吉川中央総合病院の薬剤師中途採用事情

 

埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、山梨県、群馬県の1都6県に27の病院と100近くの介護施設を運営する一大医療法人、AMGグループの一員である、吉川中央総合病院。1974年に地域医療を担う総合病院として、埼玉県吉川市に設立された病院です。

 

JR武蔵野線「吉川駅」から、徒歩圏内にある病院ですが、医師や医療スタッフの細やかな対応が、高評価を得ているため、埼玉の浦和方面から、千葉の松戸方面まで、広範囲な地域から患者が訪れる医療機関となっています。

 

急性期から緩和ケア、在宅まで、長期に渡り、支援を行なっている、ケアミックス型の総合病院で、2014年に建て替えられた病院は、全面ガラス張りのおしゃれな外観となっています。

 

2007年には、日本医療機能評価機構認定を受け、さらに、その4年後の2011年には、日本がん治療認定医機構認定研修施設認定病院となり、現在は、がん治療にも、力を注いでいます。

 

約500名のスタッフから構成される大規模病院ですが、薬剤師については、常時、20名前後が在籍しており、活躍しています。

 

このページでは、吉川中央病院における、中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

吉川中央総合病院の薬剤師募集求人の傾向について

吉川中央総合病院は、薬剤師の定着率が高いため、新卒・中途、いずれにおいても、なかなか求人が出てくることがないので、転職のチャンスは限られています。

 

吉川中央総合病院の公式サイト内に、採用情報ページが用意されており、求人が発生した時には、そちらに募集要項が掲載されるので、こまめにチェックするようにしてください。
http://www.kotobuki-ent.com/system/yoshikawa/recruit/

 

なお、募集がかかる時は、基本的に週40時間勤務となりますが、雇用形態に関しては、正社員となるケースもあれば、契約社員になるケースもあるので、ここは、その都度確認してください。

 

応募条件については、薬剤師の免許があれば、経験不問となっていますが、もちろん、経験者であれば歓迎されますし、給与など、条件面についても優遇されるので、調剤経験、臨床経験があるほうが有利です。

 

ちなみに、AMGグループ全体で研修制度が確立されているので、未経験者が転職したとしても、導入研修などを受けながら、仕事に必要な知識・スキルを効果的に習得出来るので、問題なく、業務を遂行することが出来ます。

 

(未経験者が、仕事を始めるには、このうえない環境と言えます。)

 

なお、AMGグループの公式サイトにおいて、グループ全体の採用情報について、確認することが出来ます。
http://www.achs.jp/yakuzaibu/recruit/

 

吉川中央総合病院以外の病院で、薬剤師が募集されていることもあり、グループ全体で言えば、常時、10名程度の求人枠はあります。もしかしたら、通勤圏内の別の病院で、募集が出ているかもしれないので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

求人情報の入手方法に関する補足

AMGグループは、新卒・中途を問わず、転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

中途の場合、転職会社に会員登録をしたうえで、求人を紹介してもらうことになりますが、一度登録しておけば、自分が希望する条件に見合う求人が、新規で発生した場合に、その都度、教えてもらえるようになるので、その後は、自分で求人情報をチェックする必要がなくなります。

 

また、これは当たり前の話ではありますが、転職会社は、病院だけでなく、薬局、ドラッグストア、製薬会社など、薬剤師を募集する様々な求人を扱っているので、ほかの求人を紹介してもらうといったことも出来ます。

 

一つの病院にこだわっていると、なかなか転職のチャンスが出てこないですし、吉川中央総合病院以上に、魅力度の高い求人が出てくる可能性は十分にあるので、ほかの求人についても、話を聞いてみたほうがいいでしょう。

 

なお、薬剤師向けの求人案件を扱っている転職会社については、多数存在しますが、このページの最後に、代表的な会社を幾つかリストアップしておきますので、参考してください。

 

薬剤師の給与体制について

吉川中央総合病院の給与体制ですが、薬剤師の場合、基本給に、通勤手当(5万円)・住宅手当(2万円)、及び、年2回の賞与(合計4ヶ月分が)が支給されるという形となります。

 

福利厚生に関しては、各種保険に加えて、退職金制度(勤続3年以上)、財形貯蓄制度、診療費還付制度が完備されているほか、借上げ寮(1.5万円/月)、保養所(軽井沢・那須・山中湖)などが用意されているなど、なかなか充実した内容となっています。

 

給与額の目安としては、未経験者の初任給が、月給23万円前後、経験5年目で24万~27万円、経験10年目で26万~30万円となります。昇給は年1回、アップ幅には個人差があるものの、毎年、必ず、給与が上がるようになっています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用者の場合、前職の給与や経験、実績を考慮される形で、給与額が決定されますが、ここは、交渉次第で金額が変わってくるという要素もあるので、会社側から提示された金額に納得がいかない場合は、希望条件を伝えて、話し合うことをオススメします。

 

吉川中央総合病院は定期昇給が見込める職場ではありますが、そうはいっても、それほど大幅にアップすることはありません。

 

一方、転職時というのは、この手の交渉が最もしやすく、状況によっては、前職を大きく上回る条件を勝ち取ることも可能なので、中途半端に妥協するのはNGです。自分が納得出来るまで、話をするようにしてください。

 

もし、こういった交渉が苦手であれば、先ほども触れた転職会社に、交渉の代行を依頼することを、オススメします。

 

彼らは、転職のプロなので、こういった交渉ごとには慣れており、うまく話を進めてくれます。実際、条件アップに成功するケースが珍しくないので、交渉下手な人が、無理に自分で対処するよりも、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

薬剤師の就労環境について

吉川中央総合病院の勤務体制ですが、日曜・祝日が固定休となる、週休二日制となります。休暇制度については、年間10日間の有給休暇が付与されるほか(最大20日)、年末年始休暇が用意されています。

 

就労時間は平日9時~18時、土曜日9時~13時となります。残業時間は月平均10時間前後なので、基本的に、毎日、ほぼ定時で帰宅出来ると考えていいでしょう。

 

現場の状況としては、冒頭でも触れましたが、15~20名ほどの薬剤師で業務を回しています。服薬・注射のほか、高カロリー輸液調剤、外来がん化学療法調剤など、専門性の高い調剤も取り扱うので、緩和薬物療法認定薬剤師とNST専門療法士も在籍しています。

 

吉川中央総合病院の特徴として、栄養サポート、感染制御・褥瘡対策・緩和ケアなど、他部署のスタッフとチームを組んで、医療行為に当たることになるので、協調性、チームワークといったものが、強く要求される職場となっています。

 

成長環境について

吉川中央総合病院は、一般医療から高度医療まで、様々な医療活動を展開しているため、取り扱う薬剤は多岐に渡りますし、取り扱いには、高度な技術を必要とします。そのため、実務を重ねるだけでも、薬剤師としての実力を、確実に磨き上げていける環境です。

 

なお、入社当時から、即戦力として扱われることになりますが、初期研修がしっかりしていますし、先輩薬剤師から、常時、アドバイスやフォローを受けながら働ける環境なので、そういった意味では、安心です。

 

また、AMGグループは、グループ全体での統一した研修制度を完備していますが、かなり充実した内容になっています。

 

薬剤師向けの研修制度としては、病院薬剤師としての役割を認識して、職業倫理観を確立するためのノン・テクニカルスキル研修と、薬剤師の専門性を高めるスペシャルスキル研修の二本立てとなっており、それぞれ、細かくカリキュラムが構成されています。

 

また、こういった基礎研修とは別に、各種専門薬剤師を育成するためのセミナー、マネジメントスキルを高めるための管理職研修なども用意されており、自分のポジション、スキル、目的に合わせて、必要な学びの機会が得られるようになっています。

 

さらに、論文の発表、学会での発表、及び、雑誌・新聞に記事を寄稿すること、学会の座長や司会を勤めることなども推奨しており、その実績も多々あります。

 

日々の業務内容に加え、こういった研修や研究をこなすのは、かなり大変なことではありますが、成長意欲が高い人にとっては、このうえない環境です。(自社グループ内での開催となるので、コストはかからないですし、参加自体も容易です。)

 

仕事と育児の両立について

吉川中央総合病院では、産前産後休暇や育児休暇を、希望通りに取得出来ますし、職場への復帰についても、本人の要望が最優先されているので、自分自身の都合で、復職のタイミングを決めることが可能です。

 

24時間運営の保育施設や託児所も用意されているので、子どもの預け先についても、気にする必要はありません。

 

元々、週休二日が担保されていて、かつ、定時で帰宅出来る病院なので、小さな子供を抱える女性からしても、働きやすい環境と言えるでしょう。

 

ちなみに、保育園入園前は1.5万円、入園後は7500円と、一般的な施設と比較して、格安の保育料となっているのも、魅力の一つです。

 

吉川中央総合病院の転職としての価値

ここまで、吉川中央総合病院について、様々な視点からお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

給与はまずまずといったところですが、その分、福利厚生が充実しているので、トータルで見れば、待遇面は良好ですし、就労環境も整っていますので、総合的に見て、なかなか良い職場と言えるでしょう。

 

高度な医療を手掛ける病院ですし、教育体制が充実しているので、スキルアップを図るうえでは、これ以上は望めない理想的環境となっており、ここに魅力を感じる人であれば、転職先としてオススメです。

 

ただし、そもそもの話となりますが、冒頭でも触れたように、吉川中央総合病院単体で見ると、募集枠は少なく、いつ、求人がかかるか分からないので、ほかの求人についても、チェックしておいたほうが無難です。

 

下記に、薬剤師の転職支援を専門とする転職会社をリストアップしておきますが、希望条件を伝えれば、それらの条件を満たす求人を探し出して、紹介してくれるので、ぜひ一度、調べてみてもらってください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>