スマイルドラッグの薬剤師求人情報

『スマイルドラッグって、どんな会社?』
『薬剤師の年収は、どれくらい?』
『働きやすい会社なのかな?』

 

転職を考える時には、その会社のことについて、色々なことが気になってくると思いますが、このページでは、そういった方のために、スマイルドラッグの就労環境について、まとめています。

 

現在、スマイルドラッグで働いている薬剤師、もしくは、過去に働いていた経験を持つ薬剤師の生の声をもとにまとめていますので、参考にしてください。

 

また、スマイルドラッグの中途採用求人の動向についても、まとめていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

 

スマイルドラッグの会社概要

東京、埼玉、神奈川、千葉の一都三県において、調剤併設型ドラッグストアを運営している中堅ドラッグストアチェーン、スマイルドラッグ。2003年頃から、京浜エリアのチェーン店を買収・吸収することで、事業を拡大してきている企業です。

 

現在、店舗数は150に達する規模となりましたが、その大半が100㎡未満の都市型店舗です。他のドラッグストアと比較すると、取扱商品数が多いのが特徴であり、スマイルドラッグで働くことで、商品知識の量が増えたという人が多いです。

 

着実に、売上を伸ばしてきている会社ですが、さらなる事業増強を目指して、今後も、年間5店舗のペースで、新規店舗を出店することを表明しています。

 

そういった背景から、薬剤師に対する求人需要が高く、新卒・中途を問わず、常時、薬剤師を募集する求人が出ています。

 

人手不足の店舗だと、業務量が多くなるため、残業が増え大変ですが、中堅チェーンとしては、まずまずの待遇面となっているので、転職先候補として検討するだけの価値が十分にあります。

 

このページでは、スマイルドラッグにおける、薬剤師求人の傾向、及び、年収・給与水準、労働環境などについて、まとめていますので、転職活動の際に参考にしてください。

 

スマイルドラッグの薬剤師募集求人の特徴

全店舗を対象に薬剤師を募集しています。中途であっても、実務経験の有無は問われず、資格さえあれば、誰でも応募可能です。(人手不足のため、応募者の年齢に関しては、あまりこだわりがない会社なので、年齢が高い人でも大丈夫です。)

 

配属先の店舗は、入社後決まることになりますが、基本的に通勤時間内の店舗になるので、引っ越しなどが必要になることはありません。

 

スマイルドラッグの求人情報の入手方法ですが、公式サイト内の採用情報ページに、募集要項が記載してあるので、そちらから確認するようにしてください。また、このページには、連絡先も記載されているので、そちらから応募することも出来ます。
http://www.smiledrug.co.jp/recruit/info03.html

 

また、中途に関しては、スマイルドラッグは、転職会社を通す形でも、人材を募集しているので、転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

スマイルドラッグの公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に変わりはありませんが、転職会社の場合、様々なドラッグストア・調剤薬局の求人案件を扱っているので、自分が希望する勤務エリアにおいて発生している求人を、色々と比較してみたいという時には、便利です。

 

(希望条件を伝えれば、それらの条件を満たす求人のみを選び出して、紹介してくれるので、自分で探す手間が省けて、楽です。)

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

スマイルドラッグにおける薬剤師の給与水準・年収

スマイルドラッグで働く薬剤師の年収額ですが、幾つか具体的な事例を挙げると、下記の通りとなります。(全て賞与込みの金額となります。)

 

  • 一般薬剤師 30歳 年収520万円
  • 一般薬剤師 33歳 年収550万円
  • 管理薬剤師 34歳 年収620万円
  • 管理薬剤師 40歳 年収700万円

 

大手の調剤薬局には負けますが、中堅ドラッグストアチェーンとしては、まずまずの給与水準となっています。給与体系としては、基本給に各種手当、年2回の賞与(およそ4ヶ月分)が支給されるといったものとなります。

 

昇給については、年1回、給与見直しの機会があり、薬剤師の場合、金額としては、それほど大きなものではありませんが、ほぼ確実に上がるようになっています。管理薬剤師になると、『管理薬剤師手当』も支給されるようになります。

 

スマイルドラッグの注意点としては、残業代です。月30時間までは全額支給となりますが、それ以上になると、残業代がつく店舗・つかない店舗に分かれます。(赤字店舗の場合、カットされるようです。)

 

中途採用で入社する時の注意点

中途の場合、これまでの薬剤師としての勤務実績をもとに、給与額が算出されることになります。全くの未経験者の場合、年収500万円前後で落ち着くことになりますが、経験者の場合、実績次第なので、個人差が大きく生じることになります。

 

ただし、ここでのポイントは、交渉次第で数字が変わることが多いということです。

 

  • 自分の実績をPRして、強気に自分の希望年収を伝える人
  • 自分からあまりPRをせず、会社のペースに巻き込まれてしまう人

 

この両者だと、前者のほうが高給与になる傾向があります。仮に実績が一緒であったとしてもです。そもそも、会社としては、少しでも人件費を抑えたいというのが本音なので、会社の言いなりになると、年収は低額にとどまってしまいます。

 

そのため、スマイルドラッグからの提示額に納得がいかない時には、自分の要望を伝えて、とことん話し合うようにしてください。ここで、妥協すると、後々まで後悔することになるので、注意してください。

 

もし、こういった交渉が苦手ということであれば、前述した転職会社に代行を依頼してください。彼らはプロであり、この手の交渉事に慣れているので、うまく会社側と話を詰めてくれます。

 

100%希望通りとまではいかなくても、何らかの上積みを勝ち取るケースが多いので、安心してサポートを受けてみてください。

 

スマイルドラッグにおける薬剤師の就労環境

職場の人間関係は悪くなく、上からの締め付けも、それほど強くはないので、雰囲気としては落ち着いており、けっこうノンビリとしたペースで働くことが出来ます。

 

そういった意味では、スマイルドラッグは働きやすい会社だと思いますが、逆に言えば、手を抜いて仕事をしていても、何も言われないので、サボる人も出てきます。それでも、評価が下がることはないので、真面目に働く人からすれば、不満に感じることもあると思います。

 

ただし、努力して結果を出す人を、評価する傾向はあり、評価が高い人は、昇給のペースが速いので、それなりの見返りは得られます。

 

仕事の忙しさについては、店舗によりけりですが、薬剤師の場合、それほど激務というわけではありません。先ほど、残業30時間という話をしましたが、薬剤師だと、毎月、おおむね、これぐらいの時間で済みます。

 

ただし、一部の店舗に関しては、残業が50~60時間に達することもあるので、スマイルドラッグヘの転職を検討する際には、自分が希望する勤務エリアの店舗の状況について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

(スマイルドラッグに問い合わせても、曖昧な回答になるかもしれないので、転職会社に聞いたほうが、より確実です。)

 

なお、スマイルドラッグは、休暇制度については、文句なしに整っています。週休2日はしっかり確保されているうえ、有給休暇とは別に、半年ごとに10日間の休みがもらえるようになっています。(半年以内に消化しないと、ゼロになります。)

 

時期にもよりますが、1週間程度の連続休暇を取ることも難しくありません。定期的に旅行に行くなど、オンとオフをしっかりと切り替えることが出来る職場なので、そういった意味では、働きやすいと思います。

 

育児支援体制について

スマイルドラッグは、子育てと仕事の両立が図りやすい会社です。産休・育休といった制度が完備されていますし、周囲の気遣いもあります。子供の病気などを理由とする、急なシフト変更にも対応してくれるので、小さな子供を持つ人でも、安心して働くことが出来ます。

 

薬剤師としての成長環境・キャリアパスについて

スマイルドラッグでは、薬剤師のための専門教育や、OTC販売に対応するための接客スキルを学ぶ研修などが用意されているので、こういった機会を利用することで、スキル・知識を高めることが出来ます。

 

OTC医薬品やヘルスケア用品、美容品に関する商品知識を学ぶ機会も豊富に存在するので、OTC販売に興味がある人にとっては、良い環境だと思います。

 

その一方、調剤業務に専念して、スキルを高めたいという人にとっては、研修レベルは、それほど深くはありませんし、業種がら、どうしてもOTCにも対応することになるので、イメージとは違うという部分が出てくるかもしれません。

 

薬剤師としてのキャリアを追求したいと考えている人にとっては、限界を感じることもあると思いますので、将来的に再転職することも視野に入れておくことをオススメします。

 

(ちなみに、OTC専門店に配属されてしまうと、勤務中、ずっとレジ打ちを担当するということになるので、薬剤師としてのスキルアップは望めません。)

 

スマイルドラッグの転職先としての価値

ここまで、スマイルドラッグの就労環境、薬剤師の給与水準について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

 

決して、悪い会社ではないのですが、大手と比較すると、待遇面は劣りますし、薬剤師としての将来性(どれだけ成長出来る環境であるのか)ということを考えると、厳しい部分があります。

 

敢えて単純化していえば

 

“キャリアということには関心がなく、とりあえず、今、働ければいい。それも、出来れば、あまり忙しくなくて、ノンビリ働けるようなところがいい”

 

といった感覚で、仕事を探している人には、向いている会社です。(スマイルドラッグは、シフトの融通が効きますし、休みも多いので、いいと思います。)

 

仕事に何を求めるのかによって、スマイルドラッグとの相性は変わってくるので、自分の価値観と照らしあわせながら、転職を目指すかどうか、最終判断を下すようにしてください。

 

下記に、スマイルドラッグの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、いずれも薬剤師の転職支援を専門とする転職会社であり、薬剤師の転職市場に精通しているので、判断に迷う時には、一度相談してみてください。

 

プロの目線で冷静に分析してくれるので、参考になりますし、スマイルドラッグはあまり向いていないということであれば、別の求人を紹介してもらうといったことも出来ます。転職先を決める過程においては、とても頼りになる存在なので、うまく活用してください。