上福岡総合病院の薬剤師求人情報

 

昭和37年の開院以来、60年にわたり、地域の中核病院として、医療活動を行ってきた、上福岡総合病院。7室21床という規模からスタートした病院ですが、年々、診療科目を増やすとともに、増床を行い、今では、300床以上を有するまでになりました。

 

また、平成に入り、介護老人保健施設や居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションを開設するなど、介護分野にも力を入れており、医療・介護が一体化した総合施設として、地域住民から厚い信頼を得ています。

 

今現在も、医療・介護サービスの拡充に積極的であり、そのため、医師、看護師、薬剤師など、様々な人材を募集しています。

 

このページでは、上福岡総合病院における薬剤師求人の傾向・内容、及び、求人情報の入手方法、薬剤師の年収・就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

上福岡総合病院における薬剤師の募集状況&求人情報の入手方法

上福岡総合病院では、常勤・パートの双方において、薬剤師を募集しています。(パートに関しては、午後に勤務出来る人が、好まれる傾向にあります。)

 

調剤、服薬指導、薬剤管理といった院内業務全般を担当することになりますが、薬剤師の資格があれば、未経験者でも応募可となっています。調剤経験が全くない場合においても、ベテランスタッフからの指導を受けながら、業務に取り組むことが出来るので、安心です。

 

求人情報の入手方法については、病院の公式サイト内に採用情報ページが開設されており、そちらから確認することが出来ます。
http://www.kamifukuoka.or.jp/hp/employment-com.html

 

また、上福岡総合病院は転職会社やハローワークを利用する形で、薬剤師を募集しているので、そちらから求人情報を入手することも出来ます。こちらの場合、別の病院や薬局など、複数の求人を同時に見比べることが出来るのがメリットです。

 

この後、詳しく触れますが、上福岡総合病院は、それほど待遇面が良いわけではないので、別の求人と比較したうえで、転職の判断を下したほうが無難です。そういった意味では、ハローワークや転職会社は、便利な情報源となるので、有効活用することをオススメします。

 

このページの最後に、薬剤師の転職支援を専門とする転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

薬剤師勤務態勢について

上福岡総合病院では、薬剤師は8:45~17:00勤務となり、当直はありません。残業、休日出勤もほぼゼロです。なお、上福岡総合病院は、スタッフのワークライフバランスを重視しており、看護師であっても、残業がゼロに近い状態なので、就労環境はかなり恵まれています。

 

オンとオフの切り替えがしっかり出来るので、プライベートを重視する人や、家庭がある人にとっても、満足して働くことが出来るでしょう。

 

上福岡総合病院に勤務する薬剤師の年収について

薬剤師としての経歴・実績に応じて、初任給が算出されるため、基本給に関しては、個人差が大きなものとなりますが、全くの未経験者で月額22万円、2~3年程度の経験者で、30万円というのが、一つの目安となります。

 

薬剤師の場合、全員一律で25000円の職務手当が支給されるので、この金額を合わせた額が月収ということになります。ここに通勤手当や精勤手当などが付きますが、住宅手当、扶養手当などは『なし』です。

 

賞与については、年2回支給されています。支給額は、その年によっても微妙に異なりますが、おおむね、基本給3ヶ月分とみておけばいいでしょう。

 

福利厚生については、保険・年金以外には、特筆出来るものはありません。保養施設として、軽井沢にリゾートホテルがあり、格安で利用出来るという程度です。

 

総合的に判断すると、給与を含む待遇面は、それほど良いわけでなく、無条件で転職しよう!とは言えないというのが、正直なところです。ふじみ野市内であれば、薬剤師を募集する様々な求人が発生しているので、そういった求人と比較したうえで、最終判断を下すようにしてください。

 

上福岡総合病院の転職先としての価値

こんなふうに書くと、上福岡総合病院が、あまり魅力のない職場のように見えてしまうかもしれませんが、これはあくまでも一面であり、転職先として見た場合、高い価値を感じられる部分があります。それが先ほども触れた、就労環境の良さです。

 

仕事のボリュームに対して、人員体制に余裕があるので、業務に追われることなく働くことが出来ますし、長時間労働とも無縁です。

 

また、こういった職場であるためか、和気あいあいとした雰囲気があり、スタッフ同士の関係性も良好です。ギスギスした雰囲気がないので、人間関係のストレスを感じることなく、働くことが出来ます。

 

そのためか、お世辞にも給与が良いとは言えないなか、勤続年数が10年を超えるようなベテランスタッフが、多数在籍しているなど、スタッフの定着率が良い病院です。

 

そういった意味では、末永く働ける職場ですし、今後は、介護分野における活動が、より活発になってくることは間違いないので、介護業界(医療・介護の連携を含む)に興味がある人にとっても、良い職場だと思います。

 

いずれにしても、自分がどんな職場に働きたいのか、勤務先に求めるものによって、上福岡総合病院の魅力度は変わってくるので、自分の考えと照らし合わせながら、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、薬剤師専門の転職会社をリストアップしておきますが、彼らは転職のプロであり、上福岡総合病院の実情についても把握しているので、判断に迷うようでしたら、意見を求めるのもアリです。客観的な視点に立って、アドバイスしてくれるので、参考になります。

 

同時に、先ほども触れましたが、転職会社は様々な求人を扱っているので、別の求人も紹介してもらって、上福岡総合病院と比較するようにしてみてください。こうすることで、より客観的な目線で、上福岡総合病院の価値を判断することが出来ます。

 

なお、転職会社には、職場に希望する条件を伝えて、それらの条件を満たす求人だけを、探し出してもらうといったことも依頼出来ます。何かと便利な存在なので、うまく活用してください。

 

 


転職を目指す職場が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。