京都府の院内薬剤師の傾向

 

京都府の病院勤務の薬剤師求人

 

京都府は人口あたりの医療機関数や医師数が全国平均を大きく上回るなど、医療環境が非常に充実している県です。薬剤師に関しても同様で、京都府における人口10万人当たりの薬剤師数は約223人と、全国平均の約199人を大幅に上回っています。

 

一方で、京都府の医薬分業は2015年度で52.4%と全国平均の70.0%と比べて、遅れを取っています。そのため、院内薬剤師に対する需要は高く、京都府内の様々な医療機関から、薬剤師を募集する求人が、常時出ています。

 

総合科目を応需する急性期病院や療養型病院からの求人が多くなっていますが、産婦人科、整形外科、糖尿病専門クリニックなど、専門性の高い病院や診療所からも募集が出ているので、何かの専門分野で、スキルを伸ばしたという人にとっても、満足出来る職場が探しやすいです。

 

未経験者やブランク明けの人を積極的に採用している病院が多く、こういった病院の場合、ベテランの先輩薬剤師が複数在籍していて、最初は彼らと一緒に働くことになるので、経験や知識に不安がある人でも大丈夫です。

 

また、育児支援制度が整っている病院、子育てに対する理解がある病院が多いので、出産後の復帰を目指している人も、問題なしです。

 

このように、京都府内の病院からは、様々な求人が発生しています。下記に薬剤師専門の転職会社を6社リストアップしていますが、いずれも院内薬剤師の案件を豊富に扱っているので、具体的にどのような求人が出ているのか、是非、直接確認してみてください。

 

マイナビ薬剤師

大手人材紹介会社、マイナビグループが運営する薬剤師に特化した転職支援サービス。京都府勤務となる病院薬剤師の求人案件を、常時60件以上保有しています。複数の診療科を持つ急性期病院や療養型病院など、病床数が多い病院からの求人が中心です。

 

正社員を募集する病院からの求人が大半を占めるため、正規雇用の仕事を探している人に、オススメの転職会社です。未経験者が応募出来る求人が多いので、調剤経験が全くないという人でも、仕事に就ける可能性が大です。

 

給与については、経験や年齢に応じて、設定されるのが一般的です。求人要項に、モデル給与が記載されていますが、あくまでもサンプル例なので、これまでの勤務実績・経歴次第で、実際の給与額は、大きく変動します。

 

そのため、気になる求人が見つかったら、具体的に、どれぐらいの給与が見込めるのか、マイナビ薬剤師を通じて、確認するようにしてください。なお、病院間の年収差は非常に大きいのですが、業務内容・仕事量に大差はないので、少しでも高給与の求人を狙ったほうが無難です。

 

ちなみに、給与が安い分を、住宅手当、家族手当、当直手当、休日勤務手当など、基本給以外の部分でフォローしている病院も存在するので、このあたりの条件面については、細かくチェックするようにしてください。

 

マイナビの傾向

 

薬剤師求人.com

紹介・派遣会社30社の求人案件を扱う、薬剤師に特化した転職支援サービス。京都府の病院・クリニックからの薬剤師募集案件を、常時30件以上保有しています。

 

正社員・パート双方の求人を扱っているので、どのような働き方を希望するにしても、有用な情報源となります。

 

勤務地別に見ると、京都市内に求人が集中していますが、他のエリアで全く仕事が見つからないわけではないので、諦めずに探してみてください。(ただし、条件によっては、転職出来るまでに、時間がかかるかもしれないです。)

 

求人元となる病院の種類は、総合病院、ケアミックス病院、療養型病院などが、主なものとなります。在宅医療に力を入れている病院からの求人も見つかるので、興味のある人は要チェックです。

 

給与条件については、正社員の場合、月収20~25万円を最低ラインとする病院が中心です。調剤経験者は、この額から加算される形となるので、実績を伝えたうえで、交渉してみてください。(交渉が苦手という人は、転職会社の担当者に代行してもらってください。)

 

パートの最低時給は、1800円程度が目安となっています。こちらも、経験などを加味して、上積みされることになりますが、正社員ほどには、交渉の余地はないです。

 

なお、薬剤師求人.comでは、管理薬剤師や薬局長候補を募集する、京都府内の医療機関からの求人の取り扱いに力を入れているので、管理職へのキャリアアップを目指している人は、ぜひ一度相談してみてください。

 

ファルマスタッフ

7万件以上の求人案件を保有する薬剤師専門の転職会社。病院勤務の求人の取り扱いに力を入れており、京都府内の病院からの求人についても、常時100件近く扱っています。求人元の6割以上が京都市の病院となります。

 

また、京都市以外では、宇治市や舞鶴市の病院からの求人が比較的多いので、これらの地域において、仕事を探している人に、特にオススメの転職会社です。

 

施設の種類としては、一般病院、療養型病院、ケアミックス病院、単科クリニックなど、様々なタイプが存在するので、自分の希望に合わせて選ぶことが可能です。

 

正社員の勤務条件は、4週7~8休の病院が多くなっています。日曜・祝日が休みとなる病院が多いのですが、月1回程度の日曜出勤が必須となっている病院も、少なからず存在します。

 

また、半日の休日を2回合わせて、1日とカウントする病院もあるので、休日の扱いについては、注意深くチェックすることをオススメします。

 

給与については、年収300~400万円程度を基準に、これまでの実績に応じて決定されるのが一般的です。ファルマスタッフが扱う案件の約半数は、未経験者応募可案件となりますが、未経験でも年収400万円以上が保障される好待遇の案件も存在するので、要チェックです。

 

パートの勤務条件は、週2~3日からOKとする病院が多いです。時間数・曜日については、融通が利くケースが多いです。時給は、最低保障額が1500~2000円と病院によって差が大きいので、業務内容も含めて、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

ファルマの傾向

 

リクナビ薬剤師

リクルートが運営する薬剤師専門の転職支援サービス。薬剤師を募集する京都の病院からの求人案件を、常時70件前後確保しています。大半が、正社員採用求人となりますが、パートを募集する病院も少なからず存在するので、非常勤の仕事を探す時にも、役立つ転職会社です。

 

在宅医療に重視している病院や、病棟業務・外来処方の両方を扱っている病院など、業務内容の幅が広いので、自分の希望に合わせて、選択するようにしてください。

 

正社員の年収は、最低ラインを年収350~400万円で、設定している病院が多いです。もちろん経験・スキルによって基本給は加算されるので、これまでの実績によっては、年収600万円以上も、十分可能です。

 

育児休暇制度・育児時短勤務制度を整備したり、院内託児所を用意するなど、小さな子供を持つ女性が働きやすい病院が多くなっているので、子育て中の人は要チェックです。

 

また、特別連続休暇や年末年始休暇など、休暇制度が充実している病院からの求人も存在するので、仕事とプライベートを両立させながら働きたいという人にも、リクナビ薬剤師はオススメの転職会社です。

 

リクナビの傾向

 

アプロ

薬剤師専門の転職エージェント。京都府内が勤務地となる院内薬剤師の求人案件を、常時扱っています。数はそれほど多くありませんが、宇治市、綾部市、八幡市、京田辺市など、京都市以外の求人が充実しているので、京都市以外で仕事を探している人は、要チェックです。

 

地域に密着する形で、運営している中核病院からの求人が中心となるので、総合科目に興味のある人のほうが、満足出来る職場が見つかりやすいでしょう。なお、アプロは、正社員、パート、双方の求人をカバーしています。

 

給与条件に関しては、正社員の場合、経験に応じて、年収350~450万円の間で設定されるケースが多くなっており、少し低めです。

 

一方、パートに関しては、時給2000円以上を保障する好条件の案件が少なくないので、パートの仕事を探しているのであれば、アプロには、必ず一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

アプロの傾向

 

ハローワーク

ハローワークには、薬剤師を募集する医療機関から、多数の求人が集まっています。京都府勤務となる案件も多いので、見逃せない情報源です。正社員だけでなく、パートの求人も豊富なため、どちらの働き方を取るにしても、仕事を探しやすい状況です。

 

正社員の給与条件は、諸手当混みの月給23~28万円を最低ラインとして、能力に応じて、上積するというのが、一般的です。最高月収は、案件ごとの幅が広くなっており、20万円台の病院もあれば、40万円以上が見込める病院も存在するので、経験豊富な人は、よく確認してください。

 

正社員の場合、賞与が年2回支給される病院が多く、3~4ヵ月分が一般的となっています。パートの時給は、1500~2000円が相場となっています。経験を問わず、時給を一律にしている病院もあります。

 

ハローワークの傾向