富士薬品の薬剤師中途採用事情

 

『富士薬品って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、富士薬品の就労環境について、まとめています。

 

現在、富士薬品で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、富士薬品の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

株式会社富士薬品の会社概要

1930年に富山において、置き薬販売業を始めた株式会社富士薬品。1954年には本社をさいたま市に移し、医薬品の研究開発・製造から販売までを一貫して行う事業体制を敷いています。現在では、ドラッグストア、調剤薬局の運営事業にも注力しています。

 

もともと、富士薬品が店舗展開しているドラッグセイムスのほかに、吸収合併や資本算入によって、全国のドラッグストアをグループ化、店舗数を増やしており、2016年現在、系列店は全国で1200店舗を超えるまでになっています。

 

ドラッグストア事業は富士薬品の主力事業となっていますが、調剤併設型の店舗が多く、それに加えて、医療機関門前調剤薬局の運営も手掛けているので、薬剤師に対する求人需要は、常に旺盛です。

 

このページでは、富士薬品における薬剤師の中途採用求人事情、及び、薬剤師の年収や就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

なお、富士薬品が運営する調剤薬局・ドラッグストアの店舗名は複数に分かれており、店舗ごとに名称が異なりますが、給与条件、勤務体制などは統一されていますし、採用に関しても、富士薬品グループとして一括で行っているので、どの店舗であっても状況は変わらないと考えてください。

 

株式会社富士薬品の中途採用事情

上記でも触れたように、富士薬品は数多くのドラッグストア・調剤薬局を運営しており、公式サイト上において、常に薬剤師を募集しています。
http://www.fujiyakuhin.co.jp/f-recruit/career/index.php

 

中途採用情報ページの「募集職種」→「薬剤師(正社員・パート)」から詳細を確認することが出来ます。富士薬品は、医薬品の研究開発も行っていますが、中途採用希望者が公式サイト内からエントリー出来るのは、店舗勤務となる調剤薬剤師の求人がメインです。

 

(研究開発職を希望する場合には、人事担当者に直接、問い合わせるようにしてください。)

 

調剤薬剤師の求人に関しては、正社員・パート双方で募集がかかっています。原則として、希望勤務地に配属されることになるので、自宅からの通勤が可能です。(本人が受け入れない限り、転勤は発生しません。)

 

また、店舗形態についても融通を効かせてもらえるので、ドラッグストア・調剤薬局、どちらでも自分が希望する店舗を選択することが可能です。

 

株式会社富士薬品の年収、昇給について

富士薬品における薬剤師の給与体系ですが、基本給に各種手当(薬剤師手当、管理職手当、職務手当、管理薬剤師手当等)が付加される形になります。また、該当者に対しては、扶養手当、時間外手当、通勤手当が支給されます。

 

ボーナスは、年2回支給されています。会社全体の業績と、人事評価(直属の上司による評価、及び、自己目標の達成度合いにより判断)によって、支給額が決定する仕組みとなっています。以上のことを加味したうえでの、具体的な薬剤師の年収例としては、下記の通りとなっています。

 

  • 20代後半 一般薬剤師 450万円
  • 30代前半 一般薬剤師 500万円
  • 20代後半 店長 600万円
  • 50代前半 店長 600万円
  • 30代後半 エリアマネージャー 700万円
  • 40代前半 エリアマネージャー 720万円

 

昇給は年1回ありますが、ポジションが変わらなければ、大幅なアップは見込めません。たとえば、中途入社で店長として入社した人が、エリアマネージャーへキャリアアップ出来るまで、10年間、給与が変わらなかったという事例があります。

 

薬剤師の年収、昇給

 

株式会社富士薬品のワークライフバランスについて

富士薬品が運営する店舗は、調剤業務無しのドラッグストア、調剤併設型のドラッグストア、保険調剤薬局の3タイプに分類されます。どのタイプの店舗に配属されるかによって、忙しさが変わると考えてください。

 

ドラッグストア勤務の場合は、比較的拘束時間が長くなり、残業が必要となる店舗も存在します。会社全体として残業を少なくする方針を採っていますが、かといって、スタッフ数が増員されることはないので、忙しい店舗だと、膨大な業務を時間内にこなすことが求められることになります。

 

その分、一人当たりの負担が重くなっています。一方、調剤薬局だと、残業がほぼゼロという店舗が少なくないので、ドラッグストア勤務の薬剤師との負担差は大きなものとなります。

 

休日に関しては、配属されている薬剤師が一人という店舗の場合は、希望通りに休みを取るのは難しいです。また、調剤薬局の場合、門前の医療機関の状況によって、長期休みが取れるかどうかが、左右される傾向にあります。

 

このように、店舗間による差が大きい状況なので、ワークライフバランスを重要視する人は、希望勤務エリア内の店舗の就労環境について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

ワークライフバランス

 

女性の働きやすさについて

富士薬品では、男女同等の立場で業務を推進している会社なので、女性だからといって待遇や扱いが変わることはありません。キャリアアップに関しても同様であり、女性店長、薬局長、エリアマネージャーが、多数存在します。

 

また、出産育児の支援制度が整っています。育児休暇は取りやすいですし、薬剤師不足のため、育児休暇明けの復帰も歓迎されています。子供が小さなうちは、時短勤務も可能なので、出産後も働き続ける女性薬剤師が多い会社です。

 

女性の働きやすさ

 

株式会社富士薬品の転職先としての価値

富士薬品で働くメリットは、様々な形態の店舗で経験を積めることです。OTC単独店と調剤薬局で薬剤師として求められることの違いなど、幅広い業務を経験することで勉強になることが多いですし、化粧品などの研修も充実しているので、OTC商品の知識を深めることも可能です。

 

また、店舗間の違いがあるにしても、基本的に残業はそれほど多くない会社なので、自分の時間を確保したいという人にとっても、おおむね満足がいく環境です。勤務地も基本的に居住地を考慮してもらえるので、引越を伴う転勤を考慮する必要はありません。

 

その一方で、薬剤師が一人しかいない店舗が多く、こういった店舗で働くことになると、突発的な休みや長期休暇が取りにくいというデメリットがあります。

 

また、ポストが多くないため、キャリアパスが限られており、昇進のチャンスは狭まっています。(富士薬品は昇進しない限り、昇給が期待出来ない会社なので、給与も頭打ちになってしまいます。)

 

そのため、入社前に自分のキャリアについて、よくよく考えたうえで、富士薬品への転職の判断の是非を下すことをオススメします。

 

下記に、薬剤師の転職支援に長けている転職エージェントをリストアップしておきます。薬剤師の転職市場動向に精通しているので、富士薬品への転職を目指すべきかどうか、なかなか決められないという人は、一度相談してみてください。

 

もちろん、エージェントは他社の求人情報も押さえているので、自分が希望する勤務地エリア内において、富士薬品以上の好条件の求人が存在しないかどうか、教えてもらうことも可能です。

 

また、転職候補が固まった場合には、給与など、条件面の交渉を代行してもらうことも出来ます。エージェントのサポートを受けることで、思わぬ好条件で転職が決まることもあるので、うまく活用してください。

 

<薬剤師専門の転職エージェント>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>