竹内調剤薬局の薬剤師中途採用事情

『竹内調剤薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、竹内調剤薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、竹内調剤薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、竹内調剤薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

竹内調剤薬局の会社概要

欧米諸国ではすでに確立されている、医療分業化。近年、日本でも、広まりつつありますが、そのパイオニアとして、早くから取り組みを開始している、竹内調剤薬局。

 

昭和33年、第1号店を湯島に開局してから、現在は関東を中心に、東北・東海・近畿の各地方に18店舗を展開しています。医療の最先端で活躍する、基幹病院の処方箋を専門に、多種多様な処方箋に対応してきた実績を持っています。

 

最先端な高度医療から依頼される処方箋は、高度な調剤技術が要求されます。そのため、3000品目に及ぶ薬剤を扱いながら、開発された新薬にも対応出来るように、日々、新しい知識・情報をキャッチアップすると同時に、技術を磨くことで、多様化する医療ニーズに応えています。

 

また、時代の流れに伴い、医療機関の一極集中化に伴う医療過疎化が、問題となっていますが、竹内調剤薬局は、この問題を解決するため、その地域の特性とニーズに焦点を当てて、地域に合った医療分業と薬局経営を試みています。

 

その一例が、東北の青森県十和田市立中央病院前に構える、十和田支店です。十和田地域のニーズに合わせて、運営されている十和田支店は、新しい形の医療分業として、様々な情報を周辺住民に向けて、発信しています。

 

このように、時代のニーズに対応した、医薬分業推進の中核的存在として、地域医療の活性化、在宅医療への参入など、幅広く活躍している薬局です。

 

このページでは、竹内調剤薬局で発生している、薬剤師の中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

竹内調剤薬局の薬剤師求人の傾向

竹内調剤薬局では、現在、正社員とパート職員の薬剤師を募集しています。公式サイト内に採用情報ページが開設されており、そのページにおいて、募集要項を確認することが出来ます。
http://www.takeuchichouzai.co.jp/recruit/recruit.html

 

また、採用ページには、エントリーフォームが用意されており、そこから必要事項を記入することで、そのまま応募することができます。

 

(公式サイトには、どの店舗で働くことになるのか、勤務地に関する記載はないので、この点については、直接、問い合わせて確認する必要があります。)

 

また、竹内調剤薬局では、薬剤師の転職支援を手掛ける転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらからでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な薬局、病院などからの求人案件を扱っているので、自分が希望する勤務地に出ているほかの求人のことについても知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので便利です。

 

このページの最後に、竹内調剤薬局の求人情報を扱う代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。(いずれも薬剤師の転職支援を専門とする会社なので、頼りになります。)

 

なお、竹内調剤薬局は、薬剤師の増員に積極的なので、応募条件に関しては、経験不問としており、薬剤師の資格があれば、基本的に誰でも応募可能です。

 

そのかわり、先ほども触れましたが、医療分業のパイオニアとして、多種多様な処方せんに対応している薬局なので、積極的に技術や知識を習得していこうという姿勢を持っているかどうかということを、面接の時に厳しくチェックされます。

 

そのため、学ぶ意欲があるということを、強くアピールするようにしてください。

 

薬剤師の給与体制について

竹内調剤薬局の給与体系ですが、基本給に諸手当、年2回の賞与が支給されるといったものとなります。

 

特徴としては、竹内調剤薬局は、手当が充実している会社であり、役職手当・薬剤師手当・職能手当・調整手当・住宅手当・出張手当・特別手当(地域により支給)・通勤手当(全額支給、上限3.2万円まで)など、様々な手当が用意されています。

 

また、手当以外の福利厚生面に関しても、社会保険が完備されているほか、退職金制度、厚生年金基金、社員割引制度などがあり、充実したものとなっています。

 

これらを含めた、竹内調剤薬局における薬剤師の給与水準は、正社員の場合、未経験者で年収400万円前後、2~3年程度の調剤経験者で年収500~600万円前後となっています。

 

経験者の場合、前職の給与額や実績、経験など考慮されるので、具体的な金額は変わってきますし、個人差が大きくなるので、注意してください。

 

パートに関しては、時給2000円からとなっており、こちらも、経験・実績によって、金額が変わってきます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、これまでの経歴によって、初任給が変わってきますが、ここは交渉次第という要素が強いので、仮に、竹内調剤薬局から提示された金額に不満があった場合、希望条件を伝えて、条件交渉を行うことをオススメします。

 

働き始めた後での交渉というのは、まず無理なので、納得がいかない時には、会社側が提示した金額を、そのまま受け入れてしまうのはNGです。

 

もし、こういった交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に、交渉の代行を依頼することを、オススメします。

 

彼らは、転職のプロなので、この手の交渉ごとには慣れており、うまく話を進めてくれます。個人で交渉を進めるより、プロにお願いするほうが、より希望額に近い金額を勝ち取れる可能性が高いので、ぜひ一度相談してみてください。

 

(稀に、交渉の結果、希望額以上になるケースもあります。)

 

薬剤師の就労環境について

薬剤師の就労環境についてですが、ここは店舗ごとに、状況が少し異なります。週休二日制(日・祝日休み)は、どの店舗でも共通ですが、勤務時間については、微妙に違いがあります。

 

また、ほとんどの店舗において、残業は発生していないようですが、1日の処方箋枚数が店舗ごとに異なることもあり、元々、対応枚数が多い店舗だと、仕事が立て込んだ時などに、残業が発生することもあります。

 

ただし、これも例外的なことではあるので、残業が少ない職場ということで、考えておいて大丈夫です。

 

注意点としては、竹内調剤薬局の場合、店舗によって、扱う処方箋の内容が異なります。例えば、都心では、総合病院の門前に構えることが多いので、広い分野の処方箋を扱うことになります。

 

一方、地方に行けば、個人病院の門前にあることが多く、特定分野の薬剤を取り扱うことが多くなりますし、ある店舗は内科・小児科がメイン、別の店舗では整形外科がメインというように、対応科目が変わってきます。

 

従って、どの店舗で働くかによって、自分が扱う薬剤が変わってくるので、店舗を選択する際には、このあたりも考慮しておいたほうがいいでしょう。

 

休暇体制については、竹内調剤薬局では、入社1年目の薬剤師に対しては、年間10日間の有給休暇が付与されるようになっており、事前の調整は必要であるにしろ、全消化することは可能のようです。

 

有給以外の特別休暇に関しては、夏季休暇・年末年始休暇が用意されており、これらを含めて、想定される年間休日は115日となっているので、休みに関しては、まずまずでしょう。

 

なお、竹内調剤薬局には、私用などで、早く退社したい時には、その分の労働時間を、別日に振り返ることが出来る『早上がり制度』を導入している店舗もあります。

 

成長環境について

社会環境や医療環境の動きに合わせて、薬剤は日々、新しく変化していることから、その変化に対応していくため、薬剤師自身も、日々、自分のスキルを磨いていく努力が必須です。

 

竹内薬局では、社内勉強会、製薬会社の営業担当者を交えた学習会が定期的に開催されていますし、薬局長によるマンツーマン指導も行なっています。

 

このマンツーマン指導は、一対一で、面と向かって行われることになるので、経験年数が浅い社員にとっては、日々の疑問に思っていることを、直接教えてもらえる、格好の機会となっているようです。

 

また、竹内調剤薬局は、日本薬剤師会が主催する薬学大会にも積極的に参加しており、そこで得た情報を社内にフィードバックする発表会も、行われています。

 

しかし、勉強はあくまでも、個人での学習努力が基本軸となります。特に、中途採用者の場合、新人のように、手取り足取り教えてもらえるような機会は少ないので、必要なことは自分自身で学んでいくことになります。

 

これは、どこの職場でも同じですが、自分から学ぶ姿勢が大切ということは、忘れないようにしてください。

 

なお、成長環境という観点で、竹内調剤薬局を見た場合、店舗によって、仕事を通じて得られる経験の内容が大きく違ってきます。

 

総合病院の門前であれば、多種多様な処方箋を扱うので、様々な知識・スキルが身に付きやすい反面、個人病院の門前だと、特定の科目を取り扱うことにはなるので、どうしても、広がりに欠けるという一面があります。

 

スキルアップに繋がりやすい職場を探している人は、この点には注意するようにしてください。

 

女性の働きやすさについて

竹内調剤薬局は、残業がほとんどない職場なので、小さな子どもを持つママ薬剤師にとっても、働きやすい店舗が多いです。また、本人が希望しないかぎり、転勤がないというのも、家庭を持つ女性にとっては、魅力の一つです。

 

もちろん、薬剤師という職業がら、仕事の内容や責任分担に関して、男性と女性で差がつくことはないですし、女性薬剤師であっても、薬局長、店長とスキルアップを目指すことも可能なので、キャリア志向が強い人にもオススメです。

 

なお、竹内調剤薬局は、ブランク空けの人を採用している会社なので、薬剤師として、現場に復帰したいという人にもオススメです。

 

竹内調剤薬局の転職としての価値

ここまで、竹内調剤薬局の就労環境について、様々な観点から、お伝えしてきましたが、印象としては、いかがだったでしょうか。給与はまずまずですし、福利厚生面もしっかり整っているので、条件面は悪くありません。

 

店舗により、多少、忙しさに違いがありますが、基本的に残業がない会社なので、就労環境に関しても問題はなく、転職を検討するだけの価値が、十分にある会社だと思います。

 

医療分業化のパイオニアとして、様々なことに挑戦している薬局でもあるので、薬剤師として、成長出来るチャンスが多々あるというのも、竹内調剤薬局の魅力です。

 

しかし、東京首都圏をはじめとして、都市部に店舗が多いこともあり、同じエリアで、色々な薬剤師の求人が見つかるはずなので、この会社だけにとらわれず、他社の求人とも比べてみたうえで、最終判断を下すことをオススメします。

 

下記に、竹内調剤薬局の薬剤師求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、様々な調剤薬局、ドラッグストア、病院からの薬剤師募集案件を保有しているので、ぜひ、他社の求人情報についても、話を聞いてみてください。

 

(地域によっては、製薬会社やCRO会社などからの求人を紹介してもらうことも可能です。)

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>