クラフト株式会社の薬剤師中途採用事情

 

『クラフト株式会社って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、クラフト株式会社の就労環境について、まとめています。

 

現在、クラフト株式会社で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、クラフト株式会社の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

クラフト株式会社の会社概要

北海道から九州まで全国30都道府県において、さくら薬局グループを展開するクラフト株式会社。在宅医療支援や夜間救急医療対応など、調剤薬局として幅広いサービスを行っている大手薬局チェーンです。

 

1982年の設立(本社東京)以来、積極的にエリア拡大を続けており、2012年には九州初として佐賀県に進出、さらに2013年には新潟県に進出しています。2016年現在、全国300以上の店舗で約1600人の薬剤師が活躍しています。

 

こういった背景から、クラフト株式会社では薬剤師に対する求人需要が高く、新卒正社員に限らず中途社員や、パート・アルバイトの採用を、常時、積極的に行っています。

 

このページでは、クラフト株式会社の中途採用求人の傾向、及び薬剤師の年収、就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

クラフト株式会社の中途採用求人の傾向

中途採用の場合、正社員とパート・アルバイトに分けて、募集がかかっています。正社員は、4週8休制となり、1日実働8時間(休憩60分間)が基本となります。パート・アルバイトに関しては、週12時間程度から40時間まで、募集店舗により勤務条件は異なります。

 

応募条件に関しては、どちらの雇用形態でも、調剤経験等は問われません。そのため、薬剤師の資格を持っていれば、誰でも応募出来ます。

 

クラフト株式会社の場合、公式サイト内の採用情報ページに、エントリーフォームを設置しているので、そちらから応募することが可能です。

http://www.kraft-net.co.jp/recruit/

 

しかし、正社員の場合、本社一括採用となるため、具体的な勤務地や店舗については、面接時に応相談ということになります。また、給与条件に関しても、面接時に確認することになるので、事前に確認することは出来ません。

 

そのため、面接前に、詳細を知りたい時には、転職会社に問い合わせることをオススメします。転職会社経由で、応募する場合、現在薬剤師を募集している店舗ごとの募集となるので、具体的な条件について、応募前に確認することが出来ます。

 

ただし、教えてもらえるのは、あくまでも、その転職会社が扱っている求人に関してのみです。転職会社によっては、クラフトの求人を取り扱っていないこともあり、そういった会社に問い合わせても情報は得られないので、注意してください。

 

このページの最後に、クラフト株式会社の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の年収

クラフト株式会社における薬剤師の給与水準ですが、残業代込みで考えると、他社と比較しても、高い水準となっています。具体的な年収例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 27歳 年収550万円
  • 29歳 年収550万円
  • 30歳 主任 年収580万円
  • 30歳 管理薬剤師 年収600万円

 

クラフト株式会社では、基本給に各種手当、年2回の賞与が支給される給与体系を採用しています。寒冷地手当や、地方に転勤となった場合には、赴任手当が支給されるので、地方の店舗に勤務している人のほうが、給与は高くなる傾向があります。

 

(転勤の有無については、希望を聞いてもらえるので、地方勤務を志望するという選択肢もアリです。地方だと、薬剤師が不足している店舗が多いので、重宝されます。)

 

また、マネージャー以下の社員に対しては、残業代が基本的に全額支給される会社なので、忙しい店舗に配属されると、手取りの給与額が良くなります。

 

クラフトでは、マネージャー以上が管理職と規定されているので、薬局長までは残業代が出ることになり、他の調剤薬局に比べて、有利な点と言えます。

 

その一方で、マネージャーになると、基本給はアップしますが、残業代が支給されなくなるため、仕事量に給与額が見合わないと感じる人も少なくありません。そのため、管理職を目指している人は、実際の給与額について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

なお、中途採用の場合、前職までの実績を考慮したうえで、給与が決定することになります。未経験者だと、年収400万円程度となるケースが多くなっています。時間外手当は含まれていないので、手取りは、もう少し増えることになります。

 

ただ、中途の場合、面接時の話し合い次第という要素が強いので、自分をうまくPR出来れば、給与を上げてもらえる可能性もあるので、下手に妥協せず、納得するまで交渉するようにしてください。

 

こういった交渉が苦手という人は、転職会社に代行してもらうことをオススメします。彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。任せれば、必ず給与が上がるというわけではないのですが、一個人が自分で話をするよりも、確率は高くなるので、ぜひサポートを受けてみてください。

 

薬剤師の年収

 

人事評価・昇給について

クラフトの人事評価制度ですが、年2回自己評価表を提出して、その内容をもとに、直属の上司が評価する仕組みとなっています。しかし、具体的な評価基準が明確ではないため、仕事の能力よりも上司との人間関係に左右される傾向があります。

 

昇給は年1回4月にあり、ポストに変更がなければ、年間4000円程度の上昇となります。また、管理薬剤師になると、月2万円程度、加算されることになります。

 

冒頭でも書きましたが、クラフトでは、積極的に新店舗を増やしています。そのため、薬局長のポストも増加するため、管理薬剤師にはなりやすいです。中途採用者でも、薬局長になるチャンスは十分に存在します。

 

人事評価、昇給

 

ワークライフバランスについて

店舗により異なりますが、クラフトでは、慢性的に薬剤師が不足気味の状態であるため、ワークライフバランスについては、あまり良好とは言えません。

 

業務量の多い店舗では、残業は日常的に発生していますし、有給も取りにくい状態です。その一方で、余裕があり、残業が少ない店舗、有給が取りやすい店舗も存在します。

 

どの店舗に勤務するかどうかで、状況が全く違ってくるので、ワークライフバランスを重視する人は、入社前に配属先店舗の状況について、チェックすることをオススメします。(会社に聞いても、詳細は教えてくれない可能性が高いので、転職会社に相談したほうがスムーズです。)

 

なお、全店舗共通で、休日出勤は少ないため、週休2日は確保出来ます。土日休みの店舗が多いので、平日が少々忙しくても、週末にしっかり休めるといった状況です。

 

最後に、転勤に関する注意点です。クラフトでは、入社時に転勤アリ・なしの選択が出来ます。アリのほうが、給与は高めになりますが、転勤アリの働き方を選択すると、頻繁に異動することになるので、このことを頭に入れたうえで、決めるようにしてください。

 

ワークライフバランス

 

女性の働きやすさについて

薬剤師は女性が多い職種のため、女性が働きやすい職場が多いのですが、その点は、クラフトも同様です。昇給・昇進に関しても、男女平等です。やる気があれば性別は関係ありません。

 

薬局長はもちろんのこと、マネージャー以上の役職に就いている女性薬剤師が、多数存在するので、幾らでもキャリアを積むことが可能です。

 

女性特有のライフステージに配慮した制度も整っています。産休・育休(2年間)は問題なく取得出来ますし、復帰後も子供が6歳になるまでは、育児短時間勤務を利用することが可能です。そのため、クラフトでは、結婚後も働き続ける女性薬剤師が多いです。

 

子供の体調不良などを原因とした、急な休みについても、お互いに助け合ってやりくりしているなど、子育てをしながら働くことに、後ろめたさを感じずに済む雰囲気がある店舗が多く、ママ薬剤師にとっては、働きやすい職場と言えます。

 

ただし、時短勤務後は、残業の多い店舗では、子供を育てながら勤務を続けることが厳しく、パートに働く人が多いです。(子供が大きくなった時点で、再度、正社員に戻ることが出来るので、その点では、融通が効く会社と言えます。)

 

また、年々時短勤務制度を利用する女性が増えており、それでいて、現場の人員不足は解消されていないため、周りの負担が重くなっている側面も存在するので、今後、ママ薬剤師を取り巻く環境が変わるかもしれないので、注意してください。

 

女性の働きやすさ

 

クラフト株式会社の転職先としての価値

ここまで、クラフト株式会社の就労環境について様々な角度から見てきましたが、転職先候補として見た場合、極めて良好な会社と言えます。特に若手の場合、薬局長までは、残業代が全額支給されるといったことがあり、年収は他社に勤務する薬剤師と比較的しても、間違いなく上です。

 

また、クラフトには、大病院の門前薬局も多く、様々な科目の処方箋を扱うことが出来ますし、在宅医療や夜間救急医療といった業務に従事することも出来るので、色々な経験を積んでスキルを身につけられるという利点もあります。

 

その一方で、マネージャー以上になると、残業代で底上げしていた給与が一気に減ります。年収面のメリットが無くなるので、管理職での転職を考える際には、他社の求人と入念に比較することをオススメします。

 

また、ワークライフバランスを重視する人の場合、店舗によっては、毎日、残業をすることになったり、有休休暇が取れなかったりするので、注意してください。

 

いずれにしても、自分が転職先に重視するものを見極めて、クラフトがそこを満たす会社であるかどうかということを、冷静に判断するようにしてください。店舗ごとに就労環境が異なるので、会社全体としての評価だけでなく、自分が勤務することになる店舗に対する評価も重要です。

 

下記に、クラフトの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、このあたりの詳細について、直接確認してみてください。

 

<クラフト株式会社の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 

 


当たり前の話ですが、転職会社は様々な薬局の求人を扱っているので、同じエリアで出ている他社の求人を教えてもらうことも出来ます。別会社の求人と比較することで、より客観的な判断を下しやすくなるので、クラフトの求人と併せて、確認してみてください。