ピノキオ薬局の薬剤師中途採用事情

 

『ピノキオ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、ピノキオ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、ピノキオ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、ピノキオ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

ピノキオ薬局の会社概要

栃木県内に約40店舗を展開する、地域密着型の調剤薬局チェーン、ピノキオ薬局。専門クリニックの門前薬局から、総合病院・大学病院に隣接する大型薬局まで、様々な店舗を展開しています。

 

最近では、介護機関と連携して、在宅医療を進めるなど、高齢化社会に対応する試みを積極的に推進しています。

 

毎年、新しい店舗を開設するなど、着実に規模を増やしている薬局チェーンなので、薬剤師を募集する中途採用求人は、常時出ています。このページは、ピノキオ薬局の中途採用求人の傾向、及び、薬剤師の年収、就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

ピノキオ薬局の中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、2つのルートで募集がかかっています。一つは会社の公式サイト内にある中途採用情報ページを通じての募集(http://pinokio-pharmacy.com/recruit/career/)、もう一つは薬剤師専門の転職エージェントを経由しての募集です。

 

両者の違いですが、前者に関しては、勤務先店舗が指定されておらず、面接の過程で、会社と転職希望者が話し合って、配属先を決定するという仕組みになっています。

 

もし、自分が希望する勤務エリアの店舗で、空きがない場合には、現在、勤務地の薬剤師を別エリアの店舗に異動するなど、空きを調整することで、対応してくれます。ただし、異動は強制ではないので、あくまでも、受け入れる人がいた場合の話となります。

 

そのため、エントリーしても、勤務地の問題で、採用されない可能性もあります。一方、後者に関しては、店舗単位の募集となり、事前に配属先の店舗について、確認することが出来るので、そういった意味では分かりやすいです。

 

どちらも、年収や福利厚生などの待遇面については変わらないので、自分に合った方法で申し込むようにしてください。

 

薬剤師の年収について

ピノキオ薬局に勤務する薬剤師の年収ですが、ある程度の個人差はありますが、30歳で年収500万円、35歳で年収550万円というのが、おおまかな目安になります。(賞与が含まれた金額となります。)

 

年収の違いを生み出す要因としては、役職手当、資格手当が大きなものとなります。管理薬剤師、薬局長とポジションを上げることが出来れば、かなりの給与アップになります。また、認定薬剤師の資格を取れば、毎月数万円の手当が付きます。

 

ピノキオ薬局は、e-ラーニングの受講料を負担したり、社内勉強会を開催するなど、認定薬剤師の取得を積極的にサポートしている会社であり、約7割の薬剤師が、何らかの資格を取得しています。

 

スキルアップ・収入アップを同時に図れるので、ピノキオ薬局で働くのであれば、資格取得を目指したほうが賢明です。

 

なお、中途採用者の場合、初任給は、年齢と前職の給与、勤務実績などを加味して、算出されることになりますが、面接時の話し合い次第で、大きく変わる要素があるので、入社時の交渉が重要になります。

 

ここで、下手に妥協すると、後々まで後悔することになるので、注意してください。こういった交渉が苦手という人は、先ほども触れた転職エージェントに代行してもらうことをオススメします。彼らは転職のプロなので、交渉術に長けています。

 

また、会社側の実情も把握しているので、うまく話を進めてくれます。一個人が自分で交渉するよりも、好条件を引き出せる確率が高いので、ぜひサポートを受けてみてください。ただし、これは、あくまでも、そのエージェントがピノキオ薬局の求人を扱っていることが前提です。

 

エージェントのなかには、ピノキオ薬局の中途求人をカバーしていないところもあり、その場合、交渉の代行を依頼することは出来ないので、注意してください。

 

このページの最後に、ピノキオ薬局の中途採用求人の取り扱い実績が豊富なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の年収

 

ピノキオ薬局の就労環境について

ピノキオ薬局は、薬剤師の人員体制に余裕がないため、業務量は多めとなります。営業時間終了後に、薬歴を書くため残業することが、常態化している店舗も多いです。

 

人員体制に余裕がある店舗もありますが、その場合、一部のスタッフが他店のヘルプに回されることが多く、楽出来るということはありません。基本的に、業務負荷が大きな会社と考えておいたほうがいいです。

 

ただし、週休2日は確保されていますし、有給についても、全消化は無理でも、それなりに取得出来る状態にはなっています。店舗次第という要素もあるので、一概には言えないのですが、休日は確保出来ると考えて大丈夫です。

 

就労環境

 

ピノキオ薬局は研修体制がしっかりしている会社

ピノキオ薬局の最大の長所を挙げるとすれば、それは、教育体制の充実度に尽きます。先ほども触れましたが、認定薬剤師の資格を取得するためのフォロー体制が確立されていますし、調剤に関する基礎知識・スキルを学ぶ研修、症例検討会なども定期的に開催されています。

 

より、高度なレベルで学びたいということであれば、働きながら、社会人大学院に通ったり、大学との共同研究、DI業務に従事することも可能です。

 

また、マネジメントスキルを学びための外部講習も用意されており、チームリーダー、店長、エリアマネージャーと、キャリアアップを目指していくことも可能です。(マネージャーを志望する薬剤師に対しては、会社側も何かとバックアップしてくれます。)

 

総じて、成長意欲が高い人にとっては、やり甲斐を感じられる職場と言えます。(あまり、大きな声では言えませんが、こうやって実力をつけることで、大手薬局チェーンから高い評価を得て、大幅な年収アップとともに、転職したという事例もあります。)

 

研修体制

 

子育てとの両立を考えている人は、注意が必要

ピノキオ薬局は産休・育休が用意されており、誰でもしっかりと取得出来るので、この点は問題ないのですが、復帰後のフォロー体制については、あまり確立されておらず、育児と仕事を両立させるのは、難しい状況です。

 

薬剤師の余剰人員が少ないため、急な休みを取るのは厳しいですし、残業や夜間対応が余儀なくされることもあります。また、稀に休日出勤が生じることもあります。職場復帰後は、通常の勤務に戻るのが基本なので、なかなか大変です。

 

子育てとの両立

 

ピノキオ薬局の転職先としての価値

栃木県内においては、存在感が大きな薬局チェーンであり、給与額もまずまずなので、転職先として検討するだけの価値は十分にあります。(将来的に、より高い給与を目指すのであれば、ピノキオ薬局で実力をつけて、再転職を目指すという方向性もあります。)

 

ただ、店舗によっては、薬剤師が不足していて、仕事に追われたり、店舗内の人間関係が良くなく、雰囲気が悪いというケースもあるので、自分が希望する勤務地エリアの店舗の実情について確認しておくことをオススメします。

 

(ピノキオ薬局は引越を伴う転勤は発生しない会社なので、とりあえず、自宅から通える範囲内の店舗について、チェックしておけば大丈夫です。)

 

しかしながら、会社側に問い合わせても、耳障りが悪いことについては、それとなくスルーされる可能性もあるので、この点については、ピノキオ薬局の実情に精通している転職エージェントから、話を聞いたほうがいいです。

 

ピノキオ薬局の中途採用求人を扱っているエージェントであれば、社内事情を押さえているので、相談先として最適です。

 

なお、当たり前の話ですが、これらのエージェントは、様々な薬局・ドラッグストアの求人をカバーしているので、希望勤務エリアにおいて発生している他社の求人について教えてもらうのもアリです。

 

<ピノキオ薬局の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 

 

もしかしたら、ピノキオ薬局以上に、満足出来る職場が見つかるかもしれないので、ぜひ、併せて聞いてみてください。