相模大野病院における薬剤師の中途採用事情

 

神奈川県・埼玉県にある3つの医療機関から構成される相武台病院グループの1つである、相模大野病院。生活習慣病や脳血管疾患など、急性期を過ぎた患者が、ADLの向上やQOLの確保を目的としている、長期療養型の病院です。

 

昭和62年、小田急相模大野駅前に開設されてから現在まで、地域住民のホームドクター的存在として、地域に根ざした医療を提供してきています。

 

患者と医療従事者との信頼関係があって、治療に最良の選択が出来るという考えのもとに、インフォームドコンセプトを重視した、医療を行っており、それは、患者からも評価され、好感の声が多くあがっています。

 

このページでは、相模大野病院における薬剤師求人の傾向、求人情報の入手方法、および、薬剤師の年収・就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

薬剤師の募集状況

相模大野病院では、正社員・パートの2つの雇用形態において、薬剤師を募集していますが、会社の公式サイトでは、正社員に関する募集要項しか、確認することができません。

 

採用情報ページは、下記のURLとなりますが、応募フォームと、応募先の電話番号が記載されており、どちらかの方法で、でエントリーすることが出来ます。
http://sagamiono-hospital.com/recruit/

 

応募条件に関しては、薬剤師免許があれば、ブランクあり、未経験という人でも、応募可能となっているので、間口は広くなっています。(もちろん、経験豊富な人であれば、歓迎されますし、条件面でも優遇される可能性が高いです。)

 

一方、パートに関しては、転職会社を経由する形で、募集がかけられています。病院に、直接連絡を取っても受け付けてもらえるかもしれませんが、転職会社であれば、勤務時間や時給など、細かいことまで、一度に確認出来るので、そちらに問い合わせたほうが速いかもしれません。

 

このページの最後に、相模大野病院の薬剤師求人を扱う代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。ちなみに、正社員の求人に関しても、転職会社は扱っているので、正職員の仕事を探している人でも利用可能です。

 

転職会社の場合、様々な薬局、病院の求人を扱っているので、相模大野病院だけでなく、ほかの職場のことについても知りたいということであれば、まとめて情報を聞けるので、便利です。

 

自分が希望する勤務エリアの求人情報を一通り調べてもらって、そのなかから、自分の希望条件に合う求人だけを教えてもらうといったことも出来ます。転職先を探す際には、何かと頼りになる存在なので、うまく活用してください。

 

薬剤師の給与体制について

相模大野病院における、薬剤師の給与体系ですが、基本給に各種手当、年2回の賞与が支給されるといったものになっています。

 

手当に関しては、通勤手当(上限2万6千円)、住宅手当(1万5千円)などがめぼしいものとなり、薬剤師手当や管理薬剤師手当など、役職手当などは、特に設定されておらず、基本給に含まれるという形になるので、この点は注意してください。

 

福利厚生面については、各種保険制度が完備されているほか、退職金制度(勤続3年以上の薬剤師が対象)、永年勤続制度(10年以上)、資金貸付制度があります。

 

昇給は年に1回、給与見直しの機会があります。モデル年収例としては、就労経験なしの薬剤師で、年収330万円前後、調剤経験3年程度で、年収550万円前後というところです。

 

パートについては、未経験者で時給1800円がスタート額になり、経験者に関しては、それまでの実績に応じて加算される形になります。(2500円程度ぐらいは見込めるようです。)

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与や、それまでの経験を考慮する形で、基本給が算出されますが、交渉次第で金額が変わってくるという要素もあるので、提示された給与額に納得がいかない場合には、自分の希望額を病院側に伝えて、話し合うことをオススメします。

 

もし、こういった交渉が苦手であれば、先ほども触れた転職会社に、交渉の代行を依頼してください。彼らはプロなので、この手の交渉には慣れており、うまく話を進めてくれます。実際に給与額がアップしたケースも多いので、ぜひ一度相談してみてください。

 

薬剤師の就労環境

相模大野病院の就労環境についてですが、日曜日固定給の4週6休制となり、2週間に1日、平日に休みが入るという形となるので、休日数は少なめです。特別休暇については、年末年始休暇、夏季休暇が用意されています。

 

有給の取りやすさについては、おおむね、申請通りに取得出来る反面、全消化というのは、難しいようです。(3~5割ぐらいは、残ってしまうということになるようですが、逆に言えば、7割ぐらいは消化出来るケースもあるということで、消化率が高いという言い方も出来ます。)

 

勤務時間は、平日9時~17時(休憩60分)、土曜日は9時~13時までですが、残業や当直は無く、定時に帰宅出来るので、プライベートとのオン・オフがしっかりと取れる、バランスに優れた職場です。

 

休みが若干少ないことを除けば、ワークライフバランスを重視する人にとっても、まず満足出来る職場でしょう。

 

薬剤師にとっての成長環境について

相模大野病院は薬剤師3名の勤務体制となるためので、調剤薬局のように、様々な研修制度が整っているわけではありません。しかし、全く存在しないということではなく、薬品メーカーとの院内研修や、希望すれば海外研修に参加することも可能です。

 

あとは、個人で学会や研修会を探して、参加する形になりますが、その費用について、病院側が補助してくれることもあるようです。

 

このあたりは、ケースバイケースとなってくるので、この点が気になる人は、転職する前に、病院側に確認してみることをオススメします。

 

※補足
転職会社に、条件交渉を行ってもらうのであれば、ここを条件に含めてみるのもアリです。給与であまり大きな上積みが期待出来ない時でも、こういった福利構成的なものであれば、スンナリ受け入れてもらえる可能性もあります。

 

ただし、自分から要求するというのは、どんな内容でも、センシティブなことではあるので、転職会社と相談しながら、どんなふうに話を進めるか、決めていくようにしてください。

 

ちなみに、相模大野病院では、OJTということではありませんが、先輩の薬剤師が、新しいスタッフに丁寧に教えるということが、昔からの習慣で受け継がれてきているので、経験が全くないという人でも大丈夫です。(仕事をこなしながら、教えてもらうことが出来ます。)

 

また、常勤3名で仕事を回していることもあり、経験のあるなしに関わらず、即戦力として仕事をこなすことになります。当然、薬剤師が実行する全ての業務を担当することになるので、そういった意味では、短期間で、様々な経験を積むことが出来ます。

 

特に、相模大野病院では、慢性期の脳血管障害や生活習慣病を患っている患者さんが多いので、こういった領域における経験を積みたいと考えている人にとっては、最適な職場となるはずです。

 

女性の働きやすさについて

相模大野病院では、院内保育所が設置され、小学6年生まで利用することが可能です。24時間保育が可能となっているので、残業や夜勤が発生した時にも対応してもらえます。(薬剤師の場合、こういったケースは、あまりないのですが、いざという時でも安心です。)

 

保育料の支払いについては、回数制となり、利用回数が減ると、その分の支払いが減額されるようになっていますし、1日利用で1人900円、2人1200円、3人1400円というふうに、利用する兄弟が増えるごとに、利用料金も減額されるなど、負担が少ないシステムとなっています。

 

院内保育なのでスムーズに利用することが出来ますし、外部で保育園を探す心配がないので、小さな子どもがいる人、これから結婚・出産を予定している人にとっても、安心して働ける、恵まれた環境と言えます。

 

繰り返しになりますが、薬剤師の場合、残業も当直も無く、定時に帰宅出来るので、なおさらです。子どもがいる人にとっては、オススメの職場です。

 

相模大野病院の転職としての価値

ここまで、相模大野病院における、薬剤師の就労環境について、様々な角度から、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

相模大野病院は、薬剤師手当や役職手当が付かない分、ほかの病院の薬剤師と比べると、若干、低めの給与額となりますが、そのかわり、残業が一切ないので、ワークライフバランスを大切にする人にとっては、魅力度が高い職場だと思います。

 

福利厚生面もしっかりしていますし、就労環境も良好なので、転職先としてはオススメです。

 

しかし、これは、どこの病院にも言えることですが、薬剤師は定員自体が少ないので、常時、求人が出ているというわけではなく、転職のチャンスは限られたものとなってしまうのが、実情です。

 

下記に、相模大野病院の薬剤師求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、冒頭でも触れたように、転職会社は、様々な求人を扱っているので、ぜひ、相模大野病院以外の求人についても、確認してみてください。

 

幅広く、転職先を探すことで、より自分が希望する条件に合った職場が見つかる可能性が高くなりますし、転職会社に依頼すれば、膨大な量の求人のなかから、自分が希望する条件に見合うものだけを選んで紹介してもらうといったことも出来ます。

 

自分で求人情報をチェックする必要はなく、手間もかからないので、ぜひ一度、探してもらってみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>