アピスファーマシーの薬剤師中途採用事情

 

『アピスファーマシーって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、アピスファーマシーの就労環境について、まとめています。

 

現在、アピスファーマシーで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、アピスファーマシーの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

アピスファーマシーの会社概要

大阪府茨木市に本社を置く株式会社アピスファーマシー。1979年に設立され、2016年4月現在、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、岐阜県、愛知県、東京都において、74の調剤薬局を運営しています。

 

2000年以降は、プライベートブランド商品の開発、ネット通販事業、在宅医療など、調剤業務以外にも力を入れており、事業の幅を広げていますが、やはり主軸は薬局経営にあり、ここ数年では、M&Aも含めて、グループ店舗数を積極的に増やしています。

 

そのため、薬剤師を常時、募集しており、中途に関しては、通年で採用を行っています。このページでは、アピスファーマシーにおける薬剤師の中途採用事情と、年収・就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用求人情報の入手方法と応募方法について

アピスファーマシーでは、薬剤師の中途採用を行っていますが、公式サイトから直接エントリーすることは出来ず、希望者はキャリア採用ページ内にある「採用に関するお問い合せ」というフォームから連絡を取る必要があります。
http://www.apis.co.jp/recruit

 

公式サイトの採用情報ページには、中途採用に関する勤務条件・応募条件等の募集要項は掲載されていないため、詳細について確認したい時には、やはり直接問い合わせることになります。

 

過去の実績では、給与水準はそれほど悪くないので、収入に関しては、それほど心配する必要はありませんが、状況が変わっていることもあるので、事前に確認しておくことをオススメします。

 

ちなみに、入社するかどうか分からない時に、直接、連絡するのは気が引けるという人は、薬剤師の転職支援を行っている転職エージェントに相談してみてください。

 

アピスファーマシーでは、エージェントを利用して、薬剤師を募集することも多く、エージェント経由であれば、事前に具体的な応募要項を確認することが出来ます。

 

また、エージェントであれば、様々な企業からの求人を押さえているので、希望勤務エリアにおいて、発生している他社の求人情報についても教えてもらって、内容を比較検討することも可能です。

 

転職を検討する時には、少しでも多くの情報を確保したほうが、より的確な判断を下せるので、是非、他社の状況についても、聞いてみてください。下記のエージェントであれば、保有する情報量が多いので、情報源としてオススメです。

 

<薬剤師専門の転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

 

アピスファーマシーの社員年収、評価制度について

アピスファーマシーにおける薬剤師の給与水準ですが、業界内の水準と比較すると、ほぼ同等、もしくは、やや低めといった設定となっています。

 

アピスファーマシーでは、残業代が全額支給されており、残業時間数によっても、年収が変わってきますが、店舗ごとに業務量が変わってくるため、残業時間数についても、店舗ごとに大きく異なります。

 

結果的に、配属先の店舗次第で、年収差が生じることになり、繁忙店舗だと、他店よりも、年収が100万以上、高くなるというケースもあります。こういった背景があるので、具体的な年収額を示すのは難しいのですが、幾つか具体例を挙げると、以下の通りとなります。

 

  • 29歳 年収435万円
  • 32歳 年収480万円
  • 33歳 年収550万円
  • 42歳 年収480万円
  • 38歳 管理薬剤師 年収550万円
  • 40歳 管理薬剤師 年収580万円
  • 46歳 店長 年収600万円

 

新卒・中途を問わず、年に数千円ずつ昇給していきますが、管理薬剤師・薬局長など、ポジションを上げない限り、大幅な年収増は期待出来ない状況です。なお、6年以上の調剤経験があれば、管理薬剤師への昇格を勧める会社なので、キャリアアップは十分に可能です。

 

人事評価については、管理薬剤師やマネージャーによって行われますが、具体的な評価基準がないため、上司の主観による評価となっているのが現状であり、上司との関係性も重要な要素となってきます。

 

高評価を得たいのであれば、日頃から、上司との関係性を良好に保つ努力が必須となります。なお、人事評価は、賞与に反映されており、評価が良ければ、支給額が上がります。

 

社員年収、評価制度

 

アピスファーマシーにおけるワークライフバランスについて

アピスファーマシーは、店舗ごとに勤務状況が大きく異なる会社です。薬剤師が不足している店舗や、忙しい店舗に配属されると、残業が多く、拘束時間も長くなります。また、薬剤師はシフト勤務となりますが、自分の希望通りに休みが設定出来ないケースも出てきます。

 

一方、業務負担が少ない店舗に配属されれば、比較的ゆったりと働けますし、残業時間が短く、平日でも、プライベートの時間を確保することが出来ます。休日設定についても、自分の都合通りにしてもらうことが可能です。

 

なお、有給休暇の取得については、店舗間で差がありますが、全店舗共通で、取得することが可能な状態です。

 

ワークライフバランス

 

女性の働きやすさについて

女性に対して、特別な配慮が為されているというわけではありませんが、男女平等の職場なので、女性にとっての就労環境は悪くないと言えます。昇格・昇給も男女で差があるわけでないので、特に不満に感じることはないでしょう。

 

子育て支援体制に関しても、産休、育休、時短勤務等、必要な制度が一通り揃っているため、出産後も働き続けることが可能です。なお、時短勤務は子供が3歳になるまで利用することが出来るので、出産後に復帰する女性が多いです。

 

また、出産前に残業が多い店舗に配属されていた場合、業務量が少ない店舗へ異動してもらうことも可能です。

 

女性の働きやすさ

 

アピスファーマシーの転職先としての価値

アピスファーマシーは、決して高給与の会社というわけではありませんが、地域密着型の調剤薬局として、安定した業績を挙げているので、転職先候補に入れるのはアリです。

 

今後は、在宅医療や、サプリ・化粧品などの自社商品開発・販売事業にも、注力するビジョンを掲げているので、こういった業務に関心がある人にとっても、オススメの会社です。(薬剤師としての知識を活かして、商品開発業務に従事することが可能です。)

 

ただし、新しい事業に力を入れているというのは、組織としての変化が激しいことを意味しているので、ある時、急に社内環境が激変する可能性があります。

 

そのため、先ほども触れましたが、アピスファーマシーの実情に精通している転職エージェントにコンタクトとして、最新事情について教えてもらい、そのうえで転職の有無を判断するようにしてください。