薬剤師から医療経営・コンサルティング分野に転職するという選択肢

 

薬剤師という資格を活かして、他業種に転職すると考えた場合、このところ、地道に増えていているのが、医療・ヘルスコンサルタントという職種です。医療機関や医薬品・医療機器メーカーが抱える経営課題に対して、具体的な解決策を立案・提示するのが、主な役割となる仕事です。

 

メーカーに対するコンサルティング

メーカーに対しては、新製品の開発体制構築支援、新規事業立ち上げ支援、M&A戦略・策定支援、他社アライアンスサポートなどを行うことになりますが、そのなかには、希少疾病領域に焦点を当てたものもあり、業務を遂行するうえでは、その領域に関する専門知識が必須となります。

 

そのため、医師や看護師、薬剤師といった医療分野に長年、携わってきたプロが、コンサルタントとして採用されるということになってきています。

 

医療業界も生存競争が厳しくなってきており、生き残るために、事業再編を積極的に進めている企業が多いため、コンサルティングの需要は増加しており、それに伴い、コンサルタントを募集する求人も増えてきています。

 

医療機関に関するコンサルティング

一方、医療機関に対しては、経営改善コンサルティング、業務改善コンサルティングといったものが主軸となってきています。

 

いかに効率良く、病院を運営出来る体制を構築出来るかというのが、課題となりますが、的確にアドバイスするためには、院内業務に対する知識が不可欠となり、医療業界での勤務経験者が重宝されています。

 

薬剤師の有資格者も高く評価されているので、MRや看護師、医師と合わせて、募集がかけられています。

 

コンサルタントは年収が魅力

調剤業務に慣れて、飽きを覚えてきた人、違うことに挑戦したいという人にとっては、コンサルタントという職業は魅力的なものになると思いますが、同時に収入という点でみても、魅力を感じる職業と言えます。

 

元々、コンサルタントというのは高年収の職種ですが、医療コンサルタントというのは、専門性が高いため、さらに高額となります。コンサルタント経験がない未経験者でも、600万円前後が出発点となるケースが多いです。

 

薬剤師としての勤務年数が長い人や、管理薬剤師として働いている人だと、もしかしたら、600万円以上の収入を得ているかもしれませんが、これ以上の伸びというのは、あまり期待出来ないと思います。(伸びて、700万前後というのが、上限値でしょう。)

 

一方、コンサルタントというのは、実績を積んでいけば、数年で1000万以上の年収に到達するのも珍しくありません。マネージャークラスとなれば、1500~2000万といった金額も見えてきます。

 

もちろん、これだけのレベルに到達するのは、決して簡単なことではありませんが、可能性があること自体が、調剤薬剤師では有り得ないことなので、そう考えると、取り組むだけの価値がある職業と言えます。

 

コンサルタントからの転職というキャリアパス

コンサルタントという職業は、事業運営・会社経営に直結する領域にかかわることになるため、自然に経営感覚が磨かれます。こういった人間は貴重な存在ですから、実績を挙げたコンサルタントというのは、民間企業から経営幹部として、ヘッドハンティングされるケースが多々あります。

 

社長候補としての転職となるケースもありますし、若い人の場合、経営企画部に入って、縁の下の力持ち的なポジションから、会社経営に関与して、数年後、上級管理職にステップアップするといったこともあります。

 

いずれにしても、キャリアアップという視点でみれば、将来はさらに開けることになります。調剤薬剤師というのは、安定した職業ではありますが、キャリアアップを目指そうとすると、頭打ちになってしまいやすい仕事とも言えます。

 

もし、あなたが、将来に対して閉塞感を覚えているのであれば、コンサルタントという選択肢について、一度考えてみてください。

 

なお、こういった求人は、薬剤師専門の転職会社では、あまり扱っていません。それよりも、コンサルティング業界を得意とする転職会社に相談したほうが賢明です。下記の会社であれば、医療コンサルタントの取り扱い実績も豊富なので、是非一度相談してみてください。

 

<コンサルタント業界に強い転職会社>