カメガヤの薬剤師中途採用事情

 

『カメガヤって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、カメガヤの就労環境について、まとめています。

 

現在、カメガヤで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、カメガヤの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

カメガヤの会社概要

横浜市に本社をおくドラッグチェーン、カメガヤ。2016年現在、横浜市・川崎市を中心として、ドラッグストア、化粧品専門店、バラエティストアなどを合計77店舗、展開しています。(ドラッグストアのうち15店舗が、調剤薬局併設型となっています。)

 

地域密着を掲げるカメガヤが展開する店舗は、東京都の2店舗(田園調布、町田)を除き、すべてが神奈川県に存在します。また、半数以上の店舗が横浜市内にあり、調剤薬局併設型は横浜市14店舗、川崎市1店舗となっています。

 

求人事情については、カメガヤは新卒・中途採用を問わず、常に薬剤師を募集しています。また、パート・アルバイトの求人も常時発生しているので、短時間勤務を希望する人でも、仕事に就ける可能性が十分にあります。

 

公式サイト内にある採用情報ページ内に、給与条件を含めた求人情報の詳細が掲載されているので、興味がある人は要チェックです。
http://job-gear.jp/kamegaya/index.htm

 

カメガヤの中途採用事情

先ほども触れたように、カメガヤでは薬剤師の中途採用を常時行っています。正社員の場合、配属先店舗は、入社後に決まるため、応募する時点ではわかりませんが、パート・アルバイトに関しては、現在、薬剤師を募集している店舗について、サイト上で確認することが出来ます。

 

ただし、カメガヤが展開する店舗は、横浜・川崎エリアに集中しているため、いずれにしても、勤務地は一定の範囲内におさまりますし、基本的には自宅から通勤圏内の店舗に配属されることになります。

 

また、勤務開始後、別店舗への異動となった場合にも、通勤圏内でおさまるように配慮してくれるので、転勤に伴う転居は無いと考えてください。地元で長く勤めたいということであれば、カメガヤは最適な会社です。

 

なお、中途採用に関しても、カメガヤは経験不問としているので、OTC販売の経験しかないけど、調剤業務にもチャレンジしたいという人や、薬剤師の資格取得後、仕事に就かないまま、数年が経過してしまったというような人でも大丈夫です。

 

カメガヤの社員年収・パート時給について

カメガヤにおける薬剤師の年収ですが、中途採用の場合、月給31万円(薬剤師手当を含む)を最低ラインとして、経験やスキルに応じて、給与が決定されることになります。正社員に対しては、年2回の賞与も支給されます。

 

また、チーフや店長など役職に就くと、役職手当がプラスされます。薬剤師の年収例をあげると、下記の通りとなります。

 

  • 27歳 年収500万円
  • 29歳 年収480万円
  • 37歳 年収520万円
  • 43歳 年収550万円
  • 33歳 店長 年収600万円
  • 38歳 店長 年収650万円

 

カメガヤでは残業ゼロを徹底しているため、通常は残業がありません。しかし、業務の都合上、どうしても残業が必要となる場合もあり、その時には、残業代が全額支給されることになります。

 

パート・アルバイトに関しては、時給制となり、店舗により多少の違いはありますが、だいたい2100円前後が最低時給額となります。経験豊富な人だと、さらに加算されますし、休日や夜間の勤務についても、時給アップとなるため、3000円以上の時給も十分に見込めます。

 

正社員・パートともに、給与と仕事のバランスに不満を感じる従業員が少ないことが、カメガヤの特徴です。また、そういった状況を反映してか、社員、非正社員に限らず、スタッフ間の雰囲気が良く、人間関係は良好です。

 

社員年収・パート時給

 

カメガヤの評価制度・キャリアアップについて

カメガヤの評価制度ですが、中途採用者が多い業界ということもあり、新卒と中途採用で、内容が変わるということはありません。全くの同一評価となります。(給与水準についても、新卒と中途採用で、差が生じるといったことはありません。)

 

ただし、カメガヤは、若い社員を重宝する傾向があり、どんどん若手にチャンスを与える会社なので、経験が浅い薬剤師でも、意欲次第でキャリアアップすることが可能な反面、30代、40代になると、頭打ちになるため、同じ業務の繰り返しになり、将来性という点で、不安を感じる社員が少なからず存在します。

 

また、昇給に関連する評価については、社内で明確な基準がないため、どのように評価されているのか不明に感じる従業員も多いのが実情です。

 

評価制度・キャリアアップ

 

カメガヤのワーク・ライフ・バランスについて

カメガヤでは、1日8時間労働の週休2日制(シフト制)が基本です。週に2日はきっちり休めますし、前述したように、残業はほぼゼロなので、プライベートとの両立がしやすくなっています。

 

有給についても、店舗による多少の違いはあるとしても、全体的には取得しやすく、同業他社と比較しても、就労環境は良好と言えます。

 

しかし、店長クラスになると、状況が変わってきます。閉店作業のための遅番が中心となり、休日出勤が余儀なくされたり、休暇中もスタッフからの電話がかかってくることが珍しくないため、一般従業員に比べると、プライベートが圧迫されやすい就労環境です。

 

ワークライフバランス

 

カメガヤの女性の働きやすさについて

薬局はもともと女性の多い職場ですが、カメガヤでは化粧品に力を入れていることもあり、女性社員比率が非常に高い会社です。そのため、男性社員と女性社員で、区別をするようなことは一切ありません。

 

昇給やキャリアアップについても、男女平等です。しかしながら、言い方を変えると女性だからという優遇もありません。小売業全般に言えることですが、食品など重い商品の品出しや、夜間の荷卸しなど、体力的に厳しい業務があることは、覚悟しておく必要があります。

 

なお、出産育児に関する休暇制度・時短勤務制度については、しっかり完備されています。男性にも育児参加を推奨している会社なので、社内全体の雰囲気として、育児に対する理解がある職場です。

 

結婚を理由に退職する社員は、いないですし、社員のみならずパート勤務者も出産後に復帰するケースが少なくありません。こういったことを踏まえると、カメガヤは、女性にとって働きやすい会社であると考えて間違いありません。

 

女性の働きやすさ

 

カメガヤの社内事情について、より詳しく知るには

ここまで、カメガヤの社内事情についてお伝えしてきましたが、このあたりの状況の変化は速いですし、薬局やドラッグストアの場合、店舗間の差も大きいので、少なくても、自分にとっての通勤圏内となる店舗については、転職前に最新の状況を把握しておくことが必須です。

 

ただし、このあたりの事情について、企業に直接問い合わせたとしても、どこまで詳しく教えてくれるのかは分かりません。(残業が多くなりがちなど、転職希望者にとって不利益となるような情報であれば、なおさらです。)

 

そのため、社内環境の実情について、把握する時には、転職会社を利用することをオススメします。彼らは転職のプロなので、このあたりの裏事情に精通していますし、他社の情報も押さえているので、同業他社と比較する形で、カメガヤの評価を確認することも出来ます。

 

最終的に、カメガヤへの転職を目指すとなった時には、給与などの条件交渉を代行してもらうことも出来るので、より好条件で転職するためにも、転職会社の存在は非常に重要です。

 

ぜひ、うまく活用してください。下記の転職会社であれば、薬剤師の転職支援に特化しているので、相談先として最適です。

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>