タカサの薬剤師中途採用事情

 

『タカサって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、タカサの就労環境について、まとめています。

 

現在、タカサで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、タカサの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

タカサの会社概要

千葉県内に、約60店舗を展開する地元密着型の中堅薬局チェーン、タカサ。処方箋の受付から受け取りまでを車から出来るドライブスルー薬局の運営や、居宅療養管理指導に力を入れるなど、時代に合わせた新しい試みを実践している会社です。

 

また、タカサは居宅介護支援事業、福祉用品のレンタル・販売事業、サービス付き高齢者向け住宅運営事業等、介護分野における事業展開を積極的に進めている会社なので、要介護者や高齢者をサポートするための在宅医療業務が充実しており、この分野に興味がある人には、転職先として最適です。

 

薬剤師の中途採用事情

タカサでは、調剤薬剤師を通年で募集しています。全店舗が対象となり、採用された場合には、面接時に伝えた希望店舗に配属されることになります。(面接も、タカサの本社ではなく、各店舗で行うことが出来ます。)

 

応募する時には、公式サイト内に設置されているエントリーフォームから申し込むことになります。
https://www.takasa.co.jp/Recruit/Career/

 

また、薬剤師専門の転職会社を経由して応募することも可能です。特に、どちらが有利ということは無いのですが、転職会社を経由する場合、担当スタッフが初任給などの条件交渉を代行してくれるので、自分で直接応募するよりも、好条件で転職出来る可能性が高くなります。

 

また、転職会社であれば、様々な企業の求人情報を押さえているので、希望勤務エリアで発生している様々な求人を照らし合わせて、最も条件が良い会社を選択するといったことも可能なので、直応募よりも、転職会社経由というルートを選択する人のほうが多いのが実情です。

 

このページの最後に、タカサへの転職支援実績がある転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

タカサにおける薬剤師の年収・給与体系

タカサは給与水準が同業他社よりも高い会社であり、実際、千葉県内において発生している薬剤師の求人と比較してみても、高い部類に入ります。特に、入社時の初任給が高いため、若い人だと、かなり得をした感じになると思います。

 

ただし、初任給が良い分、その後の伸びは抑えられており、自然昇給で上がる額というのは微々たるものです。

 

管理薬剤師になるなど、ポジションを上げていかないと、タカサでは大幅な昇給は期待出来ないため、30代後半、40代と年齢が上がるに連れて、他社との差がなくなってくる、もしくは給与額が逆転すると考えておいたほうがいいです。

 

賞与を含めた薬剤師の年収例としては、下記の通りとなります。

  • 28歳 年収550万円
  • 29歳 年収600万円
  • 32歳 年収600万円
  • 40歳 年収630万円
  • 30歳 管理薬剤師 年収700万円
  • 34歳 管理薬剤師 年収760万円
  • 37歳 店長 年収800万円

 

薬剤師の年収・給与体系

 

タカサにおける評価制度~数年で管理薬剤師になれる会社~

業務に対するタカサの人事評価制度ですが、社内で統一された基準がないため、働いている社員でも、よく分からないというのが実情です。(店舗にばらつきがあるという声が非常に多くなっています。)

 

ただ、評価がどうであれ、給与が良いので、あまり気にしていないという人も少なくないです。(先ほど触れるのを忘れていましたが、残業代は全額支給となります。退職金制度も完備されています。)

 

また、先ほど、ポジションが上がれば、給与がアップするということをお伝えしましたが、タカサは入社後、数年で管理薬剤師ぐらいには、確実になれる会社です。

 

タカサは女性薬剤師の比率が非常に高い会社ですが、結婚・出産後、フルタイム勤務を避けるために、パートで働くことを選択する社員が多くなっています。

 

そのため、管理職を務められる人材が不足しており、新人でも入社から4~5年ぐらいすれば、会社側から管理薬剤師への昇格を打診されるのが通常です。中途採用で入った場合、経験を買われて、それこそ1年ぐらいで、管理薬剤師に就く人もいます。

 

そのため、キャリアアップ志向が強い人にとっては、タカサは多くのチャンスが存在する会社と言えます。

 

評価制度

 

女性の働きやすさについて

タカサは創業者であるオーナー社長が女性であることもあり、女性にとって働きやすい環境が整っています。先ほども触れたように、女性でも本人が希望すれば、役職に就くことが出来ますし、通常業務についても、男女で同等です。

 

育児に対する理解がある会社でもあり、産休・育休はもちろんのこと、復帰後、子供が3歳になるまでは、週4日32時間勤務となります。(子供が3歳になった時点で、フルタイムに復帰するか、パートとして働くか、選択することになります。)

 

子供の病気など、緊急時の時に使える半日休暇制度も用意されているので、子育てと仕事を無理なく、両立させることが出来ます。

 

女性の働きやすさ

 

その他、タカサの特徴について

ここまで触れてきたこと以外で、タカサの特徴として知っておくべきことをまとめてみます。

 

社員に対する介護支援が充実している

タカサは介護事業に力を入れていることもあり、社員には介護休暇制度が用意されており、有給などとは別に、親の介護に関連することで、休みを取得することが可能となっています。また、介護のことについて、社内の人間に相談するといったことも出来ます。

 

教育体制が充実している

入社時の研修から、定期的なキャリアアップ研修まで、タカサでは様々な研修制度が用意されており、希望に合わせて受講することが出来ます。また、薬剤師の場合、スタッフ間の勉強会、外部研修機関主催の泊まりがけ研修会、e-ラーニング講座なども用意されています。

 

もう一つ、ユニークな研修として、社長が講師を務める講義が定期的に開催されています。経営に関する講義となり、受けている時はあまり関心が無かったけど、意外に自分の日常の考え方に反映されていて、振り返ってみると、受けておいて良かったという感想を持つ社員が多いです。

 

千葉県内においては、タカサは有力な転職先候補

ここまで、タカサの社内環境について見てきましたが、総合的に判断すると、千葉県内における薬局チェーンとしては、優良な企業であり、転職先候補として、十分にオススメ出来ます。

 

ただし、完璧な会社というのは存在しないですし、向き・不向きもあるので、誰にでも合うとは言いきれません。そのため、千葉県内において発生している他社からの薬剤師求人情報を、幅広く入手して、比較したうえで、最終判断を下すことをオススメします。

 

下記に、千葉県内における薬剤師の求人情報を多数保有している、転職会社をリストアップしておきます。タカサへの転職支援実績がある会社ばかりなので、転職先を決める際には、良い相談役になってもらえるはずです。是非、活用してください。

 

<薬剤師専門の転職会社>

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>