剤師の給与体系ですが、基本給に加えて、各種手当と賞与が支給されるという形になっています。

 

手当の内容としては、薬剤師手当4.5万円~7.5万円、(薬局長であれば、さらに数万円のプラスαが見込めます)、通勤手当、残業手当、住宅手当、家族手当などが用意されており、なかなか充実しています。

 

福利厚生面に関しては、社会保険が完備されているほか、薬剤師賠償保険、退職金制度(勤続3年以上の社員に対して支給)、寮・借上社宅、健康診断、JTB福利厚生選べるクラブ、団体生命保険など、こちらも、充実した内容となっています。

 

ちなみに、借上社宅に関しては、初期費用を全額、会社が負担してくれます。また、入社に伴い、転居が必要となった時には、交通費も含めて、引っ越しに要する費用を、会社が負担してくれるなど、かなり手厚い仕組みとなっています。

 

昇給は年に1回、6月に給与見直しの機会が設けられています。賞与については、7月と12月の年2回支給となります。人事評価に基づいて、支給額が算出されることになりますが、標準支給額が4.0ヶ月となっているので、ここが大まかな目安になると考えてください。

 

こういったものを全て含めた想定年収は、400万~600万円となり、中途採用の場合、前職までの経験や実績によって、具体的な金額が変わってきます。

 

パートに関しては、未経験者だと、時給1800円スタートとなり、経験者の場合、本人のスキルを見据えて、最大2200円までの間で、設定されることになります。

 

中途採用で入社する時の注意点

前述したように、中途採用者の給与は、前職の給与額や経験・実績を考慮する形で、算出されることになりますが、交渉次第で、この数字が変わってくるという要素もあるので、かもめ薬局から提示された金額に納得がいかない時には、希望額を伝えて、交渉することをオススメします。

 

入社後、一度決まった給与を変えることは難しいので、入社前の交渉が、とても重要になります。中途半端に妥協すると、後々まで響いてくるので、会社側ときちんと話し合うようにしてください。

 

もし、こういった交渉が苦手ということであれば、先ほど触れた転職会社に、交渉の代行を依頼するようにしてください。彼らは転職のプロなので、こういった交渉ごとに慣れており、うまく話を進めてくれます。

 

苦手な人が無理に自分で行うよりは、うまくいく可能性が大なので、最初から任せてしまったほうが賢明です。(実際に、条件アップに成功したという事例も多いので、ぜひ一度、相談してみてください。)

 

薬剤師の就労環境

かもめ薬局の勤務体制は、日曜・祝日が固定休となる週休2日制となりますが、店舗によっては、土曜が固定休となることもあるので、勤務スケジュールは、店舗ごとに若干異なります。

 

また、店舗ごとに、残業時間も微妙に異なるので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。ただし、長時間労働が常態化している店舗はないので、残業があるとはいっても、それほど心配する必要はありません。

 

(かもめ薬局全体の平均残業時間は、1ヶ月10時間程度です。)

 

休暇体制については、夏季休暇・年末年始・慶弔休暇・有給休暇などが用意されています。有給の取得状況ですが、かもめ薬局は全体的に、薬剤師が不足気味なので、いつでも、希望通りに、有給を取るというわけには、いかないようです。

 

(人員体制に余裕がある店舗もありますが、そういった店舗だと、他店舗の応援に回されることが多いので、結局は休みが取れないということになります。)

 

薬剤師の成長環境について

今は、単純に処方箋を受け付けるだけでなく、患者のQOL向上をサポートする役割が、薬剤師にも求められてきている時代です。そのため、かもめ薬局では、ただ、調剤を行うだけでなく、自ら考えて提案出来るような、薬剤師を育成することに、力を入れています。

 

そのため、かもめ薬局は、薬局チェーンとしては珍しく、中途採用社員に対しても、導入研修を行っていますし、その後も、先輩スタッフからの指導を受けながら、働くことになります。

 

中途採用の場合、仕事に必要な知識・スキルは自己責任で習得するという前提で考えている薬局が多いので、先輩薬剤師が丁寧に指導・教育を行ってくれる職場というのは、そうありません。

 

その内容も、おざなりなものではなく、かなりきめ細かくなっており、研修内容に満足している社員が多いので、中途採用者にとっては、恵まれた環境と言えます。

 

また、その後も、指導薬剤師によるOJT研修、薬局内勉強会やメーカー勉強会、社内研究会など、知識を習得する場が、たくさん設けられているので、知識を積みたい薬剤師にとっては、かもめ薬局は魅力的な職場です。

 

ちなみに、管理者研修など、役職ごとの研修も用意されているので、キャリアアップを目指している人にとっても、良い環境です。

 

ただし、研修は休日に行われることもあるので、勉強しようと思うと、休みが減ってしまうというデメリットがあるということは、覚えておいてください。(研修の参加は強制ではないので、休むことを優先することは可能です。)

 

女性の働きやすさについて

かもめ薬局では、産休・産後休暇制度や育児休業制度が整備されており、自由に取得することが出来ますし、育児経験を持つ女性が多数働いている職場なので、小さな子どもがいる女性にとっては、何かと働きやすい環境となっているようです。

 

結婚や出産などを理由に、一度現場から離れていた薬剤師に対しても、無理なく現場に復帰出来るように、サポート体制を整えている会社でもあるので、ブランクがある人が、復帰する場所としても、かもめ薬局は、最適な職場と言えます。

 

かもめ薬局の転職としての価値

ここまで、かもめ薬局における、薬剤師の就労環境について、様々な角度から、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

かもめ薬局は、給与額自体は、ごく平均的な水準ですが、福利厚生が充実しているので、トータルで考えると、待遇面は決して悪くありません。

 

社内教育制度が整っている会社なので、薬剤師としてスキルを高めたい人にとっては、最適な職場です。(未経験者や、ブランクがある人が働き始める職場としても、オススメです。)

 

また、今後の薬剤師のあり方に着目して、在宅医療に対する取り組みを強化している薬局でもあるので、訪問調剤の経験を積みたい人にも、オススメの職場です。

 

その反面、給与だけで判断するのであれば、かもめ薬局以上の金額を提示する薬局、ドラッグストアが存在するのも事実なので、このあたりは、自分自身の価値観と照らしあわせながら、転職先を見極めるようにしてください。

 

下記に、かもめ薬局の薬剤師求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、転職会社は様々な求人案件を扱っているので、興味があれば、ぜひ、他社の求人のことについても、話を聞いてみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>