コメヤ薬局の薬剤師中途採用事情

 

『コメヤ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、コメヤ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、コメヤ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、コメヤ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

コメヤ薬局の会社概要

石川県内において、ドラッグストアチェーンを展開する株式会社コメヤ薬局。創業は江戸初期という古い歴史を持つ、正真正銘の老舗企業です。2003年には、マツモトキヨシグループに加入、今現在は、本社所在地である白山市と、金沢市を中心に、石川県内で23店舗を営業しています。

 

調剤・OTCを中心とした店舗、医薬品以外の日用品・食料品・化粧品も扱う店舗、調剤無しの店舗、ファミリーマートと提携している店舗など、地域のニーズ合わせて、様々な形態の店舗を展開しているのが、大きな特徴です。

 

店舗数は多くはありませんが、薬剤師の人材は慢性的に不足しているため、コメヤ薬局では、常時、募集をかけています。新卒だけでなく、中途採用も積極的に行っているので、転職するチャンスは十分にあります。

 

このページでは、コメヤ薬局の中途採用求人の傾向、及び、薬剤師の年収、就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

コメヤ薬局の中途採用求人の傾向

コメヤ薬局では、公式サイト内に採用情報ページを開設しており、そこから、中途採用求人に、エントリーすることが出来ます。
http://komeya-drug.com/recruit/index.html

 

エントリーフォームは、希望業務(調剤、OTCなど)を選択して問い合わせる形となっており、追ってコメヤ薬局から連絡が来ることになります。

 

ただし、注意点として、公式サイトの採用情報ページには、給与・福利厚生などの待遇面も含めて、具体的な勤務条件が掲載されていません。また、どの店舗が勤務先になるのかということも不明です。これらの条件面については、面接の時に、初めて会社側から提示されることになります。

 

勤務条件が分からない状態で、応募するのには不安がある、そもそも、応募するかどうかの判断が出来ないという人は多いかと思いますが、そういった人は、薬剤師専門の転職会社に相談することをオススメします。

 

コメヤ薬局は、転職会社を通しても、薬剤師を募集していますが、転職会社経由の場合、店舗ごとの募集となり、募集要項が公開されているので、事前に勤務条件について、チェックすることが可能です。

 

このページの最後に、コメヤ薬局の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の年収、人事評価について

コメヤ薬局では、基本給に各種手当(精勤手当、家族手当、住宅手当)、年2回の賞与が支給されるといった給与体系を採用しています。薬剤師の年収に関して、具体例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 28歳 年収400万円
  • 31歳 年収480万円
  • 33歳 年収500万円
  • 42歳 年収550万円
  • 35歳 薬局長 年収600万円
  • 33歳 店長 年収650万円
  • 44歳 店長 年収730万円

 

人事評価に関しては、年2回、個人の売上貢献度などを自己申告で会社に伝え、それを基に店長が評価を行う仕組みとなっています。明確な基準はありませんが、コメヤ薬局ではカウンセリング販売を重視しているので、基本的に販売実績で評価されると考えておいてください。

 

昇給は年1回ありますが、大幅な給与アップをするには、店長などの管理職に昇格することが必須条件となります。

 

コメヤ薬局の新規店舗出店は、数年に1軒程度のペースなので、管理職のポスト数が、自然に増加することは殆どありませんが、人事の入れ替わりを頻繁に行う会社であり、現役の店長が降格するケースが多々あるため、勤続年数が短くても、店長に上がれるチャンスは十分にあります。

 

逆に言えば、一度、店長に昇格したとしても、その後の勤務実績次第では、下に落とされることになるので、気が抜けない会社ではあります。

 

薬剤師の年収、人事評価

 

コメヤ薬局の成長環境について

コメヤ薬局では、カウンセリング販売を重視しているため、商品や医薬知識に対する社員教育に重きを置いています。入社後は、知識習得のための座学研修に加え、販売方法についてロールプレイを行って、トレーニングします。(中途入社であっても同様です。)

 

その後も、取引会社からの商品研修、セールス手法を学ぶための研修を受ける機会が存在するので、業務に必要な知識を、少しずつ蓄えていくことが可能です。

 

また、新しいことに挑戦することを社是(基本方針)としている企業であるため、自分から手を挙げていけば、若いうちから、活躍出来るチャンスが幾らでも掴めます。

 

成長環境

 

ワークライフバランスについて

コメヤ薬局に勤務する薬剤師のワークライフバランスは、比較的良好です。コメヤ薬局は、24時間営業も含め、様々なタイプの店舗が存在しますが、薬剤師の勤務条件は、基本的に9:00~20::00の間の実働8時間シフト制です。

 

残業が少ない会社ですし、週に2日の休日はキチンと確保されているので、拘束時間はそれほど多くなく、プライベートの時間をしっかりと取れます。ただし、有給休暇の取得率は、全体的に低いので、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

※ワークライフバランスに関する補足1:
店舗タイプによって定休日が異なるため、休日も店舗ごとに違います。

 

※ワークライフバランスに関する補足2:
調剤店よりもドラッグストア店のほうが、残業が多くなる傾向にあるので、残業を避けたいという人は、調剤店勤務を志望することをオススメします。

 

ワークライフバランス

 

女性の働きやすさについて

コメヤ薬局は、女性が働きやすい制度を整えています。産休、育休は問題なく取得できますし、大半の女性が制度利用後に、現場に復帰します。

 

また、その場合には、子育てに配慮する形で、シフトは早番を中心として、入れてもらえます。そのため、家庭を持った後でも働きやすく、それを理由として、出産後も働き続ける女性社員が多くなっています。

 

女性の働きやすさ

 

コメヤ薬局の転職先としての価値

ここまで、コメヤ薬局の就労環境について、様々な角度から見てきました。店舗タイプにもよりますが、薬剤師に対する待遇は良いので、石川県内で仕事を探している人にとっては、転職先候補として、検討するだけの価値が十分にあります。

 

しかし、コメヤ薬局はカウンセリング販売をメインとして固定客を確保するという、特徴的な販売戦略を取っており、薬剤師であっても、セールス(対面営業)の役割が求められることになります。

 

その点が自分と合うかどうかは、見極めるようにしてください。(調剤業務だけに専念したいという人にとっては、セールスはストレスになる可能性があるので、要注意です。)

 

また、コメヤ薬局は、社内行事(社員旅行やバーベキューなど)に力を入れているので、会社では仕事のみの付き合いをしたいというタイプの人にとっては、煩わしさを感じる環境かもしれません。逆に言えば、アットホームな雰囲気の職場を求めている人には、向いている職場と言えます。

 

このように、働く人を選ぶ会社でもあるので、コメヤ薬局に応募するかどうかは、勤務条件や待遇だけでなく、社風を十分に理解したうえで決めることをオススメします。

 

最後に、薬剤師専門の転職会社をリストアップしておきます。彼らは、コメヤ薬局の社内事情にも精通しているので、転職を目指すべきかどうか、判断がつかないという人は、ぜひ一度、相談してみてください。

 

転職先に求めるものを伝えれば、コメヤ薬局が適切な会社なのかどうか、冷静に分析してくれます。また、他社の求人と照らし合わせて、希望条件を満たすものが存在するかどうか調べてもらうことも可能です。

 

もしかしたら、コメヤ薬局以上に、自分と相性が良い会社が見つかるかもしれないので、興味がある人は、コメヤ薬局の求人と併せて、調べてもらってください。

 

<薬剤師専門の転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。