ココカラファイン

 

『ココカラファインって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、ココカラファインの就労環境について、まとめています。

 

現在、ココカラファインで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、ココカラファインの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

ココカラファインの会社概要

ココカラファインは、セイジョー、ジップドラッグ、セガメディクスといったドラッグストアを運営している企業ですが、近年、調剤事業にも力を入れるようになってきています。

 

長年、ドラッグストアを展開してきた経験を活かして、カウンセリングによる接客販売に重点を置いたサービスの提供を重視しているのが特徴です。

 

調剤薬局に関しては、調剤専門薬局だけではなく、ドラッグストアに併設する店舗の開設、医療モールへの出店といったことを推進しています。また、在宅医療にも力を入れており、在宅拠点薬局を増やしています。

 

ヘルス&ビューティー(健康&美)というコンセプトのもとに、OTC薬やサプリメントの販売にも力を入れており、この分野に関する顧客とのコミュニケーション能力(接客術)向上に関する研修制度が充実しています。

 

年収はどれくらい?

勤務経験3〜4年で年収500万円前後。賞与は基本給の2〜3ヶ月分。昇給は年1回数千円といった額になります。

 

これはモデル例ですが、年齢に関係なく、職務によって給与額が決まる制度となっているので、個人差があります。大きく収入をあげたければ、役職になることが必須です。

 

子育てに対する理解は? プライベートは?

産休・育休制度を取ることが出来て、休暇後の職場復帰も可能です。そういった点では子育てに対する理解があると言えますが、女性でも不規則勤務で、拘束時間も長いので、家庭と両立するのは大変な職場です。

 

子育て中の社員を対象にした時短勤務制度も取れますが、給与が減り、ボーナスも出なくなるということで、収入的にはかなり厳しくなってしまいます。

 

社内全体的にプライベートを重視するという雰囲気が少ないため、まとまった休みを取るのは難しく、残業も多めです。

 

スキルアップの機会は?

ココカラファインは幾つかの系統に分かれた研修制度が用意されています。薬剤師としてのキャリアに関する研修に関しては、調剤やOTC薬に関する知識を学んで、薬局長・トレーナー・ブロック長と昇進していく体制が整っています。

 

また、それとは別に、個々の目的に合わせて自由に受講出来る研修体制が整備されていますが、専門知識を深める研修だけではなく、カウンセリング手法を学ぶ研修、マネジメントを学ぶ研修が用意されており、薬剤師だけど調剤だけでは終わりたくないという人には理想的な研修内容となっています。

 

ココカラファインで働きたいという人が頭に入れておくべきこと

薬剤師であってもドラッグストア運営がメインなので、調剤のスキルについては、他社ほど向上しないというのが実情のようです。その反面、一般医薬品や化粧品に関する知識、接客スキルは身につきやすい環境です。

 

総合評価

残業が多く激務、まとまった休暇も取れないということで中途退社する人が多い会社です。社内の研修制度は整っていますし、早くから店長職にも就けるので、色々な経験を積んで転職することを考えている人にとっては、何の問題もない会社と言えますが、プライベート重視派には合わない職場かもしれません。