タキヤの薬剤師中途採用事情

『タキヤって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、タキヤの就労環境について、まとめています。

 

現在、タキヤで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、タキヤの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

タキヤの会社概要

兵庫県を中心に近畿地方において、72店舗を展開している、ドラッグストアチェーン、タキヤ。1962年の設立以来、『医薬品、健康食品、化粧品、日用品などの販売を通じて、地域社会の人々に健康と美のアドバイザーとして奉仕する』を経営指針に掲げて、店舗を運営してきました。

 

2015年にウエルシア薬局を傘下に持つウエルシアホールディングスの子会社となり、同年12月にウエルシア薬局に吸収合併され、それまで店舗名として使用してきた『タキヤ』は、『ウエルシア』に変更となっています。

 

そのため、厳密に言えば、今現在においては、タキヤという名称のドラッグストアチェーンは、存在せず、この社名で求人が出てくることもありません。インターネットで検索をかけると、タキヤの求人が出てくることがありますが、これは2016年以前の古いものなので、注意してください。

 

ちなみに、このページでは、以前は、タキヤの名称で運営してきた店舗の給与体制や就労環境についてまとめていますが、古い情報もあります。

 

下記ページに、ウエルシア薬局の中途採用事情について、まとめているので、より新しい情報を知りたい人は、こちらを参照してください。

 

 


ただし、合併してから、まだ2年ほどということ、タキヤ自体が、それなりの規模のドラッグストアチェーンであったことから、旧店舗においては、タキヤの色が残っていることもあり、そういった意味では、このページで書いてあることも、参考になるかと思います。

 

タキヤ(ウエルシア薬局)の薬剤師求人の傾向

タキヤの旧店舗も含めて、ウエルシア薬局は、新卒・中途を問わず、積極的に薬剤師を募集しています。応募条件は緩く、薬剤師免許があれば、未経験者でも応募は出来ます。(もちろん、経験者であれば優遇はされやすいです)

 

もう一つ、採用条件として「茶髪」での入社は禁止となっているので、黒髪に直してからエントリーするようにしてください。

 

求人情報の入手方法

ウエルシア薬局では、中途採用者向けの専用サイトを開設しており、そちらから求人情報を入手することが出来ます。
http://recruit.welcia-yakkyoku.co.jp/mid-career-recruiting/

 

また、中途に関しては、薬剤師の転職支援を行っている転職会社経由でも、募集がかけられているので、転職会社に問い合わせる形でも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々な薬局、ドラッグストア、病院からの薬剤師募集案件を扱っているので、色々な会社の求人を見比べてみたいという時には、まとめて教えてもらえるので便利です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、求人を探す時には、ぜひ活用してください。

 

薬剤師の給与体制について

タキヤは、「社員の等級制度」が用いられており、その等級により、給与額がアップするようになっている、実力主義の会社でしたが、ウエルシア薬局に合併されてから、表向きは、その制度は廃止されています。

 

ただし、ウエルシア薬局は、全店舗で評価基準が統一されていることはなく、各店舗の裁量に任されているため、旧タキヤの店舗だと、実力主義の色が残っています。(今後は、どうなるか分からないので、転職を検討する際には、最新事情について、必ず確認するようにしてください。)

 

給与体系については、基本給に各種手当、年2回の賞与が支給されるというものとなり、想定年収は未経験者で310万円、経験者だと550万円が上限値といったところです。店長経験者だと、さらに100万円程度のプラスαが見込めるといった状況です。

 

福利厚生面についてですが、社会保険が完備されているほか、従業員割引制度、 定期健康診断、社宅制度、退職金制度、従業員持株制度などが用意されています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与や経験を考慮したうえで、基本給が算出されることになりますが、具体的な金額は交渉次第ということになります。

 

そのため、会社側から提示された金額に納得がいかない場合、話しあうことをオススメします。旧タキヤ店舗も含めて、ウエシア薬局は、定期昇給の機会が毎年ありますが、それほど大幅にアップすることはないので、入社時の交渉というのは、とても重要です。

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、先ほども触れた転職会社に、交渉の代行を依頼してください。彼らは転職のプロなので、こういった交渉ごとには慣れており、スムーズに話を進めてくれます。

 

その結果として、自分の希望以上の好条件を獲得してくれるケースもあるぐらいなので、無理に自分で解決しようとせず、任せてしまったほうが賢明です。

 

薬剤師の就労環境について

旧タキヤ店舗の勤務体制は、土日・祝日も含めた、1ヶ月ごとのシフト勤務(週休2日制)でしたが、これはウエルシア薬局に合併された後も変わりません。具体的な勤務体制・時間については、店舗により異なるので、詳細については、各自で確認するようにしてください。

 

なお、勤務時間やシフトの希望については、面接時に相談に応じてくれますし、出来る限り、その希望に沿うようにしてくれる店舗が少なくないので、何か要望がある場合には、遠慮なく話すことをオススメします。

 

休日については、月8~10日の固定休に加えて、夏期・冬季に4日ずつの特別休暇、年次有給休暇(初年度10日、最高年間20日)が付与されるといったものとなっています。

 

タキヤ時代は、最大で5日間連続の休暇が認められるなど、有給休暇が取りやすくなっていましたが、この傾向はウエルシア合併後も、それほど変わらないようです。

 

ただし、ウエルシア薬局自体は、薬剤師が不足気味なので、人員に余裕がある店舗のスタッフが、近隣の店舗に応援に活かされるということもあり、連続休暇を取るのは、だんだん難しくなっているようです。

 

また、ウエルシア薬局は、アルバイトやパートの休みを優先させる会社なので、正社員は、その穴埋めをするため、自分の希望通りに休めないという傾向があります。

 

タキヤでは、こういったことはなかったのですが、少しずつ、その雰囲気に変わってきているようなので、このあたりの詳細についても、事前に確認しておくことをオススメします。

 

なお、旧タキヤは、残業がそれほどない会社でしたが、それは、ウエルシア薬局になってからも、変化はありません。ウエルシア自体、元々、長時間労働の会社ではないので、ここは心配ないでしょう。

 

成長環境について

タキヤは、元々、社内教育制度が存在しない会社でしたが、ウエルシアは非常に充実している会社であり、合併後は、その恩恵を受けています。

 

中途採用者に対しても、3ステップの研修制度が用意されており、OTCの販売スキル、接客スキルから、散財監査システムの操作、介護用品の知識、電子薬歴の操作、調剤、薬事法規まで、この会社で働くために必要な知識・スキルを、一通り身につけることが出来ます。

 

そのため、未経験者でも、問題なく、仕事を始めることが出来ます。(経験者の場合、職歴に応じて、受ける研修の内容が変わってくることがあるようです。)

 

また、その後も全体研修、年次別研修、管理者研修、及び、専門研修(在宅医療、指導薬剤師など)、海外研修、Eラーニングといった研修プログラムを利用して、定期的に、知識・スキルをブラッシュアップしていくことになります。

 

これは、大手チェーンならではなので、この会社最大の魅力と言えるでしょう。色々なことを学べる環境を探している人には、ピッタリの職場です。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師は、男女関係なく、フェアに働ける職種ではありますが、それはウエルシア薬局においても変わりません。男女が同等の立場で働ける環境ですし、昇進の機会も平等なので、キャリアアップを望む人は、努力次第で、その目的を叶えることが出来ます。そういった意味では、やり甲斐がある環境と言えるでしょう。

 

一方、子育て支援体制については、微妙な部分があります。産休・育休が用意されていて、ここは希望通りに取得出来ますし、復帰に関しても支障はありませんが、その後は、なかなか大変な状況となっているのが実情です。

 

時短勤務制度はないですし、子どもが病気になってしまったといったような理由で、急に休みが必要になった時にも、休ませてもらえるかどうかは、微妙な部分があります。

 

タキヤでは、そういったことはなく、女性社員の家庭環境に臨機応変に対応してくれる会社だったので、ここは合併をきっかけに、悪くなってしまったと言える点です。

 

ただし、ウエルシアでは、子育てを優先するために、パートに変えて、勤務時間を減らすといったことは出来ますし、その後、子育てが一段落した段階で、正社員に復帰するということは認められています。

 

タキヤの転職としての価値

ここまで、旧タキヤ店舗を中心に、ウエルシア薬局の就労環境について、お伝えしてきましたが、何かと分かりづらい部分が多かったと思います。

 

合併間もないということもあり、まだまだ環境の変動が大きいというのは、正直なところであり、こうやってまとめてきて何なのですが、このページで触れていることも、どこまで正しいか、微妙な部分があります。

 

そのため、現状については、必ず、会社側、もしくは転職会社に確認するようにしてください。(店舗単位で状況が違う会社でもあるので、尚更です。)

 

ちなみに、ウエルシア薬局は大手ですが、待遇面については、それほどずば抜けて良いわけではないので、地域によっては、より好条件の求人が、多々見つかることもあります。

 

逆に、給与条件がそれほど良くない地域だと、ウエルシアのほうが上ということもあります。(ウエルシアの待遇は、全国で統一されているので、エリアによって、他社との関係が変わってきます。)

 

そのため、他社の求人とも比較したほうが、より価値が見えやすい会社なので、ぜひ、色々な求人と見比べてみてください。

 

下記に、薬剤師の転職支援を専門とする転職会社をリストアップしておきますが、問い合わせれば、様々な求人案件を紹介してくれるので、ぜひ一度連絡を取ってみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>