モリキの薬剤師中途採用事情

 

『モリキって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、モリキの就労環境について、まとめています。

 

現在、モリキで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、モリキの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

モリキの会社概要

甲信越・北陸地方において、ドラッグストア、調剤薬局、バラエティ雑貨販売チェーンを展開する、株式会社モリキ。調剤薬局は2017年現在、長野県を中心に、31店舗を営業しています。(本社は長野市にあります。)

 

もともと、モリキは、長野県内で調剤薬局とドラッグストアを展開していた会社ですが、2003年に株式会社富士薬品と資本業務提携を実行、業界大手企業の傘下に入ったことから、安定的な経営を行えるようになっています。

 

2020年までに売上高800億円、経常利益40億円を達成することを、目標としており、新規出店に力を入れています。ここ数年の実績では、年間10店舗近いペースで、新店舗を設立しています。

 

そのため、薬剤師に対する求人需要が旺盛です。新卒・中途を問わず、募集がかかっていますし、パート・アルバイトの募集も盛んなので、フルタイムで働くのは難しいという人でも、大丈夫です。

 

このページでは、株式会社モリキにおける薬剤師の中途採用求人の状況、及び、薬剤師の年収、就労環境などについてまとめていますので、転職活動の参考にしてください。

 

モリキにおける薬剤師の中途採用事情

先ほども触れたように、モリキでは薬剤師の人材登用を積極的に行っています。公式サイト内に、採用情報ページが開設されており、募集要項について、確認することが出来ます。
http://www.moriki-group.info/admissions.php

 

また、ページ内には、連絡先が記載されており、応募する時には、電話で申し込むことになります。(アルバイトの場合は、メールでも応募可能です。)

 

また、モリキは、店舗見学を随時受け付けているので、応募前に、実店舗の状況について、自分の目で確かめることも可能です。

 

勤務地については、基本的に全店舗が対象となり、どの店舗に配属されるかは、入社してみないと分かりません。基本的に、本人の希望が尊重されることになりますが、絶対ではないので、入社時の状況によっては、引っ越しを余儀なくされる可能性もあります。

 

どうしても、転勤を避けたいという場合には、薬剤師専門の転職エージェントに相談することをオススメします。中途採用の求人に関しては、エージェント経由で募集がかかることもありますが、その場合、店舗単位での募集となります。

 

そのため、エージェントを通して応募する場合、エントリー時点で、勤務先が確定することになるので、勤務地に関する問題はクリアとなります。

 

あくまでも、エージェントがモリキの求人を扱っていることが、前提の話となりますが、取り扱い実績が豊富なエージェントが数社存在するので、そういったエージェントに相談すれば、まず大丈夫です。

 

このページの最後に、代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の年収について

株式会社モリキでは、基本給に、各種手当、年2回のボーナスが支給される給与体系を採用しています。基本給は、年齢・経験・能力を考慮して、23~43万円の間で設定されるのが、一般的です。

 

ただし、薬剤師の場合、全員に薬剤師手当が別途支給されることになるので、プラス数万円された額が実質的な基本給になると考えたほうがいいです。(未経験者の場合、薬剤師手当を含めると、30万円程度になります。)

 

なお、各種手当については、上記の薬剤師手当以外に、時間外手当、管理薬剤師手当(2,000円)、薬局長手当(10,000円)、通勤手当、家族手当などが支給されています。具体的な金額は、変更される場合があるので、面接時に確認するようにしてください。

 

また、転勤(引っ越しを伴う異動)が発生した場合、社宅利用も可能です。中途採用で入社した時にも、同等の条件が適用されるので、遠方での勤務となった時には、住居費については、会社側から、一定額のサポートを受けられます。

 

なお、モリキは残業代を全額支給する会社なので、勤務時間が長くなってもいいので、給料を上げたいという人は、残業が多い店舗への異動を希望することも可能です。(ただし、忙しい店舗ばかりなので、その点は覚悟したほうがいいです。)

 

賞与については、年2回、自己評価と上長(薬局長、エリアマネージャー)によって行われる人事評価の内容に応じて、支給額が決まることになりますが、能力給のため、個人差がかなり大きいです。(同様の経験年数でも、数十万単位で変わってきます。)

 

賞与額を上げるには、上長に認められることが必須となるので、仕事に真面目に取り組みつつ、こまめに上長とコミュニケーションを取って、心証を良くしておくことが、必要不可欠と考えてください。

 

補足)中途採用で入社する時の注意点

中途採用で入社する場合、基本給は前職までの実績をベースに、社内規定に準ずる形で、算出されることになりますが、交渉次第という側面もあるため、面接時の話し合いによって、だいぶ変わってきます。

 

そのため、納得出来るまで、会社側と話をするようにしてください。中途半端に妥協すると、後悔することになるので、要注意です。

 

こういった交渉が苦手ということであれば、転職エージェントに代行してもらってください。彼らはプロなので、うまく交渉してくれます。下手に自分で進めるよりも、うまくいく可能性が大なので、最初から任せてしまうことをオススメします。

 

薬剤師の年収

 

モリキにおける成長環境について

モリキは、現場に大きな裁量を与えている会社であり、各店舗のスタッフが、自由に独自のアイディアを実現していくことが出来るようになっています。

 

そのため、やる気のある人にとっては、やりがいのある職場と言えますし、様々な仕事に取り組めるので、幅広い経験を積むことが出来ます。

 

ただし、これは逆に言えば、業務の進め方が企業として確立されていないとも言えるので、自分で考えて、物事を処理出来る人でないと、うまく仕事を進められず、滞ってしまうかもしれません。

 

モリキには、経験豊富な中途入社組が多く、指示を出さなくても、仕事が回るというのが、その背景に、あります。それだけに、指示なしでは動けないという人にとっては、周囲と感覚は合わず、働きづらいと思います。

 

なお、これは社内教育制度についても、同様であり、会社側で用意しているものは、殆どありません。勉強会は定期に開催されていますが、メーカー勉強会と漢方に関する勉強会のみなので、決して十分とは言えません。

 

実務に必要な知識・スキルは、個々に自助努力で習得している状況なので、これが出来ない人は、モリキで働くのは難しいと考えてください。

 

成長環境

 

ワークライフバランスについて

モリキにおけるワークライフバランスは、配属先の店舗次第と言えます。週休2日のシフト制勤務となりますが、店舗によって定休日や営業時間が違ってきますし、残業時間も、店舗により異なります。

 

そのため、モリキという会社を一まとめで考えても意味がないので、ワークライフバランスを重視する人は、自分の勤務先となる店舗の状況について、チェックすることが重要です。

 

なお、有給休暇に関しては、店舗にかかわらず、取得しづらいです。(薬剤師の人員体制がギリギリなので、どの店舗も余裕がないというのが、その理由です。)

 

また、同様の理由から、モリキは、薬剤師一人当たりの仕事量が多い会社なので、ハードワークを余儀なくされると考えてください。

 

ただし、近年では、会社として、就労環境の改善に取り組んでいるため、徐々に雰囲気が変わりつつあります。そのため、今後はワークライフバランスについても、改善が期待出来るので、転職を検討する時に、最新の傾向について把握しておくことをオススメします。

 

ワークライフバランス

 

株式会社モリキの転職先としての価値

ここまで株式会社モリキの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、自由度の高い職場なので、自分の力を試したい人にとっては、魅力的な職場と言えます。一方で、個人の業務量は多いので、そこにストレスを感じる人にとっては厳しくなります。

 

富士薬品傘下となったことで、企業としての安定性は増しましたし、給与条件も悪くありません。しかし、人によっては、雰囲気が合わないというケースもあるので、自分の価値観と照らし合わせながら、転職の決断を下すようにしてください。

 

最後に、モリキの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしておきます。彼らは、モリキの社内事情を把握しているので、転職すべきかどうか、相談してみるのもアリです。意見を求めれば、客観的な視点で、冷静にアドバイスしてくれます。

 

また、彼らは、様々な企業の求人を扱っているので、他社の求人について、尋ねてみるのもオススメです。モリキ以上に、自分に合う会社が見つかるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ聞いてみてください。

 

<モリキの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>