うさぎ薬局の薬剤師中途採用事情

『うさぎ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、うさぎ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、うさぎ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、うさぎ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

うさぎ薬局の会社概要

このページでは、株式会社七草堂が運営している、うさぎ薬局について、まとめています。静岡県を中心に店舗を展開している、株式会社うさぎ薬局とは違うので、注意してください。

 

なお、株式会社うさぎ薬局が運営する『うさぎ薬局』については、下記のページにまとめているので、そちらを参照にしてください。
https://www.nasugbuchurch.com/yakkyoku/2141/

 

熊本県において、『うさぎ薬局』の店舗名で、調剤薬局を6店舗、運営している、株式会社七草堂。平成13年の設立以来、地域密着型の調剤薬局として、事業を展開してきています。

 

リハビリデイサービスの運営事業を手掛ける会社でもあるため、うさぎ薬局においても、介護予防を意識して、利用者の健康維持、生活の質の向上に取り組んでいます。

 

店舗数が少ないため、薬剤師を募集する求人の数というのは、限られてきますが、それでも、常時、いずれかの店舗において、募集がかかっているので、転職のチャンスは存在します。

 

このページでは、うさぎ薬局における、中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

うさぎ薬局の薬剤師募集求人の傾向

うさぎ薬局では、正社員、パート職員の2つに分かれる形において、薬剤師を募集しています。未経験・ブランクがある人でも応募可となっているので、基本的には、薬剤師の免許さえあれば、誰でも気軽に応募することが出来ます。

 

ただし、そうはいっても、実績があると高く評価されやすく、優先的に採用される可能性が高いですし、給与をはじめとする待遇面においても、経験者は、優遇されることになります。

 

特に、正社員については、この傾向が強いので、注意してください。(パートだと、このあたりは、緩いです。)

 

求人情報の入手方法

株式会社七草堂の公式サイト内に、採用情報ページが用意されており、そのページにおいて、募集要項を確認することが出来ます。
http://usagi-pharmacy.net/recruit.html

 

応募方法は、本部事務所に電話連絡した後、応募書類を郵送するといった形になります。

 

また、うさぎ薬局は、転職会社経由でも、薬剤師を募集しており、そちらから問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、薬剤師を募集する様々な求人案件を扱っているので、うさぎ薬局以外の求人のことについても、知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、うさぎ薬局の薬剤師求人を扱う、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の給与体制について

うさぎ薬局の給与体系ですが、基本給に諸手当、賞与が支給されるといった、ごく一般的なものとなります。その手当ですが、通勤手当(上限2万円まで)、定額残業手当(66951円~75999円)、役職手当、休日勤務手当などがあります。

 

賞与については、年に2回(7月・12月)の支給となりますが、具体的な支給額については、業績や勤務成績によって、変わってきます。

 

昇給は年に1回(4月)で、ここも賞与と同じように、本人の実績によって、昇給額が決まることになります。(実績が悪ければ、昇給がなしというケースもあり得ます。)

 

ちなみに、うさぎ薬局では、パート職員であっても、昇給がありますし、賞与についても、正社員と同じ時期に支給されており、待遇面は、他社よりも上です。(少なくても、熊本県内で、同条件の会社を探すのは、困難です。)

 

福利厚生面に関しては、各種社会保険、薬剤師賠償保険が完備されているほか、退職金制度(勤続5年以上)が用意されています。

 

こういったものを全て含めたうえでの、うさぎ薬局に勤務する薬剤師の給与水準ですが、年収450万~550万というのが、おおまかな目安となります。パート職員だと、時給2000円~2500円です。

 

正社員の場合、年収差というのは、もちろん、本人の能力や勤務年数などが原因で、生じることになるのですが、それに加えて、手当も関係してきます。

 

うさぎ薬局では、店舗ごとに、勤務日数、勤務時間が違っており、それに応じて、手当の支給額が変わってくるからです。

 

そのため、収入にこだわるのであれば、各店舗の状況について、個別にチェックしておいたほうがいいです。(問い合わせれば、すぐに教えてもらえるはずです。)

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や、これまでの経験・実績により、基本給が算出されることになりますが、ここは、交渉次第で変わってくるという要素もあります。

 

そのため、うさぎ薬局から提示された金額に、納得がいかない時には、自分の希望額を伝えて、納得出来るまで話し合うことをオススメします。

 

もし、こういった交渉ごとが不得手ということであれば、前述した転職会社に、交渉を代行してもらうことも可能です。

 

彼らは転職のプロなので、こういった交渉ごとに慣れており、スムーズに話を進めてくれます。

 

100%希望通りというのは、さすがに難しいのですが、何らかの上積みを勝ち取ってくれる可能性は、十分にあります。

 

少なくても、慣れない人間が無理に交渉を行うよりも、よほどうまくいくので、交渉下手な人の場合、無理に自分で対処しようとせず、最初から転職会社に、サポートをお願いしたほうが、無難です。

 

(下手に、自分で進めると、会社側の心象を悪くして、かえって状況が悪化してしまうかもしれません。)

 

依頼すれば、快く引き受けてくれるので、ぜひ、一度、相談してみてください。

 

就労環境について

うさぎ薬局の就労環境ですが、日曜・祝日休みが基本となり、それ以外に月1回の休み、もしくは、月2回の半日休みが加わるという形になります。実質的に週休1日+αということになるので、休みは少ないです。

 

また、夏季休暇・冬季休暇、会社指定日、有給休暇(3~10日)などが用意されていますが、それらを合わせても、うさぎ薬局の年間休日数は、80日前後となります。

 

普通、薬局やドラッグストアの場合、110~130日ぐらいにはなるので、これを見ても、うさぎ薬局は、休みが少ない会社と言えます。

 

勤務形態については、月~金曜日が9時~18時、土曜日は9時~13時が、就労時間となりますが、1店舗あたり、2~3名の薬剤師で回しているので、一人あたりの労働量は高くなりがちです。

 

(店舗によっては、そのうちの一人がパートスタッフというケースもあります。)

 

残業時間については、月平均10時間ほどなので、長時間労働とは無縁の会社ですが、休みが少ないので、転職先を決める際に、ワークライフバランスを重視する人には、あまりオススメ出来ない会社です。

 

なお、業務内容は、どの店舗も調剤がメインになりますが、店舗によっては、介護施設への、医薬品の配達・管理業務にも携わることになります。

 

※補足
パートの場合、当然、シフト勤務となりますが、スケジュール調整については、融通を効かせてくれるので、正社員とは逆に、自由に休みも取れて、働きやすいと感じると思います。

 

成長環境について

うさぎ薬局の教育体制ですが、中途採用者向けに、用意されたカリキュラムは、何もありません。唯一、e-ラーニング講座が用意されており、そちらで勉強することが出来るぐらいです。

 

あとは、外部研修や学会などに、個人で参加して勉強していくことになります。

 

ただし、先ほども触れたように、うさぎ薬局は、少ない人数で、現場を回しており、一人が負担する仕事の量が多いので、それだけに、得られる経験値の量というのも、大きなものとなり、必然的に、知識・スキルを磨くことが出来ます。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師というのは、男女が平等の立場で働ける仕事ですが、それは、うさぎ薬局においても、同じです。

 

仕事の役割分担は、性別に関係なく、本人の実力・スキルに応じて、決められていますし、昇進の機会に関しても、女性だからといって狭まることはないので、キャリア志向が強い女性でも、やり甲斐を得られる職場環境です。

 

一方、育児支援体制については、産前・産後休暇、育児休業制度などは用意されていますが、時短勤務制度はないので、正社員の場合、復帰後には、フルタイムで働くことになります。

 

元々、休みが少ない会社であり、小さな子供を抱える女性にとっては、大変な部分もあると思いますので、その点は注意してください。

 

なお、どうしても、フルタイムで続けるのは、難しいという時には、一時的に、パート勤務に切り替えて働くことは、認められているので、収入が落ちても問題ないということであれば、こういった働き方もあります。

 

うさぎ薬局の場合、パートでも、賞与がもらえるなど、待遇はほかの薬局よりも、断然良いので、パートで働くのであれば、このまま、うさぎ薬局で勤務を続けることをオススメします。

 

うさぎ薬局の転職としての価値

ここまで、うさぎ薬局の就労環境について、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

残業はそれほど多くはないものの、休日が少ない会社なので、仕事だけでなく、自分のプライベートも大切にしたいという考えを持つ人にとっては、あまり魅力を感じることはないかもしれません。

 

また、給与の伸び率が、それほど高くないので、特に、経験がある人にとっては、他社の求人をあたったほうが、より満足出来る仕事が見つかるかもしれません。

 

こんなふうに書いていくと、『この会社は止めておいたほうがいいのかも』と思われるかもしれませんが、決して、そんなことはありません。

 

待遇面に関しては、一般的な水準を満たしていますし、繰り返しになりますが、残業は少ない会社なので、平日には、自分の時間を取れるというメリットもあります。

 

ただし、この会社にすべきと断言出来るだけの、大きな魅力があるわけではないので、やはり、他社の求人とも比較したうえで、転職するかどうか、決断するようにしたほうが、賢明です。

 

下記に、うさぎ薬局の求人案件を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは様々な企業からの求人案件を押さえているので、ぜひ、他社の求人についても、話を聞いてみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 

 

※補足
ここまで、何度も触れていますが、うさぎ薬局は、パートで働くと仮定した場合には、かなり恵まれた環境なので、参考までに、他社の求人をチェックするのもいいのですが、恐らく、うさぎ薬局にしようという結論になると思います。