コスモス薬局の薬剤師中途採用事情

『コスモス薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、コスモス薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、コスモス薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、コスモス薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

コスモス薬局の会社概要

山形県内に5店舗を展開する、小規模薬局チェーン、コスモス薬局。山形市・寒河江市・村山市・河北町と円を描くように、店舗が点在しており、眼科や小児科、県立病院などの門前に位置しています。

 

調剤業務がメインになりますが、OTC医薬品の販売や健康相談にも力を入れており、薬剤師は、これらの業務を並行して、実行することになります。

 

このページでは、コスモス薬局から発生している、薬剤師の中途採用求人の傾向、および、薬剤師の年収・給与水準、就労環境について、まとめていますので、参考にしてください。

 

コスモス薬局の薬剤師求人の傾向

コスモス薬局では、正社員・パート職員の薬剤師が募集されています。45歳以下で薬剤師の免許があれば、誰でも応募可能ですが、基本的には、経験者のほうが、優先的に採用されているようです。

 

ただし、これは経験者のほうが有利というだけで、未経験者でも適性などをチェックして、戦力になると認められれば、採用されるので、経験がないという人も、最初から諦めずに、応募してみてください。

 

なお、コスモス薬局は、長期勤続によるキャリア形成を目的として、年齢制限を設けているほど、長く働き続けられる人を求めているので、短期間の勤務を希望する人には、あまり向いていない薬局です。

 

求人情報の入手方法

コスモス薬局の公式サイト内に開設されている採用情報ページに、募集要項が記載されており、そちらから、詳細について、確認することが出来ます。
http://kosumosuy.com/policy6.html

 

このページには、問い合わせフォームも設置されており、何か確認したいことがあれば、ここからメールで質問することが可能です。

 

なお、コスモス薬局では、転職会社経由でも、募集をかけているので、そちらに問い合わせる形でも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらからでも、入手出来る情報に相違はありませんが、転職会社は、様々な企業の求人案件を保有しているので、コスモス薬局以外の求人のことについても、知りたいという時には、一度に教えてもらえるので、便利です。

 

このページの最後に、コスモス薬局の求人を扱っている、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師の給与体制について

コスモス薬局の給与体系ですが、基本給に各種手当、年3回の賞与が支給される形となっています。

 

具体的な手当の内容としては、薬剤師手当(3万円)・通勤手当(上限12600円)・住宅手当などがあります。

 

福利厚生面に関しては、各種社会保険が完備されているほか、退職金制度、確定拠出型年金制度が、用意されています。

 

賞与は、前年度の実績に基づくので、その年により多少の差が生じますが、年に3回に分けて、合計3ヶ月分が支給されるというのが、おおまかな基準となります。

 

これらをトータルした、モデル年収は未経験者で450万円と、山形の薬局としては、それほど悪くありません。

 

経験者に関しては、実績や就労年数によるので、大雑把な数字しか挙げられないのですが、500~750万円ぐらいは見込めるので、やはり悪くないです。

 

なお、パートに関しては、時給2000円~2500円の間で、本人の能力・実績を加味して、決められることになります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の給与額や過去の実績などを考慮したうえで、基本給が算出されますが、実際には、交渉次第で金額が大きく動きます。

 

そのため、コスモス薬局から提示された金額に、不満があれば、自分の希望条件を伝えて、納得出来るまで話し合うことをオススメします。

 

コスモス薬局の給与は悪くないので、おおむね満足出来る数字が提示される可能性が高いのですが、それだけに、不満が残る条件を受け入れるのは、損です。

 

(基本給は賞与にも反映されるため、数万程度の差でも、年収ベースでみれば、数十万円ぐらいの違いになるので、バカになりません。)

 

もし、こういった交渉ごとが苦手ということであれば、前述した転職会社に、交渉の代行を依頼することも出来ます。

 

彼らは転職のプロなので、こういった交渉の代行実績を豊富に有しており、交渉術にも長けているので、状況に合わせて、上手く話を進めてくれます。

 

その結果、好条件で決まるケースが数多くあるので、ここは遠慮せずに、交渉の代行を依頼したほうが賢明です。快く引き受けてくれるので、ぜひ一度、相談することをオススメします。

 

薬剤師の就労環境について

コスモス薬局は、日曜・祝日が固定休となり、プラス、月2回程度の半休が取れるようになっています。

 

勤務時間は、平日8時30分~18時まで、土曜日は店舗により異なりますが、基本8時30分~13時までの勤務となります。

 

土曜日が半日勤務で、プラス、半休が2回ということで、実質的には、祝日を除いて、1ヶ月に6日間の休みがあるという計算になります。(週休2日に満たないものとなります。)

 

また、休暇制度については、有休以外に、夏季休暇・年末年始休暇が用意されていますが、これらを合わせても、コスモス薬局に勤務する薬剤師の年間休日数は、70日前後と、かなり少ないです。

 

そのかわり、残業は殆どなく、1時間程度の残業が、月に1~2回発生する程度なので、休みが少ないわりには、プライベートの時間を確保出来る職場のようです。

 

仕事の内容に関しては、どの店舗も、処方箋調剤がメインとなりますが、それぞれ、応需科目が異なる病院の門前に位置しているので、店舗ごとに、処方箋の内容に、偏りがあります。

 

また、店舗によっては、在宅訪問やOTC販売の比重が高くなります。その代表例が、コスモス薬局 県立河北病院前店です。

 

この店舗では、在宅訪問指導のほかに、病院スタッフとチームを組んで、緩和医療にも取り組んでいます。

 

また、地域住民を対象とした、無料の健康測定会を定期的に開催するなど、周辺地域の健康サポート活動も行っており、担当することになる仕事の幅は、かなり広いものとなります。

 

成長環境について

コスモス薬局では、社内研修会が毎年3~4回のペースで開催されており、具体的な症例をシェアすることで、実践的な知識を身に付ける場として、活用されています。

 

また、定期研修とは別に、社外から講師を招いて、臨時研修会を開催したり、学会・外部研修会へ、積極的に参加していたりするので、この規模の薬局チェーンとしては、学びの機会は豊富です。

 

なお、最近では、様々な事情で外部研修に参加出来ない人のために、e-ラーニングの費用補助制度が導入されたので、コスモス薬局の教育体制は、さらに充実したものとなりました。

 

また、現場での仕事を通じた成長という観点で見ると、コスモス薬局は、地域に密着した薬局なので、調剤業務だけでなく、患者の健康相談からOTCの販売・説明、在宅訪問など、従事する仕事の内容は、非常に広範囲となっており、薬剤師として、様々な経験を積める職場です。

 

やる気さえあれば、幾らでも薬剤師として、自分を成長させることが出来る環境なので、成長意欲が高い人にも、オススメ出来る薬局です。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師という仕事は、男女関係なく、平等な立場で働ける仕事の1つですが、コスモス薬局においても、そこは同じです。

 

女性だからと差別されることはなく、男性と同じ役割を担うことになるので、やり甲斐がありますし、昇進の機会も平等なので、自分が望めば、キャリアアップを目指していくことも可能です。

 

一方、育児支援体制については、産前・産後休暇や育児休暇は、一通り整備されており、問題なく取得出来ますが、時短勤務制度がないので、育休明けから、フルタイムで働くことになります。

 

残業が殆どないので、そこだけ見ると、働きやすいと思えるかもしれませんが、その反面、コスモス薬局は休みが少ないので、小さな子供を抱える女性にとっては、何かと大変なようです。(体力的にも、キツくなることがあるようです。)

 

フルタイムからパートに切り替えることも可能ですが、そうなると、給与が一気に下がるので、なかなか難しく、そう考えると、小さな子供がいる人の場合、別の職場も選択肢として考えたほうがいいでしょう。

 

コスモス薬局の転職先としての価値

ここまで、コスモス薬局の就労環境について、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

給与自体は、山形県内の平均水準を上回っていますし、福利厚生もまずまずなので、待遇的にはオススメですが、そのかわり、休みが極端に少ないというマイナス点があります。

 

残業がゼロといっていいので、就労環境が悪いというわけではないのですが、自分の時間を大切にしたいというタイプの人にとって、ここで働きたいと思えるほどの魅力を感じられるかと言えば、そこはかなり微妙なところです。

 

逆に、収入重視で、休みは少なくてもいいということであれば、なかなか良い職場という結論になる可能性もあるので、このあたりは、どこに価値を置くかという話になってきます。

 

つまり、コスモス薬局の転職先としての評価は、自分自身の価値観次第ということになるので、自分が重視するものを満たしている職場なのかどうか、慎重に検討したうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、コスモス薬局の薬剤師求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うようであれば、相談してみるのもアリです。

 

客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人案件を保有しているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。

 

コスモス薬局以上に、魅力を感じる職場を紹介してもらえる可能性は十分にあるので、興味がある人は、あわせて聞いてみてください。

 

<薬剤師の転職支援を専門とする転職会社>