クスリのサンロードの薬剤師中途採用事情

 

『クスリのサンロードって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、クスリのサンロードの就労環境について、まとめています。

 

現在、クスリのサンロードで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、クスリのサンロードの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

クスリのサンロードの会社概要

長野県と山梨県の二県において、調剤薬局・ドラッグストアを展開するクスリのサンロード。地域密着型の薬局・ドラッグストアとして、しっかりとした地盤を固めており、特に山梨県内においては、圧倒的なシェアを誇っています。

 

1974年の創業以来、着実に業績を伸ばしており、一部の店舗においては、残業が常態化するなど、就労環境においては要チェックの部分もありますが、薬剤師に関しては、人員確保がうまくいっていることもあり、全社的な傾向としては、1日実働8時間が標準となっています。

 

中途採用者の年収・給与体系、評価制度について

クスリのサンロードにおける給与体系ですが、薬剤師に関しては年俸制となっています。基本給に薬剤師手当、賞与(5ヶ月分)が支給されるというのが、全員共通となり、ここに住居手当や交通費などの諸手当が各個人の状況に応じて付くことになります。

 

昇給は年1回、年俸ベースで10~25万円程度アップしますが、実力主義の評価制度を導入しているため、昇給ペースは、個人間の差が大きくなっています。それでも、薬剤師の場合、30代前半で、600~700万円の年収を得ている社員が大半です。

 

山梨県、長野県における薬剤師の給与水準と比較しても、クスリのサンロードの収入レベルは悪くないので、転職を目指すには良い会社です。

 

なお、中途採用の場合、前職までの実績に応じて給与が算出されることになります。クスリのサンロードは、調剤業務未経験者の応募を受け付けていますが、採用が決まった場合の初任給は、新卒の初任給に、年齢を加味した形で算出される形になります。

 

クスリのサンロードは、新卒薬剤師の初任給が、年収500万円なので、ここに若干の上積みがあるかどうかといったところです。

 

中途採用者の年収・給与体系、評価制度

 

就労環境について

クスリのサンロードは、店舗販売員の場合、残業が常態化しており、管理職(店長)になると、毎月50~80時間程度の残業が発生するようです。ただし、薬剤師に関しては、残業はゼロに等しく、どうしても、お店が忙しい時に、若干発生するというレベルです。(1ヶ月間で10~20時間程度)

 

完全週休2日制で、休日出勤もないので、プライベートの時間もしっかり確保しながら働くことが出来ます。ただし、シフト制勤務なので、土曜日に勤務するローテーションとなるケースもあります。(日曜・祝日は、調剤業務がないので、休日となります。)

 

産休・育児休暇制度、時短勤務制度もあるので、女性が子育てをしながら、働くことも可能です。取得実績も豊富な会社なので安心です。

 

就労環境

 

クスリのサンロードは、教育制度が充実している会社

サンロードは、社内の教育制度が非常に充実している会社です。新薬勉強会や処方解析・症例検討会が定期的に開かれていますし、管理薬剤師研修、在宅医療研修も受講可能です。

 

また、資格取得を支援する体制が整っており、希望に応じて、認定薬剤師養成講座の研修に参加することも出来ます。

 

長野県、山梨県に店舗を構える薬局チェーンのなかでは、かなりの充実度合いとなっているので、薬剤師としてのスキルをどんどん高めていきたいという成長意欲が高い人にとっては、クスリのサンロードは、理想的な会社と言えます。

 

教育制度

 

クスリのサンロードの求人情報を入手する方法

クスリのサンロードの中途採用求人情報を入手するための方法ですが、大きく分けて二つあります。一つは公式サイト内の採用情報ページを確認すること、もう一つは薬剤師の求人案件を取り扱い転職会社に登録して、求人を紹介してもらうことです。

 

どちらの方法でも問題ないのですが、個人的には、後者の方法をオススメします。転職会社を経由することで、より好条件で転職出来る可能性が高いからです。

 

先ほども触れましたが、中途採用の場合、初任給は前職までの実績を加味して算出されることになりますが、新卒のように全員一律の給与が設定されているわけではないので、ここで交渉の余地が出てきます。

 

仮に、年収600万円と提示されたとしても、『もう少しあげてほしい』とオファーすることで、年収が630万円に上がるといった可能性が十分にあります。ただし、年収アップを勝ち取るには、自分の実績をPRしたり、他社の事例を引き合いに出すなど、論理的な根拠を示す必要があります。

 

一個人が、こういった論理付けをするのは大変ですが、転職会社であれば、業界事情に精通しているので、上手に交渉してくれます。結果として、自分で直接応募して、会社側と話すよりも、好条件を引き出せる可能性が高いというわけです。

 

また、転職会社であれば、他社の求人情報も押さえているので、希望勤務エリアで出ている他社の求人と比較することも出来ます。仮に、クスリのサンロードよりも、好条件の会社があれば、そちらの求人を紹介してもらうといったことも可能なので、こういった意味でも、転職会社を経由するというメリットがあります。

 

下記の転職会社であれば、甲府エリアの求人情報も押さえているので、是非一度、話をしてみてください。

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>