アピス薬局の薬剤師中途採用事情

『アピス薬局って、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、アピス薬局の就労環境について、まとめています。

 

現在、アピス薬局で働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、アピス薬局の中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

アピス薬局の会社概要

関西・中部・関東において、約70の店舗を展開しているアピス薬局。本社である株式会社アピスファーマシーは、1979年に第1号である保険薬局を設立した後、福祉・介護レンタル事業や介護保険事業に参入するなど、介護関連の事業にも力を入れています。

 

また、プライベートサプリメントの開発・販売事業や、放課後児童デイサービス、高齢者デイサービスの運営事業も手掛けるなど、多角的に事業を展開しています。

 

医薬品関連では、処方箋の調剤だけでなく、OTC医薬品の販売にも、積極的に取り組み、自社ブランド商品や介護関連用品の販売も含めて、顧客が気軽に相談して購入出来るセルフメディケーションへの対応を進めています。

 

このように、薬だけではなく、生活全般からサポートするような取り組みを行っているのが、この会社の特徴です。設立から35年経った今では、地域の住民や近隣病院に通う患者を中心に、信頼出来る『かかりつけ薬局』として、頼りにされています。

 

実際に、アピス薬局に長く通う顧客が多く、『薬について詳しく説明してくれる』、『副作用についての不安を解消してくれる』といったように、丁寧な説明・接客対応に対して、大きな好感が寄せられています。

 

近年では、高齢者をサポートするために、訪問による服薬指導を重点的に行うなど、地域に根ざした活動を強めています。

 

人材採用に関しては、定期的に薬剤師を募集する求人が出ているので、転職のチャンスは豊富です。このページでは、アピス薬局の中途採用求人の傾向、及び、薬剤師の年収・給与水準、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

アピス薬局の薬剤師募集求人の傾向

正職員とパートに分かれる形で、募集がかけられていますが、店舗ごとの採用となり、募集人数や雇用形態については、各店舗で異なります。

 

そのため、応募したい店舗が見つかった時には、求人の詳細について、個々に確認するようにしてください。

 

なお、アピス薬局では、中途採用で、薬剤師を積極的に募集しているのですが、転職会社経由で、人材を募集しているため、会社の公式サイトにアクセスしても、採用に関する記載を見つけることは出来ません。

 

従って、アピス薬局の求人情報を入手するためには、転職会社にコンタクトする必要があります。このページの最後に、アピス薬局の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

※補足
いずれも薬剤師の転職支援を専門的に行っている転職会社なので、様々な企業の求人情報を保有しています。もし、ほかの会社のことについても、知りたいということであれば、ぜひ聞いてみてください。

 

希望勤務エリアにおいて発生している、薬剤師の求人案件を全て教えてもらうといったことも、依頼出来ます。

 

アピス薬局における薬剤師の給与水準について

アピス薬局に勤務する薬剤師の給与水準ですが、正職員は未経験者で年収400万、経験者だと職歴に応じてということになりますが、600万円程度までは見込めるようです。昇給は年1回、賞与は年2回(6月・12月)となっています。

 

パートに関しては、時給1800円~2000円というのが、一つの目安となります。17時以降の勤務となると、時給がアップすることになります。アップ幅は店舗によっても異なりますが、20%アップして、2400円というのが、最も多いパターンです。

 

夕方以降の勤務に支障がなければ、時給が高い時間帯のシフトを希望することで、給料アップを目指すというのも、いい考えです。なお、アピス薬局の場合、逆に、扶養範囲内で働くということも可能です。

 

基本給以外の待遇についてですが、まず、手当に関しては、通勤手当(上限5万円まで)、資格手当、住宅手当、残業手当があります。

 

また、福利厚生に関しては、各種保険が完備されているほか、社内互助会制度、社員割引販売制度、定期健康診断補助制度などが用意されています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職の経歴や年齢をベースに、給与額が決まりますが、ここは交渉次第で変わってくるという要素もあるので、アピス薬局から提示された金額に納得がいかない時には、希望条件を伝えて、交渉するようにしてください。

 

入社後は、そう簡単に給与がアップすることはないので、ここで、妥協してしまうと、後々まで、その金額が付いて回ることになり、後悔することにもなりかねないので、要注意です。

 

もし、この手の条件交渉が苦手ということであれば、先ほど触れた転職会社に代行してもらってください。彼らは、転職のプロなので、交渉に慣れており、話し合いをスムーズに進めてくれます。

 

アピス薬局は、要望について耳を傾けてくれることが多い会社なので、交渉次第では、給与アップに成功する可能性が十分にあります。

 

いずれにしても、交渉ベタな人が、自分で無理に交渉するよりは、転職会社に任せたほうが、条件アップに成功する可能性が高いので、ぜひ一度相談してみてください。

 

薬剤師の就労環境について

薬剤師の就労環境についてですが、店舗により処方する薬の傾向が異なります。(例えば、総合病院の近隣に位置する店舗だと、処方する薬は広範囲になる、個人病院の近隣に位置する店舗だと、内科系や眼科系の処方箋が主であるといった感じです。)

 

また、勤務時間も店舗ごとに異なりますし、処方箋枚数も違ってくるので、そこで、残業の有無についても、差が生じることになります。

 

その反面、休日に関しては、日・祝休みの週休2日制で、各種特別休暇を含めて、年間120日間程度の休みとなり、ここはどの店舗でも同条件となります。

 

もう一つ、注意点としては、大阪・京都・東京といった大都市圏の店舗だと、定期的に薬学生を受けいれて、アピス薬局の店舗業務体験を行なっています。

 

その時には、薬局業務の内容や、在宅医療に関わる薬剤師の仕事、調剤機器のガイダンスなど、学生に教える役割を担うことになると考えてください。(あまり、いないとは思いませんが、こういった仕事は嫌いという人は、大都市圏の店舗は避けておいたほうがいいです。)

 

成長環境について

アピス薬局は、薬剤師を対象とした研修制度が、とても充実している会社です。中途採用者向けには、3年目薬剤師研修・新任薬局研修・管理者研修など、キャリア別に研修プログラムが用意されています。

 

また、それらとは別に、年2回の全体研修、医療用医薬品・OTC・第一医薬品勉強会、社内学術発表会、e-ラーニング、海外研修など、知識・スキルを磨く機会が豊富に用意されています。なお、アピス薬局は、日本薬剤師学術大会への参加を、積極的に推奨している会社でもあります。

 

さらに、アピス薬局は、認定薬剤師の資格取得についても、奨励しており、取得に要する費用を補助してくれるなど、サポート制度が用意されているので、こういった制度を利用して、資格取得を目指すというのもアリです。

 

ちなみに、アピス薬局は前述したように、処方箋対応だけでなく、OTCやサプリメント・スキンケア分野など、自社製品を含めて、様々な商品を販売しています。

 

当然、販売を担当する人間として、これらの商品知識に精通することが必須となってくるので、逆に言えば、様々な分野の製品に関する知識を幅広く習得することが出来る環境と言えます。

 

女性の働きやすさについて

薬剤師というのは、元々、男女が平等の立場で働ける職業ですが、アピス薬局についても、それは変わらず、男性と同じように第一線で働けますし、管理薬剤師を目指すことも可能です。

 

また、産前産後休暇・育児休暇制度、時短勤務制度が用意されているので、小さな子供を持つ女性にとっても、働き続けることが出来る職場です。元々、日曜・祝日が休みなので、家庭とのバランスを保ちながら働ける環境でもあります。

 

アピス薬局の転職としての価値

ここまで、アピス薬局の就労環境について、様々な角度から、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。薬剤師としては、ごく一般的な給与水準となりますが、休日はしっかり取れますし、福利厚生や研修制度も整っているなど、全体的に見て、バランスが取れた会社です。

 

自社ブランドやOTC・介護事業用品も販売するなど、セルフメディケーションに、積極的に取り組んでいる会社なので、こういった分野に興味がある人にとっては、オススメの職場です。

 

ただし、同じような特徴を持つ会社は、ほかにも存在しますし、『絶対に、アピス薬局にすべき!』と断言出来るほど、他社を大きく上回る魅力的な条件があるというわけでもないので、最終的には、他社との比較検討ということになると思います。

 

そういった意味では、様々な求人をチェックしてみるのが先決です。下記に、アピス薬局の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、様々な求人案件を保有しているので、ぜひ、ほかにどんな求人が出ているのか、他社のことについても、聞いてみてください。

 

その過程で、どの会社にすべきか、判断に迷うようであれば、アドバイスを受けるのもアリです。プロの視点で、客観的にアドバイスしてくれるため、とても参考になります。遠慮なく、相談してみてください。