アイセイ薬局の薬剤師中途採用事情

 

『アイセイ薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、アイセイ薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、アイセイ薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、アイセイ薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

アイセイ薬局の会社概要

アイセイ薬局は、調剤薬局を全国に展開している会社です。地域に密着した薬局であることを経営理念に掲げていますが、店舗拡大に伴い、全国に拠点が点在する大企業へと成長しています。

 

そのため、人材採用に力を入れており、中途採用でも常に募集がかかっている状態です。即戦力となり得る正社員、空いた時間に勤務出来るパートタイマーなど、募集内容の幅も広く、自分に合った働き方を模索できます。転職先候補として、検討するだけの価値が十分にある会社です。

 

このページでは、アイセイ薬局の中途採用求人の概要や特徴、年収などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

アイセイ薬局の中途採用事情

アイセイ薬局では、中途採用の募集が常に行われています。薬剤師は全国的に人員が不足している職業と言われていますが、アイセイ薬局も例外ではありません。中途採用の求人が見つからないということは、まずないと思っていいです。

 

ただし、自分の希望する勤務地の店舗が、中途採用を募集しているかどうかは別の話です。新卒の応募者と違い、中途採用の場合には、募集をかけている店舗の情報が一覧で公開されています。その中から、希望する店舗を選びエントリーするという流れです。

 

良く言えば、最初から希望の勤務地を伝えることが出来るわけですから、とても便利です。ただ、希望の地域で募集がされていなければ、応募すら出来ないと言うことになります。

 

中途採用情報は、正社員とパートタイマーで別々にまとめられています。地域によって募集要項に多少の違いはありますが、店舗ごとに確認することが出来るので、分かりやすいです。

 

アイセイ薬局は、新卒採用者はもちろんのこと、中途採用に積極的な企業で、個々の知識を深めるための研修も積極的に行われています。実際に中途で入社・活躍している人もたくさんいますし、自分だけ中途採用で肩身が狭いということはなく、その点においては、心配無用です。

 

アイセイ薬局の社員年収について

アイセイ薬局は、全国に店舗を展開しているので、地域による年収差が、どうしても生じてきます。ただし、基本的な待遇や福利厚生は同じです。また、中途で採用された人の年収が上がりにくい・昇進しにくいと言うこともありません。

 

具体的な年収事例をあげると、以下の通りになります。

  • 【薬剤師】中途入社 28歳 400万
  • 【管理薬剤師】3年目 670万
  • 【薬剤師】新卒 2年目 450万

 

年収は、役職や経験・実績・勤続年数が大きく影響します。そのため、20代、30代前半の若手薬剤師だと、基本給は低めになります。ただし、アイセイ薬局では、残業代が全額支給されるようになっており、常に一定量の残業が発生するため、トータルで考えると、年収はそれなりの額になってきます。

 

業績による賞与は年2回、昇給が年1回。交通費支給、退職金・財形貯蓄制度・従業員持株会制度完備など、福利厚生は充実しています。自分の家族への薬代が全額補助される制度もあります。

 

なお、アルバイトの場合は時給制になっており、概ね2000円前後でのスタートとなる店舗がほとんどです。勤務評価が高いスタッフに対しては、時給があがるようになっていますし、正社員として再雇用してもらえるケースもあります。

 

薬剤師の年収

 

アイセイ薬局の人事評価・昇格制度について

アイセイ薬局は、大手薬局チェーンのなかでは珍しく、ガッチリとした人事評価制度が設けられていない企業です。会社側から積極的に社員を評価するというよりも、個人の自主性に任せると言った風潮があります。

 

昇進についても、役職に就くための細かな等級やランクがあるわけではなく、自分から立候補することによって役職に就くといったケースも珍しい話ではありません。やる気・向上心があれば、どんどん仕事を任せてもらえる環境と言えます。

 

言い方を変えると、力不足でも役職に就けてしまうということになります。労働意欲が高ければ、成長のチャンスを早く掴むことが出来ますが、役職者として果たすべき役割をこなすことが出来ないと、周囲からの評価が厳しくなるので、しっかりとした自覚を持ったうえで、立候補することが重要です。

 

賞与については、個人目標を立て、それを基に評価する成果主義的な制度がありましたが、今では廃止され、個人ではなく、店舗の業績を基に金額が決まるようになっています。役職のない社員においては、個人査定はないという状況です。

 

一見、悪いことのように感じるかもしれませんが、査定を行う上司の目を気にすることなく、店舗の業績だけを考えて働けるので、日々の業務において、無駄なストレスを感じる必要がなくなるといったメリットもあります。

 

人事評価・昇格制度

 

ライフ・ワーク・バランスについて

アイセイ薬局がライフ・ワーク・バランスに優れた企業かどうかを、一言で表現するのは難しいです。その理由は、店舗によって労働環境が大きく異なるからです。残業は滅多になく、プライベートの時間を確保出来る店舗もあれば、定時に帰れる日が月に数回しかないという店舗もあります。

 

前者の場合には、シフト制による勤務時間のバラつきはあっても、それほど悪い労働環境ではありません。ただ、後者のような店舗に勤務することになれば、ライフ・ワーク・バランスが期待出来なくなります。勤める店舗によって、自分の労働環境が左右されるというのが、現状です。

 

ワーク・ライフ・バランス

 

女性の働きやすさについて

アイセイ薬局では、女性の昇進が遅いとか、女性だから重要な仕事は任されないということはありません。男女平等で、実際に活躍している女性はたくさんいます。ただし、それだけに女性社員に対するノルマも、男性社員と変わらないものとなります。

 

女性だから早く退社することが出来たり、シフトに融通を利かせてもらえるといったことはありません。力仕事も男性と同じようにこなすことが求められます。そのため、体力的にキツイと感じることが多いですし、自分の時間を持つことが難しいというケースも珍しくありません。

 

実際に、アイセイ薬局を退職した人に理由を聞くと、仕事が忙しく自分の時間が持てない・体がもたなかったという声が多いです。

 

仕事に打ち込んでスキルを高めたいと思っているのであれば、女性が働きにくいと感じる要因はありませんが、プライベートと仕事を両立させたいと思っている人にとっては、やりづらい面があるので、このことは頭に入れておいたほうがいいです。

 

女性の働きやすさ

 

アイセイ薬局の転職に成功するためのポイント

前途のように、アイセイ薬局は店舗によって労働環境が異なります。人出が足りない地方の店舗だと、忙しくなる可能性は高いですし、店舗のスタイルによっても異なります。

 

アイセイ薬局は、門前薬局・面対応薬局・医療モール型薬局、全てを網羅しています。割合としては、門前薬局の店舗がメインとなりますが、配属店舗が希望通りになるとは限りません。つまり、アイセイ薬局への転職を考える時には、会社だけではなく、その配属店舗まで、気を配る必要があるわけです。

 

「アイセイ薬局に転職出来たから成功」ではなく、「アイセイ薬局で希望する労働環境が手に入れることが出来たら成功」ということです。

 

そのためには、店舗ごとの事情を知る必要がありますが、外部の人間が自分で調べることは、まず不可能です。そこで、転職エージェントに相談することをオススメします。仕事の忙しさや、薬剤師として関心を持っている分野、薬局のスタイルなど、具体的な話を聞くことが出来ます。

 

転職エージェントは、企業の面接官ではないので、自分の希望や不安に思っていることをそのまま相談することが出来ますし、客観的な視点からアドバイスをもらえるので、本当に転職すべきかどうか、的確な判断を下すことが出来ます。

 

下記のエージェントであれば、アイセイ薬局への転職支援実績を豊富に持っているので、相談相手として最適です。相談したからと言って、転職しなければならないわけではないので、気軽な気持ちで話を聞いてみてください。

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>

 

※薬剤師の転職支援を行うエージェントは、ほかにも多数存在しますが、そのなかでも最大手となるのが、上記の4社です。これらのエージェントに相談しておけば、まず間違いなしです。