CRCと薬剤師の収入

 

薬剤師の方でCRCへの転職に興味を持っている人は多いと思いますが、収入や仕事の忙しさ、やりがいなどを比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのか気になるのではないでしょうか。

 

このページでは薬剤師とCRCという仕事を様々な面から比較してみます。

 

給与は?

 

収入に関しては、薬剤師からCRCに転職することで下がる人が多いのではと思います。

 

薬剤師の場合、今は売り手市場であることもあり、年収は高めです。たとえば平均値を取ると年収450万ぐらいが最低ライン、人手不足のエリアの調剤薬局だと600万、700万といった求人もあります。

 

一方、治験コーディネーターの年収は300〜400万円。薬剤師の最低ライン以下です。

 

もちろん、個人差はありますが、CRCとして高収入を取れる人は、病院や薬局に薬剤師として転職すれば、さらに跳ね上がるのは間違いありません。給与面で言えば、断然薬剤師のほうが上です。

 

ちなみに、同じ薬剤師でも病院勤務であれば、給料が安いので、特に20代から30代前半の人だと、CRCに転職することで収入がアップする可能性が大です。

 

ただし、調剤薬局やドラッグストアに転職すれば、もっと高い給与を取れることは間違いありません

 

ワークライフバランスは?

 

CRCというのは残業や休日出勤が頻繁に発生する職場ではないので、仕事とプライベートのバランスを取りながら働くことが出来ます。

 

産休や育児休暇、時短勤務も取りやすく、女性が子育てをしながらでも働きやすい職場であるとも言えます。ここに惹かれて、調剤薬剤師から治験コーディネーターに転職するという人が少なくないようです。

 

では、薬剤師が激務なのかといえば、これは説明するまでも無いと思いますが、職場次第です。基本的には余裕を持って働ける職業ですが、スタッフ不足の調剤薬局やドラッグストアに勤めると、休みを満足に取れないといったこともあります。

 

ただし、全般的に見て、プライベートの時間を確保しながら働くことは難しくないので、ワークライフバランスという点では、甲乙つけがたいという結論になります。

 

仕事のやりがいは?

 

仕事に対するやりがいというのは、あくまでも本人の価値観によるので、一概にどちがいいということは言えないのですが、一般論からすると、CRCのほうが上です。

 

調剤業務というのは単調になりがちですし、何年も務めれば、スキルアップという点でも頭打ちになりがちです。

 

そこでキャリアアップしようという意欲の高い人がCRCへの転職を決意するというのが一般的な流れです。

 

では、治験コーディネーターという仕事はどうなのかといえば、実際に転職した人に話を聴くと、社会的な意義も感じるし、製薬会社や医師、患者とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことに、調剤業務とは違った魅力を感じている人が多いです。

 

その場に応じた臨機応変の対応が求められるので、ルーティン作業のマンネリとは無縁になるというのが、大きいようです。

 

医療業界の様々な人達と接することが出来るので、世界が広くなって面白いという意見もありました。治験コーディネーターに転職して後悔しているという薬剤師さんは聞いたことなく、楽しく仕事に取り組めているようです。

 

薬剤師とCRCの違いは?

 

まとめると収入だけで比較すれば、薬剤師のほうが実入りが良い、でも仕事に対するやりがいや充実度という点ではCRCのほうが上という結論になります。

 

実際、治験コーディネーターとして働いている人に、転職の理由を聞くと、やりがいのある仕事がしたかったからという意見で統一されています。給与をあげている人はいません。

 

逆にいえば、高収入を求めるのであれば、CRCは向いていないということです。そういった人は、薬剤師として、より高い収入が得られる職場をみつけて転職するのがベストです。