ダルマ薬局の薬剤師中途採用事情

『ダルマ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、ダルマ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、ダルマ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、ダルマ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

ダルマ薬局の会社概要

宮城県を中心に、秋田県・福島県を除く、東北4県と栃木県において、店舗を展開している、ダルマ薬局。仙台市に本社を置き、昭和21年の創業以来、好調な業績を維持しており、特に宮城県においては、県内トップクラスの業績を、長年に渡って維持しています。

 

平成24年には、マツモトキヨシホールディングスグループの傘下に入り、その3年後に、運営会社が、マツモトキヨシ東日本販売に吸収合併されましたが、合併後も、ダルマ薬局の名前で、そのまま営業を続けています。

 

元々は、OTC医薬品の販売をメインとしていた薬局ですが、合併をきっかけに、処方箋調剤を行う店舗を増やしています。とは言っても、まだまだ、OTC特化型の店舗のほうが多いので、調剤薬局というよりは、ドラックストアチェーンと考えたほうがいいでしょう。

 

このページでは、ダルマ薬局で発生している、薬剤師の中途採用求人の傾向、及び、薬剤師の年収・給与水準、就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

ダルマ薬局の薬剤師求人の傾向

現在、ダルマ薬局では、正社員とパート職員・アルバイトの薬剤師を募集しています。公式サイト内に採用情報ページが開設されており、そのページにおいて、募集要項について、確認することが出来ます。
http://www.r-matsukiyo.com/mk_group.php

 

応募条件については、薬剤師免許があれば、未経験者でも応募可能となっているので、基本的に誰でも応募出来ますが、当然、経験者のほうが歓迎され、条件面でも優遇してもらえます。(ダルマ薬局は、慢性的に薬剤師が不足しているので、特に、経験者を優遇する傾向があります。)

 

採用情報ページには、応募フォームが設置されており、必要事項を記入して提出することで、そのまま応募することが出来ます。(ダルマ薬局は、電話での応募も受付けています。)

 

なお、ダルマ薬局では、一括採用となるため、事前に勤務地を把握することは出来ません。応募時に、希望勤務地を指定するようになっていますが、必ずしも、希望する店舗に配属されるとは限らないので、そこは注意してください。

 

ちなみに、ダルマ薬局では、転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらからも求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社ともに、掲載されている内容には変わりありませんが、転職会社の場合、薬剤師向けの様々な求人案件を扱っているので、ほかの求人のことについても、知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので便利です。

 

このページの最後に、ダルマ薬局の求人情報を扱う代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

※補足
転職会社の場合、店舗単位での募集となりますが、ダルマ薬局の場合、必ずしも、募集元の店舗で、採用されるとは限らず、状況によっては、別店舗に配属されるケースもあるので、勤務先については、事前にしっかりと確認するようにしてください。

 

薬剤師の給与体制について

ダルマ薬局の給与体系ですが、基本給に加えて、役職手当、残業手当、資格手当、交通費、及び、年2回の賞与が支給されるといった内容となります。(ダルマ薬局では、基本給は基本年俸、賞与は業績年俸と呼ばれています。)

 

基本年俸は、経験や能力に応じて、業績年俸は会社の業績や個人評価に応じて、それぞれ算出されており、経験や実力・実績に応じて、個人差が生じます。社員間の差は、けっこう、大きな差額になるので、実力主義の給与体系と言えます。

 

福利厚生に関しては、社会保険完備のほか、確定拠出年金制度、共済保険、持株会、転勤借上住宅(個人負担なし、特別勤務手当最大5万円支給)、買い物割引(10%オフ)などが用意されており、充実した内容となっています。

 

なお、ダルマ薬局の給与水準は、役職なしの薬剤師で、475万~550万円、管理薬剤師・薬局長で、550~700万円です。店長になると、700万前後、課長だと、1100万前後までは見込めます。

 

パートに関しては、時給2000円~3000円となっており、全員一律で、同額でのスタートとなる店舗もあれば、本人の経歴に合わせて、時給を決める店舗もあるなど、店舗ごとに異なります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、これまでの経験や実績によって、基本年俸が算出されることになりますが、交渉次第で、具体的な金額が変わることが少なくないので、ダルマ薬局から提示された金額に納得がいかない時には、希望条件を伝えて、条件交渉を行うことを、オススメします。

 

ダルマ薬局の場合、実力主義の会社なので、入社後の勤務実績次第で、給与を上げる余地はあるのですが、年俸をベースに、昇給額が計算されるため、やはり、入社時の給与額というのは、重要です。

 

納得がいかないまま、契約してしまうと、後々、後悔することになりかねないので、注意してください。こういった交渉ごとが苦手であれば、前述した転職会社に依頼することも出来ます。

 

彼らはこの道のプロであり、条件交渉にも慣れているので、うまく話を進めてくれます。交渉ベタな人が、無理に自分で交渉を行うより、良い結果に落ちつく可能性が高いので、ぜひ、一度相談してみてください。

 

薬剤師の就労環境について

ダルマ薬局では、変形労働時間制となり、原則実働8時間(休憩60分)でのシフト勤務となりますが、具体的な勤務時間については、配属先の店舗によって異なるので、個別に確認するようにしてください。

 

週休二日制で、有休に加えて、特別休暇(7日)、連続休暇(6日)など、まとまった休暇を取れる機会が用意されているなど、ダルマ薬局の就労環境は良好です。

 

残業については、店舗により状況が異なりますが、多くても、月に20時間程度なので、それほど気にする必要はありません。なお、ダルマ薬局では、残業代は、実働分が全額支給です。

 

成長環境について

マツモトキヨシグループは、かなり充実した研修・教育制度を整備しており、それはダルマ薬局においても、そのまま適用されています。

 

職種別の専門研修と階層別研修の2つが柱となりますが、おざなりの内容ではなく、中身の濃い教育プログラムとなっています。(管理職を対象とした、マネジメント研修も用意されています。)

 

中途採用者向けの導入研修も用意されているので、実務経験がないという人でも、問題なく、仕事を始めることが出来ます。

 

また、ダルマ薬局では、認定薬剤師の資格取得を奨励しており、取得対策講座が用意されていて、希望者は自由に受講出来ます。そのほか、通信講座や各種セミナーなどもあり、その気になれば、幾らでも学びの機会を得られる会社です。

 

さらに、ダルマ薬局には、勤続年数が長い登録販売者、薬剤師が多く、そういった人だと、知識・経験の量が豊富なので、彼らから教えてもらえることも多いです。

 

ちなみに、ダルマ薬局は、ドラックストアをメインで経営してきた会社なので、調剤部門よりドラックストア部門のほうが、教育制度は、充実した内容となっています。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師というのは、元々、男女差がなく、平等で働ける職業ですが、それはダルマ薬局においても、同様であり、仕事の内容・昇進のペースに関して、男女差はなく、フェアであり、キャリアアップを目指す女性にも、オススメの会社です。

 

また、ダルマ薬局は、育児支援体制が充実している会社でもあり、産前産後休暇・育児休暇は、自由に取得出来ます。

 

ちなみに、育児休暇は子供が1歳半になるまで、取得可能ですし、その後は、子供が小学6年生になるまで、短時間勤務を選択することが出来ます。

 

育児休暇からの復職率が95%と高く、子育て中のママ薬剤師が多い会社なので、そういった意味でも、働きやすいでしょう。

 

ダルマ薬局の転職としての価値

ここまで、ダルマ薬局の就労環境について、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

ダルマ薬局は、調剤業務を行なっていない店舗が多かったため、どちらかというと、OTCに強い傾向がありますが、そこに特化した知識を持つ先輩スタッフが多数存在するので、この分野を深めたいという人にとっては、魅力的な環境かと思います。

 

慢性的に人手不足に陥っている店舗が多いことから、残業が発生したり、雑用や事務作業などをこなさなければいけなくなったりといったことはありますが、給与面や福利厚生面が充実していることを考えると、転職先候補として、検討するだけ価値が十分にある会社と言えるでしょう。

 

(先ほども触れたように、残業が発生するとはいっても、それほど多いわけではありません。)

 

下記に、ダルマ薬局の薬剤師求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、ほかに、こういったことが知りたいということがあれば、直接、問い合わせてみてください。

 

また、転職会社は、様々な調剤薬局、ドラックストア、病院からの薬剤師募集案件を保有しているので、興味があれば、他社の求人についても、話をしてみてください。(ダルマ薬局以上に、魅力的な求人を紹介してもらえるかもしれないです。)

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>