アポロメディカルホールディングスの薬剤師中途採用事情

 

『アポロメディカルホールディングスって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、アポロメディカルホールディングスの就労環境について、まとめています。

 

現在、アポロメディカルホールディングスで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、アポロメディカルホールディングスの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

アポロメディカルホールディングスの会社概要

東日本・関西地域を中心にアイランド薬局を展開しているアポロメディカルホールディングス株式会社。店舗の数は80以上に及ぶ大きな企業で、薬剤師の中途採用は常に募集がかかっている状態です。

 

医薬品業界売上高2位を誇るアルフレッサ・グループの子会社ということもあり、母体が堅実なことから、安定した企業へ勤めたいという人にとっても、ピッタリの会社と言えます。

 

新卒だけでなく、中途採用者向けの研修制度も充実しており、入社後に成長出来る機会がたくさんあるので、特に経験が浅い若い薬剤師にとっては、理想的な転職先候補として、検討する価値が十分にある会社と言えます。

 

このページでは、アポロメディカルホールディングスの中途採用求人の特徴や社員年収など、転職を考えている人にとって役立つ情報をまとめていますので、参考にしてください。

 

アポロメディカルホールディングスの中途採用事情

アポロメディカルホールディングスの中途採用は、正社員とアルバイトの2種類に分かれており、どちらも常に応募がかかっています。日本各地に店舗があることもあり、人員は常に不足している状況です。

 

そのため、新卒の採用にも力を入れている会社ではありますが、中途採用の募集がなくなることは、今後もまずないと言っていいでしょう。公式サイトでは、随時募集されていますし、店舗が個別に求人を出していることもあります。

 

アイランド薬局の公式サイトから応募する場合、最初に入力するのは必要最低限の情報だけです。中途採用と言うと、即戦力となる薬剤師を募集しているイメージがあるかもしれませんが、具体的な資格や経験の条件はありません。

 

経歴・資格を持っていたほうが有利ではありますが、人柄やヤル気を重視する会社なので、経験が浅くても気にする必要はありませんし、実務未経験でも採用される可能性は十分にあります。中途で入社した場合でも、店舗やエリアごとに研修を行うなど、育成制度が充実しているので、薬剤師としての成長は期待出来ますし、そのきっかけを与えてくれる会社と言えます。

 

ただ、応募の段階で勤務する店舗を指定することは出来ません。希望の都道府県を選択するだけになります。そもそも人員の過不足は店舗によって異なり、自分の希望通りの店舗に配属されるとは限らないので、その点の認識は必要です。

 

アポロメディカルホールディングスの年収について

アポロメディカルホールディングスにおいて、薬剤師として働く場合、実際の勤務先はアイランド薬局の各店舗ということになります。店舗によって年収に差があり、一概に平均年収を知るのは難しい状況です。

 

これは、店舗自体が全国各地に点在しており、地域による年収差が、どうしても発生してしまうからです。例えば、宮城県の求人では年収が350~500万円であるのに対して、東京都の応募では420~600万円という条件になっていたりします。

 

また、基本的には年俸制ではありますが、地域や店舗によって残業代がついたりつかなかったりするので、これも年収に大きな影響を与えると言っていいでしょう。

 

他の会社に比べると、基本給が少なめに設定されている傾向はあります。ただ、薬局長になればそれなりの年収が期待できますし、地方の店舗でも、年収700万を超えることは珍しいことではありません。

 

入社してからでも、年収を増やす術のある会社ですから、実際にもらう金額も、自分の頑張り次第ということが出来る会社です。

 

(※なお、パート・アルバイトだと、概ね2000円前後で募集がかかっており、それほど差はありません。)

 

薬剤師の年収

 

人事評価・昇給制度について

アポロメディカルホールディングスでは、年に2回、自己評価と上司の評価による人事評価が行われます。頑張る人が評価される仕組みになっていますし、形式上の評価ではなく、結果を出せば、実際に給与が上がるので、やり甲斐を感じながら、働くことが出来ます。

 

自己評価については、あらかじめ自分の目標を設定しておき、その目標に対して自分を評価すると言うものです。上司からの一方的な評価だけではないので、自分が出した結果を示すことが出来ます。もちろん、努力をすることが前提となりますが、「頑張っているのに報われない」という状況になりにくい制度と言えます。

 

人事評価・昇給制度

 

ワークライフバランスについて

アポロメディカルホールディングスのワークライフバランスは、同業他社に比べると優れていると言えます。もちろん、店舗によって状況が異なるため、一括りにして判断することは出来ません。店舗の営業日・時間は異なりますし、人員が足りていなければ、残業時間が増える可能性も出てきます。

 

ただ、薬剤師というハードな仕事のわりには、休みが取りやすかったり、残業が少なく、自分の時間を持つことが出来ている人が多いです。これは、良い意味で和気あいあいとした社風であり、助け合いながら仕事に取り組む環境が整っている会社であることが影響しています。

 

仕事の位置付けは人によって異なります。薬剤師として上を目指し、経験を積むために仕事を第一に考えている人もいれば、プライベートとのバランスを重視する人もいます。

 

異なる考えでも、お互いを尊重することができ、人材のバランスを上手く取れている店舗が多いため、ワークライフバランスも優れたものになりやすい傾向にあるというわけです。

 

ワークライフバランス

 

女性の働きやすさについて

アポロメディカルホールディングスは、女性従業員が多い会社です。その影響もあって、女性が働きにくいと感じる要因はあまり見当たりません。日々の業務はもちろんですが、産休や育休制度もきちんと整っていて、融通が利く会社と言えます。

 

実際に、産休や育休から復職する女性も少なくありませんし、薬局長の考え方にもよりますが、正社員でも時間短縮業務が可能な場合もあります。自分の希望が全て通るとは限りませんが、比較的、理解をされやすい環境にあるため、あまり不安になる必要はありません。

 

女性の働きやすさ

 

アポロメディカルホールディングスの転職に成功するためのポイント

前途のように、アポロメディカルホールディングスに転職する際には、複数の応募方法があります。本社の採用ページからエントリーする方法と、個別店舗の求人情報を探し、そこから応募する方法です。

 

どちらが良いかは、人によって異なります。そして、それを上手く見分けることが転職に成功する鍵とも言えます。本社の採用ページから応募すれば、複数の店舗を配属先として候補にすることが出来ます。

 

地域密着型の薬局は、扱う分野にどうしても偏りが生じてしまうというデメリットがあるため、自分が携わりたい業務が明確になっている場合には、選択肢のある本社への応募が適していると言えるでしょう。

 

ただし、全てが自分の希望通りになるわけではなく、残業の多い店舗に配属になってしまったり、人員が不足しがちな地方の店舗勤務になる可能性も否めません。逆に、個別店舗から応募をした場合、配属先の勤務地の心配をする必要はなくなります。

 

ただ、その店舗で設定されている勤務条件(年収、出勤スケジュール等)が最初から適用されるため、他の店舗と比較することが出来なくなります。店舗ごとに、休みや営業時間は異なりますし、地域によって勉強会を積極的に行うかどうかといったことも違ってきます。

 

複数の店舗を見比べて、自分の希望条件に合った店舗を選ぶといったことは出来なくなるので、労働条件を客観的に比較してから、働く店舗を決めたいという場合には、不向きと言えます。

 

残念なことに、これらの情報は入社前に、一個人が全てを知ることはまず不可能です。そこで、アポロメディカルホールディングスの実情を把握している転職エージェントに相談することをオススメします。

 

問い合せれば、すぐに教えてくれますし、他社の状況にも精通しているので、アポロメディカルホールディングス以上に自分に向いている会社があるかどうかなど、転職先選びについて、第三者の視点で、客観的なアドバイスを受けることも可能です。

 

下記のエージェントであれば、アポロメディカルホールディングスを含めて、薬剤師の転職支援実績を豊富に持っているので、相談相手として最適です。アドバイスは無料で受けられるので、気軽に話を聞いてみてください。

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 

 

※薬剤師の転職支援を行うエージェントは、ほかにも多数存在しますが、そのなかでも最大手となるのが、上記の7社です。これらのエージェントに相談しておけば、まず間違いなしです。