あい薬局(株式会社あいファーマシー)の薬剤師中途採用事情

『あい薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、あい薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、あい薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、あい薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

あい薬局の会社概要

このページでは、株式会社あいファーマシーが運営している、あい薬局について、まとめています。関東・関西を中心に、店舗を展開している同名の薬局チェーン、株式会社日栄とは違うので、注意してください。

 

なお、株式会社日栄が運営する、あい薬局については、下記のページにおいて、内容をまとめているので、そちらを参照してください。
https://www.nasugbuchurch.com/yakkyoku/2070/

 

山形県に7店舗、新潟県に6店舗の計13店舗を展開している、株式会社あいファーマシー。

 

1989年の設立以来、あい薬局・ニーズ薬局・ゆう薬局の3つの薬局名に分ける形で、店舗を展開しており、2018年現在においては、9店舗が、あい薬局として運営されています。

 

保険調剤だけでなく、学校保健、在宅福祉、OTC販売にも力を入れている会社ですが、あいファーマシーの特徴として、少数精鋭を軸としており、少人数で、店舗を回しています。

 

スタッフ一人一人に、手厚い教育が出来る環境を整えることで、高度な技術・知識を持つ、優秀な人材を育成するというのが、その狙いです。

 

実際、あいファーマシーは、創業以来、継続して、質の高いサービスを提供しており、地域住民や医療機関から、深い信頼を得ています。

 

こういった会社なので、薬剤師として、少しでも実力を付けて、世の中に貢献していきたいという人に、オススメの会社です。

 

このページでは、あいファーマシーが運営する『あい薬局』における、薬剤師の中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準・就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

あい薬局の薬剤師募集求人の傾向

あい薬局は、薬剤師を募集する時には、民間の転職会社に、告知を一任しているので、会社の公式サイトにアクセスしても、求人情報に関する記載がありません。

 

このページの最後に、薬剤師の転職支援を専門とする転職会社をリストアップしてあるので、あい薬局の求人情報を入手する時には、そちらに問い合わせるようにしてください。

 

なお、あい薬局の場合、薬剤師免許さえあれば、経験不問で、誰でも応募可能です。(ただし、そうはいっても、経験者のほうが、採用される可能性は高いですし、条件面でも優遇されるなど、何かと有利ではあります。)

 

薬剤師の給与体制について

あい薬局の給与額は、この地域における、薬剤師の平均給与水準を上回るものとなっています。

 

経験年数や、本人の能力、実績によって、数字が変わってくるので、一概にこうとは言えないのですが、未経験者でも、年収500万前後は見込めます。

 

また、勤続年数が20年を超えるようなベテラン薬剤師の場合、800万円近くの年収をもらっているといった事例もあるので、なかなかの高水準です。

 

通勤手当・住宅手当・役職手当・資格手当などが支給されますし、福利厚生に関しても、各種保険が完備されているほか、退職金制度(在籍3年以上より適用)が用意されており、悪くないです。

 

賞与は年2回、おおよそ、基本給の4ヶ月分が支給されています。(勤務評価が高ければ、上積みが期待出来ます。)

 

新潟県・山形県における、薬剤師の平均給与額が430万~530万前後であるので、あい薬局の給与額は、他社を大きく上回る金額となります。

 

また、手当を含めた、福利厚生面についても、この規模の薬局チェーンで、これだけ充実しているところを探すのは難しいので、恵まれていると言えます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職のまで実績や経験、給与額を考慮したうえで、基本給が算出されますが、具体的な金額については、交渉次第で変わってきます。

 

そのため、あい薬局から提示された金額に不満があれば、希望条件を伝えて、話し合うことをオススメします。

 

あい薬局の場合、他社よりも給与水準が高めなので、満足出来る金額を提示してもらえる可能性が高いのですが、それだけに、不満が残る状態で、契約してしまうのは、モッタイナイです。

 

幸い、入社時というのは、一番交渉がしやすいタイミングですし、あい薬局の場合、聞き入れてもらえる可能性が十分にあるので、交渉してみてください。

 

もし、こういった条件交渉の進め方が分からないということであれば、転職会社に代行してもらうことをオススメします。

 

彼らは転職のプロなので、この手の交渉ごとには慣れており、うまく話を進めてくれますし、その結果、予想以上の好条件で決まるケースが、多々あります。

 

最初からプロにお願いしたほうが、気持ち的にも楽というメリットもあります。相談すれば、快く対応してくれるので、ぜひ一度、連絡を取ってみてください。

 

就労環境について

あい薬局の就労環境ですが、どの店舗も日曜・祝日休みの、変則的な週休二日制となります。(祝日は週休二日に含まれます。)

 

また、特別休暇として、年末年始休暇、夏季休暇、有給休暇(初年度10日)が、用意されています。

 

勤務時間は、店舗により、多少の違いがありますが、勤務形態としては、週40時間労働制となります。

 

仕事の内容については、どの店舗においても、処方箋調剤・服薬指導・薬歴管理といった業務を担当することになりますが、処方箋の内容や、応需する枚数については、店舗ごとに異なるので、詳細が気になる人は、個々に確認するようにしてください。

 

なお、あい薬局は、店舗ごとの採用となり、基本的に転勤はありません。採用された店舗において、ずっと働き続けることになります。ただし、他店舗のスタッフとの人事交流は盛んです。

 

レクリエーションなど、社員同士がコミュニケーションを促進する機会も、設けられているので、どの店舗においても、スタッフ間の仲は良く、アットホームな雰囲気のなかで、働けます。

 

成長環境について

冒頭でも触れましたが、あい薬局では、少数精鋭主義をモットーにして、人材育成に力を入れており、様々な研修が行なわれています。

 

具体的には、調剤スキルや薬学の知識を学ぶための研修、コミュニケーションスキル、プレゼンスキルなど、汎用的なビジネススキルを学ぶための研修、管理者としてのスキルを磨くための研修などです。

 

また、薬剤師会が開催している研修会や学会への参加を、積極的に推奨しており、希望すれば、いつでも参加出来るようになっています。

 

社内研修、社外研修、ともに、頻繁に参加することが出来るので、スキルアップ出来る環境を求めている人には、あい薬局はオススメです。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師という職業は、男女が同じ立場で働ける職業ですが、それは、あい薬局においても変わりありません。

 

女性だからといって、仕事の割り振り、責任分担において、男性より不利な立場に置かれることはないですし、男女を問わず、優秀な人、実績を残した人に、昇進の機会が与えられるので、キャリアアップを目指すことも可能です。

 

(実際、あい薬局では、優秀な女性薬剤師が、多数活躍しています。)

 

一方、育児支援体制については、産休・育休は整備されており、希望通りに取得することが出来ますが、時短勤務制度はなく、復帰した後は、基本的にフルタイムで働くことになるので、そこは注意してください。

 

(残業や休日出勤が、殆どないので、小さな子供を育てながらでも、働ける環境ではありますが、大変であることには、変わりがありません。)

 

なお、あい薬局は、育児明けで、職場復帰を考えている人にも、オススメの職場です。未経験者の採用に慣れている会社であり、ブランクがある人を、受け入れる態勢が出来ているので、安心です。

 

あい薬局の転職としての価値

あい薬局は、好待遇のうえ、就労環境も良い会社なので、転職先としてオススメです。(職場の雰囲気も良いので、長く働き続けられます。)

 

この地域において、転職を考えているのであれば、ぜひ、真剣に考えてみてください。

 

下記に、あい薬局の薬剤師求人を扱う転職会社をリストアップしておきますので、今現在、募集がかかっている求人の内容について知りたい人は、連絡を取ってみることを、オススメします。

 

なお、転職会社は、薬剤師向けの求人案件を多数保有しているので、もし、あい薬局以外の求人も気になるということであれば、ぜひ、話を聞いてみてください。

 

ちなみに、希望条件を伝えて、それらの条件を満たす求人を探し出して、紹介してもらうといったことも出来るので、こうするのが一番楽かなと思います。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>