うさぎ薬局の薬剤師中途採用事情

『うさぎ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、うさぎ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、うさぎ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、うさぎ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

うさぎ薬局の会社概要

このページでは、株式会社うさぎ薬局が運営している、うさぎ薬局について、まとめています。熊本県に店舗を展開している、株式会社七草堂とは違うので、注意してください。

 

なお、株式会社七草堂が運営する『うさぎ薬局』については、下記のページにまとめているので、そちらを参照にしてください。
https://www.nasugbuchurch.com/yakkyoku/2145/

 

静岡県を中心に、東海地方、関東地方において、30以上の店舗を展開する、中堅薬局チェーン、うさぎ薬局。平成11年の設立以来、地域密着型の薬局として、店舗を運営しています。

 

処方箋調剤がメインとなりますが、親会社である、株式会社うさぎ薬局が、10年ほど前から介護事業に参入していることもあり、今後は、在宅訪問にも力を入れることが、計画されています。

 

同時に、マーケット開発部門の基幹部署を東京に置き、事業の拡大を積極的に進めており、将来的には、全国各地へ店舗を展開するという計画もあります。

 

こういった事情から、うさぎ薬局は、薬剤師に対する求人需要が高い会社であり、中途採用の求人についても、常時発生しています。

 

このページでは、株式会社うさぎ薬局が運営する『うさぎ薬局』における、薬剤師の中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

うさぎ薬局の薬剤師求人情報

うさぎ薬局では、正社員・パート職員(非常勤)の薬剤師を募集していますが、どちらも、未経験者が応募可能となっているので、薬剤師の資格があれば、誰でも応募することが出来ます。

 

求人情報の入手方法

うさぎ薬局の公式サイト内に開設されている、採用情報ページに、中途採用の募集要項、及び、薬剤師を募集している店舗の一覧が掲載されているので、そちらから、詳細について、確認することが出来ます。
https://usagipharmacy.com/recruit/pharmacist/

 

また、うさぎ薬局は、中途採用に関しては、転職会社経由でも、薬剤師を募集しているので、そちらに問い合わせる形でも、求人情報を入手することが可能です。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、薬剤師を募集する様々な求人案件を保有しています。

 

うさぎ薬局以外の求人のことについても、知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので、自分で探す手間が省けて便利です。

 

このページの最後に、うさぎ薬局の薬剤師求人を扱う、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の給与体制について

うさぎ薬局の給与体系ですが、基本給に各種手当、年2回の賞与(2月、8月)が支給されるといった、ごく一般的なものとなり、昇給は年1回(7月)となります。

 

福利厚生については、各種社会保険制度、薬剤師賠償保険が完備されているほか、借上社宅制度(適用条件あり)、退職金制度、社員持株会、社員購入割引制度などが用意されており、かなり充実しています。

 

給与水準としては、正職員だと、未経験者で年収390万~450万、経験年数3~5年程度で500~600万円、管理薬剤師、店長クラスになると700万円前後になるというのが、おおまかな目安です。

 

静岡県内における薬剤師の給与水準と比較すれば、高めと言えますが、うさぎ薬局の場合、住宅手当や家族手当、通勤手当などがないため、他社と比較する時は、この点を考慮するようにしてください。

 

なお、パートに関しては、時給2000円~2500円といったところです。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や実績などを考慮する形で、基本給が算出されますが、具体的な金額は、交渉により変わってきます。

 

そのため、うさぎ薬局から提示された金額に満足出来ないようであれば、希望条件を伝えて、納得出来るまで交渉することをオススメします。

 

一度決まってしまった金額は、その後、なかなか変更することは難しいうえ、賞与にも大きく響いてくるので、中途半端には妥協しないことです。(入社後、後悔することになりかねません。)

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼することをオススメします。

 

彼らは、転職のプロなので、こういった交渉ごとには慣れていますし、スムーズに話を進めてくれます。結果として、好条件で決まるケースは多いですし、稀に、自分が希望する条件以上の金額になることもあります。

 

サポートを依頼すれば、快く対応してくれるので、一度、転職会社に連絡を取って、相談してみてください。

 

就労環境について

うさぎ薬局の勤務形態は、日曜・祝日が固定休となる、変則的な週休二日制になります。(店舗によっては、日曜以外にも、休業日が設定されているケースもあるので、この点については、個々に確認するようにしてください。)

 

勤務時間は、平日9時~18時30分、土曜日は9時~13時勤務となり、このなかで週40時間のシフトで働くことになります。(一部の店舗では、18時までとなります。)

 

残業時間は月平均5時間程度で、たいてい、定時で帰宅出来ますが、残業手当が支給されないので、残業が発生した時には、サービス残業という扱いになります。

 

休暇体制については、有給休暇に加えて、夏季休暇(3日)、年末年始休暇(5日)、慶弔休暇、特別休暇が用意されており、これらを合わせた年間休日が、おおよそ110日前後になるので、まずまずです。

 

また、この会社独特のユニークなものとして、資格試験対策の勉強に充てられる『受験休業』という、休暇制度が用意されており、最大で3ヶ月間、休みを取ることが出来ます。

 

うさぎ薬局では、1店舗あたり、約2~3名の薬剤師で業務を回しているので、有休の取得やシフトの変更などについては、事前調整が必要で、大変な面もありますが、残業や休日出勤はゼロに近いので、ワークライフバランスを大切にする人にとっても、まず満足出来る職場と言えるでしょう。

 

業務内容は、調剤がメインとなりますが、全自動錠剤包装機や散剤監査システムを導入するなど、業務の効率化が徹底されており、そこで余った時間は、カウセリングや服薬指導に充てられるようになっています。

 

ちなみに、応需する処方箋の内容は、店舗によって、多少異なります。一定期間を過ぎた時点で、異動が発生することがある会社なので、マンネリを避けたい、色々なことを経験したいということであれば、自分から店舗異動を志望するのもアリです。

 

成長環境について

うさぎ薬局は、社員教育に力を入れており、それは中途採用者に対しても、変わりありません。

 

具体的には、転職時には、OJT研修が念入りに行われるほか、その後は、階層別研修、メーカー研修会、薬剤師会定期講習会が定期的に開催されていますし、学会に参加して発表するような機会もあります。

 

また、認定薬剤師の資格取得を支援する制度もあり、ここで前述した3ヶ月の受験休業が適応されることになります。

 

薬剤師としての実践的なスキルを一通り、身につけた後は、管理薬剤師や店舗マネージャーを目指すことが可能であり、会社側もそういった人材を育成することを重視しているので、全面的にバックアップしてくれます。

 

先ほども触れたように、色々な店舗で働くことで、幅広い経験を積むことが出来ますし、在宅訪問に注力することも可能です。

 

また、うさぎ薬局は、独立開業支援制度を設けて、自分で店舗を運営したいという人に対して、必要なノウハウを提供していますし、開業資金の援助も行っています。

 

この制度を利用して、うさぎ薬局のフランチャイズ店の経営者として、活躍している元社員もいます。

 

このように、うさぎ薬局は、社員のキャリア形成を熱心に支援しており、自分の将来像が明確な人にとっては、このうえない恵まれた環境と言えます。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師という仕事は、男女関係なく、平等の立場で働ける職種ですが、それは、うさぎ薬局においても、同様です。

 

性別に関係なく、本人の実力・適性に合わせて、仕事が割り当てられていますし、昇進の機会についても、男女平等なので、キャリア志向が強い女性にとっても、やり甲斐を持てる職場です。

 

また、産前・産後休暇制度、育児休業制度、時短勤務制度など、子育て支援制度が充実しているので、仕事と子育てを両立させることに関しても、支障はありません。

 

ただし、フルタイムで働くとなると、シフトの融通や有休消化の自由度は低いことから、家庭の都合で気軽に休みを申請することは、厳しいと考えておいたほうがいいです。

 

うさぎ薬局の転職としての価値

ここまで、うさぎ薬局の就労環境について、様々な角度からお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

教育制度やキャリア開発の支援制度が、非常に充実している会社なので、薬剤師としてのキャリアを、真剣に追求していきたいという人だと、かなりの魅力を感じると思います。

 

一方、給料や休みの取りやすさなどを、最優先する人にとっては、うさぎ薬局は、決して悪いわけではないのですが、『この会社にしよう!』と、即断出来るほどの条件とは言えないというのが、正直なところでしょう。

 

特に、東京首都圏であれば、うさぎ薬局以上に好条件の職場が、多数存在するので、他社の求人と比較検討したうえで、転職するかどうか、最終判断を下すようにすることを、オススメします。

 

下記に、うさぎ薬局の求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、様々な会社の求人案件を保有しているので、ぜひ、他社の求人のことについても、話を聞いてみてください。

 

なお、最後に補足ですが、うさぎ薬局は、今後、事業が拡大していくことは、間違いない会社であり、将来性は高いので、転職先候補として検討する時には、このことも頭に入れておいてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>